« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

協会の店子に潜む組事務所

【大相撲】協会の土地に暴力団事務所
 日本相撲協会が大阪市西成区に所有する土地の一部が指定暴力団山口組系の組事務所として使用されていたことが26日、分かった。協会によると、平成9年4月から、大阪場所の用具を保管する倉庫がある土地のうち、約8平方メートルの空き地部分を、隣接する企業に「外階段用の敷地」として賃貸していた。
 6月に大阪府警からの連絡で、この企業は事実上、山口組の2次団体で、賃した土地も外階段には使用されておらず、増改築した組事務所の建物が建っていることが判明。協会は企業の実態を知らずに賃貸契約を結んでいたといい、近く土地の明け渡しを求める訴訟を起こすという。
 放駒理事長(元大関魁傑)は「隠していると思われてはいけないので広報した。弁護士を通じて解決する」としている。(以上(MSN産経ニュース,2010.8.26 20:00)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/sports/martialarts/100826/mrt1008262001002-n1.htm

 『日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で臨時理事会と評議員会を開いて、「暴力団等排除宣言」を採択し、放駒理事長(元大関、魁傑)が理事や力士代表の横綱白鵬関らを従えて宣言文を読み上げた。』(以上(MSN産経ニュース,2010.8.30 22:16)より部分引用)http://sankei.jp.msn.com/sports/martialarts/100830/mrt1008302219006-n1.htm
 と言う表向きの意気込みは良いとして、実際は、相撲協会本体が実質的に暴力団組事務所に土地を賃貸している。しかし、大阪場所用の倉庫とは言え、年に一回は使っているのだから、その際に、外階段が事務所に変更されていること位気付くのが普通だろう。まあ、力士自体の管理もできない、相撲協会に倉庫の管理ができるかと言えば、自明の理だろうが、余りにもお粗末としか言いようがない。
 相撲協会は、排除宣言をする前に全ての身辺調査をした方が良いのではないだろうか。(No.2687-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長妻よどうしてくれるこの赤字

年金積立金運用3・5兆赤字、3番目に悪い数字
 公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人は30日、2010年度の第1四半期(4~6月期)の運用実績が、3兆5898億円の赤字になったと発表した。
 四半期でみると、赤字は08年度の第4四半期(1~3月期)以来で、過去3番目に悪い額となった。運用資産額は第1四半期末現在、116兆8027億円となっている。
 同法人は、国内外の株式と債券を中心に運用しているが、ギリシャの財政危機問題などにより、今年5月以降、国内外の株価が大きく下落したことが赤字の主な要因だという。外国株式で2兆2605億円、国内株式では2兆548億円の赤字だった。(以上(2010年8月30日18時42分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100830-OYT1T00960.htm

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の役員・職員を養うために、今年の第1四半期だけで年金保険料に3・5兆円もの運用損を出した。このデフレの世の中、こいつらを養うために、年金保険料の無駄遣いをして良いものだろうか。利息の付かないタンス預金の方がマシだ。
 かつて野党時代には『ミスター年金』とチヤホヤされた長妻大臣だが、大臣になったとたんにトーンがダウンし、今では、生きているのかと心配するほど存在感が無い。超長寿者の年金問題は今発覚したが、GPIFの問題は、長妻が野党時代から発覚していた問題だ。それを先送りしてこのような損失を出した責任は、長妻大臣にもある。そして、このような損失を出すGPIFの役員に下記のような給与(特別手当(賞与相当分)を除く)を支払う意味を長妻は釈明すべきだ。
『理事長:三谷 隆博(日銀)月額1,052,000円、理事:岡部 修(厚労省)月額857,000円、監事:高島 健一(民間)月額726,000円、監事(非常勤):浅野 楢悦(厚労省からの渡り)月額222,000円』(以上、GPIFのHPhttp://www.gpif.go.jp/より引用、括弧内の前職は私の追記)
 長妻大臣は、よくよく考えて、年内にGPIFを解体してこれ以上運用損を出さないようにすべきだ。更に言えば、もし、GPIFが運用する年金保険料を取り崩ししようとすると、株相場に大きな影響を与えるのでできないと言うことも聞いている。それならば、GPIFの持つ債権・株券・有価証券を厚労省に移して手つかずにしておけば、GPIFなど無用の長物になるはずだ。
 年金改革の第一歩は、国民に負担を強いるのではなく、年金保険料に取り憑いた寄生虫を駆除して無駄を無くし、一錢でも多くの年金を国民に支払って貰いたいものだ。(No.2687)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

役柄を適え結婚する女優

ハン・ジへ9月にハワイで挙式 1年半交際、相手は検事
 女優ハン・ジヘ(27)がハワイで9月21日、地方検察庁に所属する6歳年上の検事と挙式する。
 ハン・ジヘは「自分以外の相手のために、そして共に生きていくことのできる人生がまさに結婚だと思います。そして今回、そのように考えることのできるパートナーと巡りあいました。雨が降り風も吹く人生の中で、互いが傘や上着のような存在となり、どんな困難にぶつかっても今握っている手を離さないことを、皆さんの前で約束します。これからも多くの励ましと応援をよろしくお願い致します」と結婚を前にした心境を伝えた。
 熱心なキリスト教徒の2人は、昨年1月に教会の集まりで知り合い、約1年7カ月の間交際を続けてきた。式は両者の親族だけを招待して非公式で行い、ハン・ジヘは結婚後も引き続き芸能活動を行う予定。(以上(朝日新聞2010年8月27日)より引用)
http://www.asahi.com./showbiz/korea/TKY201008260213.html

 ハン・ジヘは、韓国ドラマ『エデンの東』でキム・ジヒョン役を演じた女優だ。その彼女が結婚することになった。
 キム・ジヒョンは、イ・ドンチョル(ソン・スンホン演)の弟イ・ドンウク(ヨン・ジョンフン演)に引かれながらも、運命の渦に巻き込まれ、イ・ドンチョルの敵役の息子シン・ミョンフン(パク・ヘジン演)と結婚する。イ・ドンウクは、勉強して後に検事となる。何だか、ハン・ジヘは、ドラマ内で果たし得なかった結婚を現実のものとして、手にしたようにも感じるが、この記事とエデンの東のストーリーがダブって見える様に思えるのは、勝手な推測だろう。幸せになって欲しい。
 『エデンの東』で思い出したが、BSでは日本語吹き替えだけで、言語がなかった。そのため、2点翻訳で疑問に思う点がある。まず、クク・ヨンナンの名前だが、「ヨンナン」「グレース」「お玉」の3通り使われているが、本当に使い分けているのだろうか。とヨンナンがドンチョルを呼ぶ時に日本語吹き替えでは「おじさん」を使っていた点だ。「おじさん」は「アジュシ」の直訳だろうが、余りに雰囲気をぶち壊す訳のように思う。せめて、「ドンチョルさん」位にして欲しかったと思う。
 ハン・ジヘは、結婚後も芸能活動を続けるとのことなので、これからのなお一層の活躍を期待したい。(No.2686-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指図して仕事した気になる総理

【民主代表選】首相、視察で“指示”連発 単身世帯など支援拡充でアピール躍起
 菅直人首相は29日午後、視察先の兵庫県芦屋市で記者団に対し、高齢者のうち単身または夫婦のみで暮らす世帯への支援を拡充するよう、厚生労働省など関係省庁に指示したことを明らかにした。首相はこれに先立ち姫路市でも保護司制度の充実を法務省に指示している。3日後に控えた民主党代表選告示(9月1日)をにらみ、「首相としての仕事ぶり」をアピールしようと躍起になっている。
 首相は、これまでの介護保険制度が「家族同居世帯」を標準としたサービスが中心だったとして、今後は「高齢単身・夫婦のみ世帯」を支える「新型サービス3本柱」の全国普及を目指すと説明。具体的には、(1)24時間地域巡回・随時訪問サービス(2)高齢者向け住宅(見回りつき高齢者住宅、住み替え支援)(3)認知症支援(徘徊SOSネットワーク、予防・治療・支援の一貫サービス体系、成年後見)-を充実させるよう、関係省庁に指示した。(以上(MSN産経ニュース,2010.8.29 15:20)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100829/plc1008291522005-n1.htm

 菅直人が、何を今更というような内容の指図を連発して、あたかも指導力があるかのような振る舞いを始めた。そのような姑息なことで国民を騙せるとでも思うのであれば、これほど国民を愚弄した行為はあるまい。
 これまで、円高が進もうが株安が進もうが、何もせずにほったらかしにしていた菅直人が何を今更と思わせるだけだ。国会近くのラーメン屋でニラレバ炒めを食っても、単なるパフォーマンスに過ぎないことを知らずに演じているのは、ご本人だけだろう。中小企業を数件回っただけで、景気対策!ふざけるのもいい加減にしろと言いたい。無能者がやっつけ仕事をやっても、何もプラスにはなるまい。ここまで、政策を放置して過ごしてきたのだから、いっそのこと代表選まで、何もしない方が次の代表の足枷にならずに済むのではないだろうか。
 国民から見ると、菅直人の支持率が小沢一郎を大きく上回っているが、これは、単に究極の選択をすれば、菅直人の方が小沢一郎よりはマシだろう位の意味だ。ここで、新しい民主党議員が代表選に名乗りを上げれば、代表になるなれないは別として、菅直人以上の国民の支持を受けるのではないだろうか。(No.2686-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常識も教授がすれば大仕事

飼い主の足音、犬は聞き分ける? 京大グループが実験
 犬は飼い主の足音を聞き分けている――。京都大のグループは様々な種類の犬を使った実験で、この通説を確かめた。犬は飼い主の微妙な癖を覚え、聞き分けているのではないかという。東京で29日開かれた日本動物心理学会で発表した。
 藤田和生教授(比較認知科学)らはチワワやポメラニアン、ミックス(雑種)など様々な犬種の計21頭で実験をした。ドアや窓を閉め切ったマンションの一室に犬だけを入れ、知らない人に部屋の外を2往復してもらい足音を聞かせた後、(1)その人が入ってくる(2)飼い主が入ってくる、逆に飼い主の足音を聞かせ、(3)飼い主が入ってくる(4)知らない人が入ってくる――の4パターンを調べた。
 入ってきた人を犬が見つめる時間を比較した結果、知らない人の足音を聞かせた後、飼い主が入ってきた時(2)は、知らない人が入ってきた時(1)より見つめる時間が平均で約2割長かった。
 犬は期待と反する現象が起きると、驚いてその対象を見つめる。(2)では足音を聞き分け「飼い主ではない」と思ったのに、現れたのは飼い主だったので驚いたとみられる。
 飼い主の足音を聞かせた後は、飼い主でも(3)知らない人でも(4)ほとんど差がなかった。犬は知らない人より飼い主を見つめる方を好むため、(3)はこの効果が、(4)は驚きが、それぞれ作用したと考えられる。藤田さんは「歩き方のリズムや左右のちょっとしたアンバランスなどの癖を知っているのではないか」とみている。(鍛治信太郎)(以上(朝日新聞2010年8月29日12時39分)より引用)
http://www.asahi.com./science/update/0828/OSK201008280056.html

 私は犬を飼った経験のある人ならば、犬が飼い主の足音を聞き分ける能力を持つことは常識だと思っていた。
 以前飼っていた犬は、年に1回聞く車のエンジン音を聞いただけで、私が帰ったことを識別していた。それゆえに、このようなことは常識だと思っていたが、大学教授様がテーマにしなければならない研究テーマになりうるなど夢にも思わなかった。しかし、そのようなレベルの研究をやっていても、大学教授として世界の権威として崇められるから、止められないのだろう。社会の常識を知らない大学教授にとっては、世界初の発見であり、研究結果なのだろう。ここまで、専門バカに徹すれば良いのかも知れないが、ノーベル賞学者を輩出している京都大学の研究成果にしては、余りにお粗末すぎると私は思う。
 国立大学法人の教授先生の研究も、専門バカを集めた有識者会議で判断するだけでなく、社会的な常識から見てどうかという評価も必要だと私は思う。(No.2686)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルバムでキム・ジョンウンもデビューする

ドラマ「私は伝説だ」のキム・ジョンウン、アルバム発表へ
  女優キム・ジョンウンが本物の歌手になる。
  キム・ジョンウンはSBS(ソウル放送)月火曜ドラマ「私は伝説だ」のカムバックマドンナバンドとともにアルバムを発表し、舞台活動を継続する計画だ。
  カムバックマドンナバンドは、キム・ジョンウン(ボーカル・ギター)、チャン・シンヨン(ドラム)、ホン・ジミン(ベース)、ジュニ(ギター)で構成された女性4人組。 4月にキャスティングされた4人はイ・ジェハック音楽監督の指導のもとで楽器と歌を練習し、最近13曲の録音を終えた。
  「私は伝説だ」の制作陣は「カムバックマドンナバンドはドラマ以外の放送舞台でも活動を続けることになった。4人のメンバーの友情が強く、よく呼吸が合っているため、ドラマ放送後にもコンサートなどで活動する計画」と伝えた。(以上(中央日報2010.08.25 17:30:02)より引用)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=132440&servcode=700&sectcode=720

 キム・ジョンウンと言っても、某独裁王朝の後継者のことではなく、韓国の女優の方だ。某独裁王朝では、キム・ジョンウンという名前の人の改名をさせているようだが、韓国にまでは影響していないようだ。
 日本では、『少女時代(ソニョシデ)』の日本デビューがもてはやされているが、女優のキム・ジョンウンのアルバムも楽しみだ。キム・ジョンウンと言えば、代表作『パリの恋人』『恋人』と『プラハの恋人』を含む恋人3部作の内の前者2本に主演している。そして、『パリの恋人』では、劇中歌として『残った愛を捧げます(邦題)』を歌っている。ユーチューブのhttp://www.youtube.com/watch?v=jc0Es4kcyvY&feature=relatedで視聴できる。スローバラード風からアップテンポまで上手く歌いこなしているし、声質も聞きやすいと私は思う。調べるとこの歌にはwaxバージョンもあるが、私はキム・ジョンウンの方が好きだ。
 今回は、ドラマ「私は伝説だ」の中のバンドから飛び出して、アルバム制作に至ったようだ。このアルバムもこれからの楽しみだ。(No.2685-3)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

無料化で弱者いじめの本格化

高速無料化、対象路線を一部見直し…国交相意向
 国土交通省は、高速道路無料化の社会実験について来年度以降、一部で対象路線を見直す方針だ。
 一般道の通行量が減って店舗の売り上げが落ち込んでいることを受け、自治体が見直しを求めているためだ。
 前原国土交通相は「プラスとマイナス、様々な意見が出てきている。自治体と相談しながら、あり方を決めないといけない」と述べ、今後、地元の意見を聞きながら対象路線の見直しを進める考えを示している。
 国交省は、無料化を地域への経済効果のほか、渋滞や環境への影響を調べる社会実験と位置づけている。路線の見直しは、財源が限られる中で年ごとに対象を入れ替え、多くのデータを集める狙いもあるとみられる。(以上(2010年8月28日14時41分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100828-OYT1T00457.htm

 やってみなければ何も予測すらできない無能な前原国土交通相は、高速無料化を来年度以降見直す方針を示した。
 高速無料化の影響は、既に、たった2か月で一般道沿いの店や交通機関に深刻な打撃を与えている。しかし、前原はもう10か月このまま深刻な状況も勘案せずに、無料化実験を続けることをこの方針は示している。土日1000円均一で、瀬戸内海のフェリーに深刻な影響を与えたことも既に忘れているようだ。まるで、来年度まで耐える店や交通機関の耐久試験をやっているようだ。一度廃業した店や交通機関は、例え、高速無料化を止めても元には戻らない。今ならまだ、何とか凌いでいる内に、間違いを修正する気配りが欲しいものだ。2か月間のデータを早急に解析して、問題の大きな無料化路線を元に戻すフットワークが必要だ。それでなくても、無料化路線は、過疎地中心に選ばれている。進んだ過疎は決して元に戻ることはない。
 高速無料化に税金をバラマキ、高速無料化の補償としてまた補助金のバラマキを行っても、愚か以前の問題だ。(No.2685-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政権を私物化してる前総理

党内に「鳩山氏は出しゃばりすぎ」との声も
 民主党代表選をめぐって菅首相と小沢一郎前幹事長の間を仲介した鳩山前首相に対し、党内で期待と不信の双方が広がっている。
 菅―小沢対決の回避に向け、鳩山氏による再調整を望む声の一方、「鳩山氏は出しゃばりすぎだ」といった冷ややかな見方もある。鳩山グループも、党内の「視線」を意識し、鳩山氏の意向通りには「小沢氏支持」を決めきれないでいる。
 ロシア訪問中の鳩山氏は27日、代表選で小沢氏を支持すると表明した理由について、モスクワ市内で記者団に「小沢氏は政権交代を導き、私を首相へと導いた。その恩には恩返しするべきだ」と説明した。
 「国民に政策論争を見せ、その後、党内が結束を固めていけるように(自分の)役割があればと思っている」とも語り、代表選後の挙党態勢構築に一役買う意向も示した。
 だが、党内では「代表選前」の調整を望む声が広がっている。小沢氏出馬が「党分裂につながり、民主党政権が瓦解するのでは」といった懸念につながっているためだ。小沢氏側近の松木謙公国会対策筆頭副委員長は28日のテレビ東京の番組で、小沢氏が離党した場合、「私はついて行く」と言い切った。
 一方、国民の支持を失って6月に首相退陣に追い込まれたばかりの鳩山氏が代表選に関与していることを苦々しく思う議員も多い。
 首相を支持する前原国土交通相グループの26日の会合では、「鳩山氏は『首相支持』を表明しながら、平然と手のひらを返した」などの批判が相次いだ。
 鳩山グループの中山義活前首相補佐官は28日のテレビ朝日番組で、「グループは鳩山氏との人間的なつながりでやってきた。鳩山氏が『頼みます』と言えば(従う)」と述べたが、「鳩山氏の考えは尊重しないといけないが、そうでないこともある」(五十嵐文彦衆院議員)との声もある。(以上(2010年8月28日21時25分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100828-OYT1T00728.htm

 民主党代表選に小沢一郎が出馬表明し、国民不在の政権劇が永田町の裏や表で表面化している。
 その中で、鳩山由紀夫のフィクサー振りが、この混迷に拍車を掛けている。かつて、鳩山由紀夫には、『総理』という持論を展開でき、実現化できる立場にいた。しかし、友愛だか何だか知らないが、何をするでもなく、自分の発言で自分の首を縛って退陣しただけだ。総理を辞めれば過去の人という認識は、「総理経験者が口出しをしない方がよい」という総理時代にほざいていたことで、鳩山由紀夫は持っていると誰もが思っていた。残念ながら、この鳩山由紀夫の発言も、深く考えた発言ではなく、普天間問題同様の言動不一致が反省もなく続いているだけだ。菅支持から小沢支持への「手のひらを返した」行為は、鳩山由紀夫の常套手段だ。菅直人支持派は、沖縄県民が普天間問題で鳩山由紀夫に飲まされた煮え湯を味わえばよいのだ。
 今回の発言で一番の問題発言は、「小沢氏は政権交代を導き、私を首相へと導いた。その恩には恩返しするべきだ」だ。これは、政権を私物化して考えている売国奴の考え方だ。これをそのまま民主党も許して良いのだろうか。自分の後継者は自分が決めると言う『北朝鮮』の政権と瓜二つと言っても過言ではない。金持ちが金持ちに政権を委ねたいという私利私欲の発想だ。
 日本の不幸は、自称宇宙人が被選挙権を持っていることと、民主党に鳩の飼い主がおらす放し飼いになっていることではないだろうか。(No.2685)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治より少女時代の新鮮味

円高、民主代表選押しのける NHKニューストップ「少女時代」のなぜ
  NHKが2010年8月25日夜のニュース番組で、韓国の人気アイドルグループ「少女時代」の来日をトップで報じた。円高や民主党代表選といった話題より、なぜ少女時代を優先したのか。ネットでは、批判や違和感を覚えるといった声があがっている。
「何考えてんだ」厳しいコメントが多数
   午後9時から始まるNHK総合テレビ「ニュースウォッチ9」では、少女時代が初来日し、東京・有明コロシアムで行われたイベントに2万2000人もの観客が詰め掛けたことを取り上げた。歌・踊り・スタイルの3拍子そろった韓国の女性グループが今、日本の若い女性を中心に人気を博し、ペ・ヨンジュンやイ・ビョンホンといったイケメン俳優とは違う新しい韓流ブームが到来したという内容を約5分かけて放送した。民主党代表選や円高のトピックスがその後に続いた。
   これに対し、ツイッターや2ちゃんねるでは、
「どこの民法ワイドショーだよw」
「円高や民主代表選の問題もあるのに、日本の公共放送がトップで韓国アイドルグループの報道とは、NHKは何考えてんだ?」
などといったコメントが多数書き込まれた。少女時代の初来日がそこまで重要なニュースだったのか、宣伝に手を貸しただけではないのか、といった厳しい意見だ。
NHKに抗議電話殺到?
   中には、
「9時半ぐらいまで抗議電話殺到してたみたいだな。電話繋がらないからメール送ったが。さすがに怒ってチャンネル変えた視聴者が多かったらしくNHKニュースとしては珍しい一桁」
というコメントもあった。ネットでは視聴率は9.2%とされている。
   なぜNHKは少女時代をトップに取り上げたのだろうか。同社広報は、J-CASTニュースの取材に対し
「報道する内容や項目の順番等については、編集権にかかわるのですべてお答えできません。その日のケース・バイ・ケースです」
   と回答した。ちなみに前日の24日のトップニュースは、「サルで23人けが 三島市が捕獲作戦」、翌26日は「民主党代表戦 菅氏VS小沢氏」が取り上げられていた。
   少女時代は07年に韓国でデビューした、美脚が評判の9人組だ。イベントには、NHKのほか民放テレビ各局や新聞各紙も取材に訪れ人気ぶりを報道したが、ネット上では、集まったファン2万2000人は日本のファンなのか、美脚は修正ではなく本当なのか、といった憶測まで飛び出している。(以上(J-CASTニュース2010/8/27 20:07)より引用)
http://www.j-cast.com/2010/08/27074472.html?p=all

 25日のNHK「ニュース9」の放送内容で、政治不在の円高や国民不在の数合わせの民主党代表選のニュースを抑えて、トップ記事が「少女時代(ソニョシデ)」だったことが物議を醸している。
 少女時代のショーケースライブは、当日14時、17時、20時の3回だったので、NHKとしては「ニュース9」の放映時間が、民放のニュース番組より早いと判断して、放映したのだろう。しかし、その放映内容は、『美脚』をキーワードにしたスポーツ紙と変わらないオジサン趣味のように感じた。今のNHKには、視聴率ありきで節操など二の次だ。昨年末の紅白でも、美川憲一の歌っている時に、漫才師が『鬼瓦』を連呼していた。良く美川憲一が怒らなかったと思ったシーンだ。それに比べれば、マシな内容だったと思う。
 少女時代が、日本の女性アイドルグループと大きく異なる点は、同性の女性の圧倒的な支持を得ていることだろう。25日のショーケースでも男女比が2:8位の割合だったと聞いている。当然、オジサン趣味は無いから、同性から見ても素晴らしいアイドルグループだと言える。
 『美脚』が本当か、と言うことに対しては、何とも言えない。韓国のアイドル・俳優は、デビュー前に整形を済ましていると言う現実もある。しかし、日本のように「親から貰った身体にメスを入れる」という感覚は、韓国にはない。むしろ、自信を持つために一般人でも積極的に整形手術を受けると言う。日本的な価値観をそのまま韓国アイドルに当てはめても無駄なことだ。それよりも、整形も韓国の価値観の一つと捉えないと産業と同様の日本だけの『ガラパゴス現象』になりかねない。
 同じ報道をするのであれば、表面的なことを報道するよりも、昔のNHKのような物事の本質を突いた報道にして欲しかった。(No.2684-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法相が裁判員に予防線

東京拘置所の刑場公開 千葉法相指示で実現
 法務省は27日、死刑を執行する東京拘置所(東京都葛飾区)の「刑場」を報道機関に公開した。写真と映像を伴うのは初めて。死刑制度の存廃論議や裁判員裁判に影響を与えるとみられるほか、執行する死刑囚の選び方や処遇の実態など、いっそうの情報開示を求める動きも強まりそうだ。
 民主党政権交代後、初の死刑執行があった7月28日、千葉景子法相は自ら執行に立ち会ったことを明らかにした上で、「国民的な議論に資する」と8月中に公開するよう指示していた。
 法務省は従来、「厳粛な場所で一般公開にはなじまない」とし、衆参両院の法務委員会の議員らの視察を除き、刑場立ち入りをほとんど許可していなかった。
 この日、立ち入ることができたのは(1)所持金品の扱いや遺言の有無を確認、宗教的な話をする「教戒室」(2)拘置所長が正式に執行を告知する「前室」(3)死刑囚が立つ踏み板とロープを掛ける滑車がある「執行室」(4)執行室の踏み板を作動させる三つのボタンが並ぶ「ボタン室」(5)検察官や拘置所長らが見守る「立会室」。(以上(2010/08/27 14:29【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010082701000288.html

 千葉景子が守った唯一守った約束として、『刑場』公開は後世に名を残す仕事となったようだ。公開された刑場は、ドラマで時々見るシーンと大きく違っていないようだ。
 しかし、千葉景子の約束の遵守は、これから始まる死刑求刑が考えられる裁判員裁判への予防線のような気が私にはする。と言うのは、刑場公開によって、裁判員が死刑判決を出さないようにするためという恣意を感じる。確かに、一般国民の目からすると人が人を裁いて人の命を奪うと言う『死刑』と言う行為が残虐と映るかも知れない。しかし、犯人は、被害者の命をもっと残酷な、人権を無視した行為によって奪ったことを忘れてはならない。と言っても、私は死刑論者でも何でもない。単に『死刑廃止』だけを議論するだけで良いのだろうかと言う疑問を持っているだけだ。少なくとも、死刑廃止に代わる犯罪の抑止効果のある一生自由の身になれない『無期懲役』と共に議論されるべきだと考えているだけだ。逆に、千葉景子が行ってきた死刑執行書へのサインをしないと言う行為が、死刑確定囚に対して、プラスに働いているのだろうか。毎朝、刑務官の足音に怯える獄中生活を長期にわたって強いることは、とらえ方によっては死刑より残酷かも知れない。
 菅直人のままであろうと、小沢一郎が民主党代表になろうが、千葉景子は民主党代表選が済めばお払い箱だろう。今回の公開は、千葉景子の最後っ屁かも知れない。(No.2684)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご自身の総理時代は棚に上げ

【民主代表選】菅首相の施策には「友愛」が不十分 訪露の鳩山前首相が不満示す
 【モスクワ=遠藤良介】鳩山由紀夫前首相は26日、9月の民主党代表選で小沢一郎前幹事長を支持すると表明したことをめぐり、菅直人首相の政策には自らの唱える「友愛」の理念が十分に反映されていないとの不満を示した。訪問先のモスクワで記者団に語った。
 鳩山氏は、「友愛」の具体的内容として東アジア共同体や国内の地域主権、民間活力の利用を挙げ、菅首相の施策には「あまりこういった議論が含まれていなかった」と話した。
 小沢氏については「友愛の政策がどこまで取り入れられるかは未知数」と指摘する一方、「国民の皆さんの生活が第一と言っている」として「心の政治」に力点が置かれているとの見方を示した。
 鳩山氏は、モスクワ大で交通問題を研究する長男、紀一郎氏(34)が渋滞対策に関する共著を発表するのに合わせて訪露。モスクワ市幹部と紀一郎氏による著書発表の場に同席し、「市民の皆さんの暮らしに有意義な本が誕生したと思ってもらえればうれしい」「日露協力の一つの証になれば」と紀一郎氏を側面支援した。(以上(MSN産経ニュース,2010.8.27 08:10)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100827/stt1008270810010-n1.htm

 言動不一致の権化である鳩山由紀夫が、引っ込んでいれば良いものをしゃしゃり出てきて、国政の停滞を促している。
 『友愛』か何かは知らないが、自分が総理の時に実現しておけば良かったことだ。それが実現できなかったことは、『友愛』という鳩山のマスターベーションが国民に受け入れられなかった証拠ではないか。菅直人が良いとは言えないが、政権途中にして政権を投げ出した奴がとやかく言うことではないだろう。無知無能から絵空事を並べ、それの辻褄が合わなくて辞めたのは何処の何奴だ。支持しているのは、北海道第9区の私利私欲に固まった一部の有権者だけではないだろうか。『鳩山由紀夫』とは過去の政治屋の遺物であり、これからの政治には不要というより存在悪だと言うことすら理解できない、KYだけは、総理在任中から変わらない鳩山由紀夫の筋のようだ。
 鳩山由紀夫のように自分のやったことに反省のない辞職後の総理のためには、その責任を問うために、総理経験者に対して『全財産没収』できるように、『全財産没収』のための国民投票と国民投票を求める署名制度を作って、全財産没収によって総理経験者に「あなたは不要だ」という国民の民意を直接突き付けるのはどうだろうか。
 また、『政治とカネ』と言う過去の遺物が闊歩する民主党には、総選挙もずっと先だし『民意』は蚊帳の外らしいが、『奢れる者久しからず』と言うフレーズが分かる日が来るだろう。(No.2683-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪あがき続く私のしごと館

「無駄遣いの象徴」私のしごと館、落札額 同意なければ非公表
 今年3月に閉館した職業体験施設「私のしごと館」(京都府精華町、木津川市)の土地と建物を一括売却する一般競争入札で、厚生労働省所管の独立行政法人「雇用・能力開発機構」が、落札額の公表は、落札者が同意した場合に限ると決めていることがわかった。しごと館は雇用保険料収入581億円を投じて整備され、「無駄遣いの象徴」と批判されたが、売却額が明らかにされない可能性がある。
 同機構は今月30日まで郵送などで入札してもらい、9月8日に開札する。実施要項では「落札者の法人名、個人名、契約金額は、同意が得られた場合に公表する」と規定している。最低制限価格も公表しないという。
 この規定について、同機構は「独自の公表指針を定めていないため、国有財産を売却する際の財務省通達に準じた」と説明。これに対し、財務省は「購入者の意思を重視するための通達だが、独立行政法人には適用されない」としている。
 厚労省所管の独立行政法人「年金・健康保険福祉施設整理機構」では2005年10月の発足後3か月間は同様の規定を設けていた。しかし、その後、年金保険料などで整備された296の福祉施設の売却について、すべて落札額を公表している。同機構は「公有財産の売却では情報開示が大切と判断した」としている。
 五十嵐敬喜・法政大教授(公共事業論)は「巨額の公的資金が投入され、注目された経緯もあるだけに、売却額を明らかにするのは当然だ。安くしか売れないと見込み、責任追及を逃れようとしたとみられても仕方ない」と話している。(以上(2010年8月26日読売新聞)より引用)
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20100826-OYO1T00410.htm

 雇用保険料の無駄遣いを続けた上に、「私のしごと館」の売却金額も示さないと身勝手な独立行政法人「雇用・能力開発機構」がほざいた。
 雇用保険料の本来の役目は、失業者に失業給付を行うことだ。それが、失業者への失業給付水準・期間を短くしてまで、厚生労働省は独立行政法人「雇用・能力開発機構」を守り続けた。その結果、雇用保険料は、無能な独法と厚労省からの天下りのために垂れ流された。雇用保険料の垂れ流しを止めるために、「私のしとご館」の売却が決まったが、独立行政法人「雇用・能力開発機構」は、自分達の保身のために、売却額を公表しないとほざいている。どれだけ、「私のしごと館」に雇用保険料が注ぎ込まれたかも明らかにしないことは、雇用保険料を支払っている国民に対する冒涜だ。
 細かいことは課長以下、大きなことには手もつけていない無能な長妻大臣は、私のしごと館の売却金額だけではなく、私のしごと館ができてから歴代の館長の氏名、年俸額、退職金額を全て公にし、公務員を除く雇用保険を支払っている労働者に対して謝罪すべきだ。また、独立行政法人「雇用・能力開発機構」を即時解体し、雇用保険料は、失業給付にのみ使えるようにすべきだ。
 そうすれば、雇用保険料を下げることもできるし、セーフティーネットとしての失業給付の給付水準・給付期間をもっと長くして、雇用保険料を支払った者に篤い行政を行うべきだ。(No.2683-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳩山は森をも越えた自縛霊

「小沢氏が国のために命かける決断」…鳩山氏
 民主党の小沢一郎前幹事長と鳩山前首相の会談後の両氏の記者団への発言要旨は次の通り。
 【小沢氏】鳩山前首相と話をしてきた。「代表選出馬の決断をするならば、私としては全面的に協力し、支援していきたい」という話をいただいたので、ただ今鳩山氏の前で、不肖の身であるが、代表選に出馬する決意をした。
 【鳩山氏】(小沢氏に)昨日の菅首相との会談の模様を尋ねられ、概要を申し上げた。「民由合併の時からの同志としての(鳩山氏の)協力が得られるならば出馬をしたい」という意向を述べられた。私の一存で、小沢先生に民主党に入っていただいた。その経緯からして応援することが大義だと思っている。
 (菅首相支持を表明したのは)政権として行動している首相に対して、民主党の一議員として応援するのは当然だという意味で申し上げてきた。(小沢氏の「政治とカネ」の問題は)小沢氏がそれを背負いながら、しかしそれでも、この国のために、行動しなければならない。それを超えて、自分自身の問題がありながら、しかし国のために命をかけたいと決断したということだろう。(以上(2010年8月26日10時29分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100826-OYT1T00258.htm

 これまで、戦後の総理経験者の最低は、森喜朗だと思ってきた。しかし、森喜朗を超える最低の前総理が現れた。
 森喜朗の場合、自称フィクサーというだけで、実際の森以降の自民党の総理は、森の意向で決まった者はいないし、森の意向をまともに取り上げる総理もいない。しかし、鳩山由紀夫は、総理を辞める時点で、次の総選挙には出ないとほざいていた。それが、地元の意向を聞かなかったと称して、段々ぼやかしてきた。また、総理経験者が、その後の政治に口出しをするのは良くないともほざいていた。しかし、これらの鳩山の発言は、その場限りの無責任この上ない話だ。これは、総理在任中から一貫して続いており、このKYが鳩山内閣総辞職に結びついたことを未だに分かっていないようだ。
 さらに、先の参議院選挙における民主党の惨敗は、鳩山由紀夫と小沢一郎の『政治とカネ』の問題に対する民主党並びに鳩山由紀夫、小沢一郎に対する批判が反映されたものだ。その証拠に、菅直人でも、反小沢を掲げただけで内閣支持率が劇的に回復したことが挙げられる。
 鳩山由紀夫と小沢一郎は、旧態依然とした金権政治の権化だ。もし万が一、金の力で小沢一郎が民主党代表になったならば、即時、衆議院を解散して民意を問うべきだ。しかし、もし、衆議院を解散すれば、民主党の議席がどうなるか、分からないのは、鳩山と小沢位ではないだろうか。(No.2683)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一度だけ拝んでみたし生テヨン

アイドル 共有時代
 『2009年に韓国の音楽番組で9週連続1位に輝いたトップアイドルグループ「少女時代」が今月、日本デビューした。19歳から21歳までのメンバー9人は、半年間、日本語を猛特訓してきた。
 7月5日夜、ソウル中心部のスタジオで、少女時代は大ヒット曲「願い事を言ってみて(Genie)」日本語版のレコーディングに臨んでいた。
 「全然違和感ないよ」
 「まだやらせてください」
 日本人スタッフがOKを出しても、メンバーは「日本人の発音と微妙に違う気がする」と、切り上げようとしない。午後4時に始まったレコーディングは翌朝4時まで続いた。
 メンバーのスヨンさん(20)は、「私たちにとって初めての海外デビュー。とても大きな挑戦なので絶対に妥協できない。日本を、アジアを少女時代で染めたい」と意気込む。
 著名な音楽評論家・任珍模(イム・ジンモ)氏(51)は「若い世代は、『日本だから嫌』とは言わなくなってきた。少女時代は、日太を『特別な国』と見なさなくなった若者の典型だ」と語る。
 少女時代が所属する「SMエンターテインメント」には、日韓で活躍する歌手のBoAや、ボーカルグループの東方神起も所属する。同社の金英敏(キム・ヨンミン)代表(40)は「韓国アーティストをアジアナンバーワンにしたい」と言う。
 「韓流」がアジアを席巻した今、それは夢ではない。日本のファンも、夢を後押しする。』(以上(読売新聞大阪版2010.08.26朝刊、6面)より部分引用)

 昨日(8月25日)の少女時代(ソニョシデ)のショーケースライブの記事をあれこれ見たが、上記の読売新聞の記事が、一番、少女時代の核心を突いたものだと思う。
 NHKのニュースでもライブの様子を放映していたが、『美脚』をキーワードにしたおじさん趣味の内容だった。『美脚』だけならば、韓国からわざわざ呼ばなくても、宝塚のラインダンスやシンクロナイズドスイミングで十分ではないだろうか。彼女らの魅力は、外見だけではなく、徹底したプロ意識だと私は感じている。日本のアイドルユニットのちゃらちゃらした歌や踊りには、全く魅力を感じない。恋愛禁止の掟を破った破らないと低レベルでスポーツ紙を賑やかしているものとは、次元が違うと私は思う。
 私が、少女時代を知ったのは、テヨンの歌う韓ドラの挿入歌からで、気に入ったのはその歌唱力だ。それから、CD、DVDも買った。確かに、彼女らの「美貌・スタイルの良さ」という一般的な外見を否定する気はない。しかし、彼女らの根幹は、鍛え上げられた歌唱力でありダンス力だと私は思っている。
 日本でも、少女時代に触発されて、実力派アイドルグループが誕生すれば良いなと感じている。(No.2682-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島を連想させているみずほ

九州新幹線、3月12日に全線開通
 来年春の九州新幹線鹿児島ルートの全線開業日が3月12日の見通しになった。JR関係者が明らかにした。
 開業と同時に始まる新大阪―鹿児島中央間の直通運転には、すでに運行が決まっている「さくら」(所要時間約4時間)に加え、停車駅を絞って最速3時間47分で結ぶ列車を新たに設定する。列車の名称についてJR側は、「みずほ」で最終調整している。
 「みずほ」は、1961~94年まで東京―熊本間などを結んだ寝台特急の名称。「さくら」と同じ最新型「N700系」をベースにした車両を使用。
 九州新幹線では、博多を出ると、熊本以外は停車しない見込み。本数は、新大阪―鹿児島中央間を直通運転する「さくら」(約1時間に1本)より少なくなる見込み。
 国土交通省の調査では、2007年度に関西から鹿児島に行った人の85%が航空機を利用しており、JR側は、対抗策として、4時間を切る列車が不可欠と判断した。
 航空機を使い、大阪市中心部から鹿児島市中心部へ移動する場合を想定すると、大阪(伊丹)―鹿児島の飛行時間は約1時間10分。市街地から空港までの移動時間を加えると、片道約2時間20分は必要。JR関係者は「新幹線の勝機は十分にある」としている。(以上(2010年8月24日03時02分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100824-OYT1T00097.htm

 九州新幹線を走る最速の列車名を「みずほ」にすることで、JR側の検討が進んでいると言う。
 しかし、今「みずほ」と聞いて、昔の寝台特急を思い浮かべる人は、鉄男・鉄子ぐらいだろう。何と言っても、解決策を出さずに鳩山内閣内でごね回した『福島みずほ』を連想する人が圧倒的だと、私は思う。『福島みずほ』と聞いて、良いイメージを持つ人もいるだろうが、先の参議院選挙の社民党比例区の得票率から見ても、投票しよう、支持しようと言う国民は極僅かだ。
 JR九州は、社民党の悪いイメージの象徴である『みずほ』の名称は、整備新幹線の計画にも計上されていないが、将来、福島みずほの地元である宮崎県を通る新幹線の名称に残しておいた方が、新しい新幹線のイメージに良いだろうと私は思う。その頃には、社民党も福島みずほも跡形もなく、日本の政界から消えていることだろう。(No.2682-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住民を思った程は思われぬ

阿久根市長リコール署名8420人、住民投票へ
 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長に対するリコール(解職請求)運動を進める「阿久根市長リコール委員会」は25日、市長解職の賛否を問う住民投票に向けた署名が同日正午現在で8420人分集まったと発表した。
 住民投票に必要な有権者(6月23日現在、2万18人)の3分の1にあたる約6700人を大きく上回り、住民投票実施は確実とみられる。
 17日の署名活動開始から約1週間で、委員会の目標だった8000人を突破。川原慎一委員長(42)は「竹原市長に対する不信任の考えがこの数字に表れた。署名を集める520人の受任者が頑張ってくれ、うれしく思う」と話した。(以上(2010年8月25日15時39分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100825-OYT1T00807.htm

 『住民至上主義』とほざいていた阿久根市長竹原信一に対するリコールの署名が、住民投票に必要な有権者の3分の1を大きく上回ったらしい。
 もし、竹原信一の行った数々の脱法行為と思われる所業に住民が、住民のために仕方なくやった行為だと受け取っていれば、このような、署名数にはならないだろう。例え、市議会がどうこう言おうとも、本当に『住民至上主義』の観点で竹原信一の市政が行われていれば、少なくとも住民の支持を得ているはずだ。しかし、阿久根市民(有権者)は、バランス感覚と常識を持ち合わせたようだ。それと同時に竹原信一の唱える『住民至上主義』は、竹原信一の単なるマスターベーションに過ぎなかったことを物語っている。
 リコール請求後の住民投票、市長選挙と竹原信一を権力の座から引きずり落とすには、引き続き民主主義の手続きを踏まえなければならない。総務省は、竹原信一が教えてくれた地方自治の脆さを補うための、地方自治法の法改正を早急に着手すべきだ。(No.2682)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットとは見方の違うスポーツ紙

少女時代が来日、空港にファン集結
 今月11日にDVD「少女時代到来~来日記念盤~」を発売し、日本上陸を果たした韓国の人気9人組女性グループ、少女時代が23日、羽田空港着の航空機で来日した。
 アジアNO・1のガールズグループとの呼び声高い彼女たちを一目見ようと、空港には大勢のファンが集結。9人は熱烈な歓迎ぶりに驚きながらも笑顔で手を振り、大声援に応えた。
 25日には東京・有明コロシアムでショーケースライブを開催。美脚をシンクロさせたダンスで人気を集める少女時代の華麗なステージが、ついにベールを脱ぐ。9月8日には日本デビューシングル「GENIE」を発売する。(以上(SANSPO.COM2010.8.24 05:01)より引用)
http://www.sanspo.com/geino/news/100824/gnj1008240503003-n1.htm

 本日(25日)にお台場のショーケースライブで、少女時代(ソニョシデ)が日本デビューを果たす。
 上記の新聞記事は、少女時代の来日時のものだが、スポーツ紙なので、少し見方が違っているように感じる。特に、少女時代を「美脚をシンクロさせたダンス」と称している部分が、オヤジ趣味のような違和感を感じる。
 今回のショーケースで、外見だけの少女時代の記事から、少女時代の本質を突いた新聞記事に変わることを期待している。(No.2681-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

技術力無くて逆行するマツダ

マツダ、国内商用車種を2減
 マツダは23日、商用車のボンゴブローニイバンとタイタンダッシュの生産を7月に終えたことを明らかにした。排ガス関連の規制強化に対応するコストなどを考慮したためで、国内向け商用車は8車種から6車種に減った。このうち、他社への生産委託を含めた自社開発の車はボンゴシリーズの2車種となった。
 本社宇品工場(広島市南区)で生産していたボンゴブローニイバンは排気量2000ccで、ボンゴバンより大型の車種。1983年に発売した。国の規制強化で、排ガス発散防止装置の異常を検知するシステムの装備が今年9月から義務付けとなることや、ディーゼル車の排ガス規制などに対応するためのコストを考慮したという。
 2000年発売の小型トラックのタイタンダッシュは、プレス工業尾道工場(尾道市)に生産委託していたが7月に生産を終えた。同様に規制強化を考慮した。
 国内向けの自社開発の商用車は、本社宇品工場で生産するボンゴバンと、プレス工業に生産委託しているボンゴトラックの2車種だけとなる。両車種は今月の一部改良で、ディーゼル車を廃止してガソリン車だけにした。(以上(中国新聞'10/8/24)より引用)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201008240239.html

 自動車業界の動きとして、エコという方向性は共通だが、HV車やEV車という脱ガソリンエンジンの方向と欧州で主流となっているディーゼル化があると思う。
 ディーゼル化は、元々持っている特長の高燃費、低二酸化炭素に加えて、短所であった黒煙、窒素酸化物の排出も、技術の進化によって解決済みで、ベンツの高級車にも搭載されており、機動性能もガソリン車と差の無いものに仕上がっている。しかし、技術力が枯渇しているマツダでは、ディーゼルエンジンの短所をクリアできずに、撤退の方向らしい。良く言えばオリジナリティーがあるとも言えるが、世の趨勢に逆行していると表現した方が、現実的だと思う。ディーゼル車の「(製造)コストを考慮」した結果とマツダは言っているが、商用車のディーゼル車を廃止してガソリン車だけにしたと言う事実からも、コスト的にペイさせるだけの技術力が無いと評価した方が良いだろう。
 このような、半分以上死に体になったマツダでも、広島県、広島市は地元企業の援助と称して、不景気で売れなくなったマツダに血税を垂れ流す。広島県、広島市もマツダの城下町である安芸郡府中町のように、マツダがどのようになろうとも血税を一銭も出さずに様子を見ることを見習うべきだと私は思う。また、マツダに血税を垂れ流す位なら、その税金を広島の新しい産業の育成のために使うべきだろう。広島でもEV車を独自に開発している会社がある。そのような会社に助成を行い、マツダには、世の中に『マツダ』の名前が出ない車体の下請けメーカとして、生き残る道を残しておけば良いのではないか。
 いくら血税を垂れ流しても、世の中の趨勢が読めないKY経営者が鎮座している会社には、馬の耳に念仏、マツダに技術というものだろう。(No.2681-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄に見せぬ政府の誠実さ

Img4okinawa 飛行経路の説明誤り 辺野古・普天間代替施設案
 【米ワシントン23日=与那嶺路代本紙特派員】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設手法の詳細を決める日米協議で、米政府が、軍用機の飛行経路(有視界飛行)に関する日本政府の従来説明が間違っているとし、大幅に広げるよう要求していることが分かった。日本政府はこれまで沖縄に対し、集落から極力遠ざけた飛行経路を提示してきたが、米側は海兵隊の運用の実態と懸け離れていると主張。経路が広がることにより、北東部の名護市安部地区などで騒音被害を受ける対象地域が拡大する。地元が反発するのは必至だ。
 17日から19日までワシントンで開かれた実務者、専門家協議で、日米の相違が露呈し、大きな対立点となった。日本政府は米側の主張は認められないと反論している。専門家協議の報告書が今月末に発表されるが、それまでに折り合いを付けるのは不可能な状況だ。報告書では飛行経路に言及しないか、簡略化した地図で対応する方向。
 日本政府は2006年の日米合意以降、米軍機の飛行経路を、周辺住宅地に極力近づかないような「台形」にとどめると沖縄側に説明してきた。だが米側は「航空機が台形に飛べるはずがない。標準的な楕円(だえん)形の経路で飛ぶ。沖縄に正直に説明すべきだ」と、“是正”を要求した。
 専門家協議で代替施設の詳細を詰める過程で、飛行経路の認識に根本的な食い違いが発覚し、大きな問題へ発展した。
 天候不順の際に行う計器飛行についても、I字滑走路の場合、安部地区北西の「カヌチャリゾート」の上空を飛ばない経路を図示する日本側に対し、米側は運用上、ホテルや周辺地域の上空飛行は避けられないと説明。ここでも議論が紛糾した。
 来週に発表される報告書は、代替施設の滑走路について、06年に日米で合意したV字案と、民主党政権が提案したI字案を併記し、2案の長短の比較にとどめる予定。(以上(琉球新聞2010年8月24日)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-166722-storytopic-53.html

 日本国政府(民主党)は、沖縄県に対して『誠意』持って話し合うと言う気持ちの欠片でもあるのだろうか。
 ワシントンで開かれた実務者、専門家協議で、政府がこれまで、名護市に説明してきた辺野古移転案で実際の飛行コース等でたらめな説明を繰り返していたことが、明らかになった。地元住民を騙してでも、早急に普天間基地を辺野古に移そうという魂胆が見え見えだ。事前の説明と実際の飛行コースが違っていても、辺野古に基地を作ってしまえば、住民に残された道は、裁判しかない。その裁判もちんたらしていれば、総責任者である総理も代わるし、しばらく時間稼ぎができて、アメリカに対して顔向けができる位の感覚しかないように感じる。また、来週に発表される予定の報告書には、アメリカが現実的ではないと主張しているI字滑走路案も嘘の説明を付けて盛り込む気らしい。これほど、沖縄県民を愚弄することを平気で行う民主党政権には、政権から退場して欲しい。
 どちらを取っても、アメリカの発表した内容は住民にとって許せない内容だが、真実を明かすアメリカ政府の方が日本政府よりも沖縄に対して誠意的だと私は感じる。アメリカ政府も信用できない日本政府のいい加減な態度に、堪忍袋の緒が切れたのかもしれない。(No.2681)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本ではダントツなのがユナ人気

日本で少女時代メンバー人気順位は?
  日本ファンに一番人気が多い少女時代メンバーはユナという調査結果が出た。
  18日、インターネットコミュニティサイト掲示板には「日本での少女時代メンバー人気ランキング」という投稿があった。
  ユナが5819票を得て 34.9%の支持率で1位。2位は 2627票を獲得したユリ、3位はティファニーで2462票。テヨン、ジェシカ、ソヒョン、サニー、スヨン、ヒョヨンの順にファンの支持を得た。
  アンケートの調査を分析した結果、ファンの中で女性は39.7%男性は60.3%で男性ファンのほうが多かった。20~24歳のファンが約50%を占めていた。アンケート結果を見たファンは「私の目には皆かわいい」「人気ランキングが韓国と似ているようだ」などの書き込みを残した。
  少女時代は25日、東京お台場有明コロシアムでショーケースを行い「願いを言ってみて」の日本語バージョン「ジニー (GEINE)」で本格的な日本活動を始める。(以上(中央日報2010.08.20 10:26:34)より引用)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=132275&servcode=700&sectcode=700

 明日(8月25日)にお台場のショーケースで、本格日本デビューを果たす予定の少女時代(ソニョシデ)の人気ランキングが明らかになった。
 その結果は、放映済み、放映中韓ドラ『9回裏2アウト』『君は僕の運命』『シンデレラマン』に出演しているユナがダントツの一番になった。何よりもドラマという媒体で、顔馴染みであることが効いているのだろう。歌手デビューと共に女優としてのデビューを果たしたユナには、この先、二足のわらじを上手く履きこなして欲しいものだと思う。
 ただ、ネットで見る限り、調査によって異なるらしいが、韓国での人気ナンバー1は、ユナかテヨンらしい。
 ユナに比べるとテヨンの活動は地味に見えるかも知れないが、韓ドラの『ベートーベンウイルス』の挿入歌『聞こえますか』、『快刀・ホンギルドン』の挿入歌『もしも』とスローバラードをこなせるだけの歌唱力を持っていると私は確信する。韓国のミュージカル出演を途中降板して、日本デビューするらしい。個人的には、日本デビュー後、テヨンの人気も上昇するように思っている。
 少女時代は、いつも9人で活動するのではなく、SMAPのように個々の個性を伸ばしながら、グループ活動をする形態のようだ。その方が、才能を伸ばしながら息の長いグループ活動ができるように感じる。(No.2680-3)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

景気より無能総理の数合わせ

新人と2日目の懇談会=民主代表選向け-菅首相
 菅直人首相は24日午前、衆院議員会館の自室で民主党の新人議員と2日目の意見交換会を行う。25日まで地域別のグループごとに1日2回開催する予定で、9月の党代表選での再選に向け、新人議員の支持拡大につなげたい考えだ。
 23日の会合では、午前と午後合わせて新人議員約40人が出席。首相は衆院解散の時期について、3年後の衆参同日選の可能性に言及し、代表に再選された場合の閣僚・党役員人事については「みんなが前向きにやっていける態勢を築かないといけない」と語った。24日も基本的に同様の見解を示すとみられる。
 一方、旧民社党系グループは24日昼に衆院議員会館で会合を開き、代表選の対応を協議する。(以上(時事ドットコム2010/08/24-06:04)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2010082400043

 為替相場の円高が進み、輸出企業がアップアップしている状況下で、菅直人は国政よりも、次期代表選のための数合わせが重要と考えているようだ。
 菅直人は、参議院選挙後、反小沢で内閣支持率を劇的に持ち直した。それゆえに、小沢と手を結ぶわけにはいかないだろうが、小沢から会見を拒否されているので、どちらの立場が上か、肩書きよりも実力で決まっているようだ。このような閉塞感の漂う中で、挙党一致体制が構築できず、新人議員の踏み絵をやっているのが党代表ならば、これほど情けない状況はない。
 現職総理が、まともに仕事をして、国民からの支持があれば、次期代表選など物の数でもないはずだ。それなのに、政治より数合わせをしなければならない菅直人は、民主党内からも支持が得られないのならば、潔く総理を辞職すべきだ。短期政権が、4人から5人になったところで、世界の評価は、『又か』位で済むはずだ。(No.2680-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自爆して人に迷惑掛けず済む

高校生2人死亡、4人重軽傷
 23日午前2時15分ごろ、福山市赤坂町赤坂の県道で、同市内の高校生男子(17)が運転する軽乗用車が横転し、フェンスなどに衝突、大破した。15~17歳の少年2人少女3人の計5人が同乗しており、うち後部座席のいずれも高校1年、同市神村町の三浦慎平さん(16)と同市幕山台6丁目の今川奈美さん(15)が死亡、4人が重軽傷を負った。
 福山西署の調べでは、軽乗用車は現場を西進中、運転を誤って車道左側の縁石に接触。標識の柱にぶつかり横転した後、フェンスに衝突したとみている。乗車定員は4人だが、同署によると、前に2人、後部座席に4人が乗っていたという。車は市内の知人女性から借りていた。
 現場はJR備後赤坂駅の北約60メートルで片側1車線の直線。約3時間半にわたって上下線とも通行止めになった。
 同署は、車を運転し現在は病院で治療中の高校生男子を、自動車運転過失致死傷と道交法違反(無免許運転)の疑いがあるとみて調べる。(以上(中国新聞'10/8/23)より引用)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201008230124.html

 若気の至りか、馬鹿げの至りか知らないが、無免許の馬鹿者が、直線道路で自爆し、載せていた馬鹿者の仲間が死んだ。
 しかし、物損という迷惑を掛けたが、歩行者等に迷惑を掛けずに自爆したことは幸いだったと思うべきだろう。若気の至りだろうが、馬鹿げの至りだろうが、もし轢かれた人がいればどのような理由をいくら並べても、飛んだとばっちり以外の何物でもない。そう言う意味で、自爆で良かったと私は思う。
 「死んだら仏」という都合の良い言葉が日本にはあるが、同乗して死んだ二人も生きていれば、単なる犯罪のほう助者に過ぎない。名前が「さん付け」で出たことを日本で生まれたことが良かったと親も思うべきだ。そう言う結果を生む育て方をしたのだから。(No.2690)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職員もKKRに泊まらない

共済経営のKKRホテル、国が赤字補填177億
 財務省所管の「国家公務員共済組合連合会」(本部・東京都千代田区)が、各地で経営する「KKRホテル」の赤字補填(ほてん)のため、公費である国の拠出金を充てていることが、同省の資料で分かった。
 2000年度から09年度の10年間では毎年15億~21億円程度を補填し、計177億円に上る。共済ホテルを巡っては、総務省所管の「地方公務員共済組合」が赤字ホテルに対し、04年度から5年間で自治体の拠出金193億円を充てていたことが明らかになっており、国家公務員の共済組合でも同じ構図が浮き彫りになった。
 財務省の資料などによると、補填は同連合会が共済年金を主な原資にホテルを建て始めた1958年度から続き、総額で442億円に上る。2009年度は赤字の24施設に15億円を補填した。同省は具体的なホテル名を明らかにしていない。
 補填は、主に人間ドック受診費など、組合員の健康増進関連の経費からの繰り入れ名目で行われてきた。この経費は国の拠出金と組合員の積立金とで折半している。
 KKRホテルは東京、京都、大阪など29都道府県に43施設を数える。1960年代には約80施設あったが、2年連続営業収支がマイナスで、3年目も改善の見通しが立たない施設は閉鎖してきた。
 ただ、営業収支が黒字でも、建設費などの減価償却で経常収支が赤字の場合は補填の対象とし、営業を続けてきた。
 補填について、財務省給与共済課は「赤字のホテルへの公費投入は当初から経営の前提条件。組合員はホテルに割引料金で宿泊できるので、公務員の福祉には必要。問題ない」と話す。
 地方公務員共済組合による赤字ホテルへの公費補填では、原口総務相が7月23日の記者会見で「独立採算による運営が原則」と述べ、見直す姿勢を示した。
 財務省の方針に、総務省の担当者は「他省のことなのでコメントできない」としているが、土居丈朗慶応大教授(財政学)は「公的組織が運営するホテルへの公費投入は、形を変えた公務員給与。国や地方からの資金提供を絶ち、独立採算に改めるべきだ」と指摘している。
 ◆国家公務員共済組合連合会=国家公務員を組合員に、年金運用や福利厚生業務を行う共済組織。警察庁所管の警察共済組合を除く1府11省や裁判所など、計20の共済組合で構成する。組合員は現在約105万人。(以上(2010年8月23日03時03分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100823-OYT1T00013.htm

 KKRホテルの損失補てんをマニュアル通りにやって血税を垂れ流している財務省給与共済課の職員で、KKRホテルに泊まったことのある奴はいるのだろうか。
 十数年前に、金沢市のKKRホテルに宿泊したことがある。真夏だというのに、エアコンは夜十時には止まると言う、宿泊客のことを全く考えていない木賃宿だった。職員になぜエアコンを止めるのかと聞けば、「それは規則ですから」との返答だった。その職員は、それに続けて『私なら、こんな所には絶対に泊まりません』と付け加えた。そもそも、その木賃宿で働いている職員が、堂々と自分は泊まらないと胸を張って言える木賃宿にお客が泊まるなどと考えている方がおかしいし、その赤字補てんに血税を垂れ流すなど言語道断だ。
 少なくとも、働いている職員が、自分でも泊まりたいと言うホテルでない限り、黒字になるなど絶対に無理だ。今すぐ、総務省、財務省は、KKRホテルの実態調査を行い、実際に調査に行った職員が宿泊し、自腹を切って泊まっても良いホテルかどうか、身を以て調査すべきだ。(No.2689-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に人材いない民主党

小沢氏へ出馬要請、26日にも=民主代表選で山岡氏
 民主党の山岡賢次副代表は22日午前、フジテレビの番組に出演し、9月の党代表選に関し「もし小沢先生(一郎前幹事長)が出るべきだという声が大勢となれば、26日ないし27日に(出馬を)申し入れる」と述べた。25日に開く自身主宰の勉強会で、出馬要請の是非について意見集約を図る。
 山岡氏は、小沢氏が自身主宰の政治塾で25日に講義することに触れ「(対応について)かなりの考えを述べるのではないか」との見方を示した。
 山岡氏はまた、再選を目指しての出馬を明言している菅直人首相について「(参院選で)少なくとも国民からノーの結果が出た」と指摘。続投は望ましくないとの考えを強調した。
 これに対し、首相再選を支持する小宮山洋子党財務委員長は、「クリーンな民主党を取り戻したいと言って鳩山由紀夫前首相が小沢氏と(一緒に)辞めてから、まだ3カ月たたない」と述べ、党内の「小沢待望論」をけん制した。
 一方、鳩山氏を中心とするグループの中山義活前首相補佐官は、「わたしたちは条件を付けて菅氏を応援すると言った。鳩山系は白紙だ」と述べた。(以上(時事ドットコム2010/08/22-15:29)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010082200047

 国民不在の権力闘争を続けている民主党だが、『政治とカネ』の権化の小沢一郎を出さなければならない程人材が、枯渇しているのだろうか。
 自民党政権時代には、不祥事を起こした自民党議員が辞職して、次の選挙を『禊ぎ』と称して、当選すれば免罪符という奇妙な習慣に開いた口がふさがらなかった。しかし、それ以下の政党が民主党だ。議員辞職をして禊ぎをすることさえせずに、議員辞職は議員自身の問題として、党を挙げて議員生命を死守してきた。その結果、出てきたのが『後藤英友』だ。出納責任者の選挙法違反が裁判で決定されながらも、その選挙法違反が軽微だとほざいて、当選有効確認訴訟などを起こして悪あがきをしている。民主党には、往生際の悪い下っ端議員が多い。しかし、党幹部自体が同じ事をやっているのだから、下っ端が真似るのも仕方あるまい。
 まず、鳩山由紀夫だが、総理を辞める時には、「次期総選挙には出馬しない」とほざいていたが、今では、森喜朗も真っ青のフィクサー気取りだ。また、軽井沢の鳩山邸に集まった120名余りの無能民主党議員は、参議院選挙後、『反小沢』を菅直人が打ち出しただけで、内閣支持率が劇的に回復した。国民の大半は、小沢の復帰など望んでいない。それすら、分からないKY集団だろう。
 それにしても、自民党政権時代には、総理の支持率が落ちても、後継者がいないと思われていても、いざ、総裁選挙となれば、それなりの者が出てきていた。民主党には、それすらもない。人材欠乏症と言っても過言ではない。(No.2689)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書館のホームページは飾り物

図書館長「了解求めないアクセスが問題」 HP閲覧不能
 愛知県岡崎市立図書館にサイバー攻撃をしかけたとして図書館が被害届を出し、男性(39)が逮捕され、不起訴になった問題で、大羽良・同館長は21日、同市役所で報道陣に対し、「(男性の自作プログラムに)違法性がないことは知っていたが、図書館に了解を求めることなく、繰り返しアクセスしたことが問題だ」と説明した。
 男性は自作プログラムで図書館のホームページから蔵書の新着情報を収集。朝日新聞の取材で、図書館のソフトは蔵書データを呼び出す電算処理を継続したままにする仕組みで、アクセスの集中でホームページが閲覧できなくなり、サイバー攻撃を受けたように見える不具合があったことがわかった。
 ホームページが閲覧できなくなったことについて、大羽館長は「図書館側のソフトに不具合はなく、図書館側に責任はない」との認識を示した。(以上(朝日新聞2010年8月22日0時5分)より引用)
http://www.asahi.com./national/update/0821/NGY201008210009.html

 お粗末な知識で、お粗末な会社にソフト開発を丸投げした、お粗末というよりも常識のない図書館長が、とんでもない持論を展開し始めた。
 そもそもの問題は、ホームページ(HP)とは何かも知らないお粗末な脳みそでありながら、図書館長に収まっている大羽良であり、そのような無能な奴に図書館長をやらせている岡崎市が問題だと考える。また、丸投げされて『10分間にアクセスが約1千件』を越えると使えない適当なソフトを作った、三菱電機インフォメーションシステムズ(MDIS)社も問題だろう(http://www.asahi.com/digital/internet/NGY201008200021.htmlより引用)。HPは、単なるその図書館の飾りではなく、不特定多数の人間がアクセスする実用的なものであることは当然のことだ。
 しかし、HPにアクセスするために、『事前にHPに接続了解を得なければならない』と言うとんでもない考え方をしている大羽良が、図書館長に鎮座していること、その馬鹿げた持論を市役所でほざいたこと、「違法性がない」と認識しながらサイバー攻撃として被害届を出したこと、どれ一つ取っても図書館長としての適正から外れている。
 しかし、公務員である大羽良を上記の問題ぐらいで、首にはできないだろう。だが、岡崎市はこれ以上、岡崎市の恥部を曝け出さないように、大羽良の配置転換を考えるべきだろう。(No.2688-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

核兵器持った国にも支援する

原子力協定に「核軍縮」明記を=岡田外相、日印戦略対話で要請
 【ニューデリー時事】岡田克也外相は21日、インドの首都ニューデリーでクリシュナ外相との日印戦略対話を行った。両氏は6月に開始した両国の原子力協定の締結交渉を加速させることを確認。ただ、岡田氏は国内の慎重意見を踏まえ、協定の中に核軍縮に向けたインドの考え方を盛り込むよう要請した。
 岡田氏は会談でクリシュナ外相に対し、唯一の被爆国である日本では核拡散防止条約(NPT)非加盟のインドへの協力に慎重な世論があると説明。インドが再び核実験を実施した場合には協力を停止する考えを伝えるとともに、協定への「核軍縮」明記に理解を求めた。
 これに対しクリシュナ氏は「交渉は難しいかもしれないが、良い協定ができるよう努力する」と応じた。
 経済連携協定(EPA)をめぐっては、年内のシン首相訪日までに交渉妥結を目指すことで一致。岡田氏は経済協力拡大のための閣僚級協議の創設を打診した。同氏は会談後の記者会見で、交渉は比較的順調だとしつつ、「最終的には政治的決断を求められることもある」と述べ、両国間で妥協を図る可能性も示唆した。 
 外相戦略対話は2007年から毎年行われ、今回が4回目。これに先立ち、岡田氏はシン首相を表敬訪問し、インド政府に核不拡散への取り組みを強化するよう要請。シン首相は核実験モラトリアム(凍結)を継続する考えを示した。(以上(時事ドットコム2010/08/22-00:31)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010082200003

 岡田外相が、しゃしゃり出て原発の販売のためにインドに出向いて、原子力協定の締結交渉を行った。
 確かに、原発を製造する会社にとっては、インドという市場は美味しいものだろう。しかし、インドに原発を売ると言うことは、インドが核兵器を持つと言う事実をなし崩し的に認めるものだ。いくら文書に「核軍縮」を記載したとしても、何の効力も持たない単なる記載に過ぎない。岡田は、インドが核実験を実施した場合、協力を停止するとほざいているが、もし、原子力協定を調印し原発建設中に、インドが核実験を行った場合、原発メーカの買掛金は政府が補償する気なのだろうか。また、経済連携協定も、核兵器を保有するだけの国力のあるインドに、経済支援をする必要があるのだろうか。
 核拡散を実施している国(インド、パキスタン、北朝鮮、イスラエル)に何かしらの支援を行うことは、それらの国の核保有を認知する行為に等しい。世界唯一の被爆国として、例え国益を損ねようとも「武士は食わねど高楊枝」であるべきだ。わざわざ、インドなどを支援しなくても、世界にはもっと支援を待っている国があるのではないか。(No.2688)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電力で命を買っている暮らし

猛暑で最大電力を更新 四国4県、冷房需要増
 四国電力は21日、四国4県で20日に消費された総電力量が1億1418万5000キロワット時に達し、1日当たりの電力量で過去最大になったと発表した。これまでの最大は平成20年8月5日の1億1405万3000キロワット時。猛暑で冷房需要が増加したことが原因とみられる。
 四国電力によると、20日は松山市の最高気温が36・0度に達し、高松、徳島、高知の各市でも34度台を記録した。(以上(MSN産経ニュース,2010.8.21 14:32)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/science/science/100821/scn1008211433000-n1.htm

 例年の夏であれば、電力消費を抑えるために電力会社から省エネのCMが流れる。
 しかし、今年の夏は別のようだ。地球温暖化の影響なのか、亜熱帯ジェットの蛇行による一時的な猛暑か分からないが、電力会社も省エネのCMを流した影響で、エアコンを止めて熱中症に罹ったなどと言われないようにしているのだろう。電力の供給側も大変だろうが、消費する側も電気代を支払って命を買っている状態だ。
 この猛暑が、一時的なものなのか、毎年繰り返されるものなのか、気象庁から何もコメントが出ていない。世界一のスーパーコンピュータが無いから、何も将来予測ができないとでも気象庁は言いたげだ。日本は、これから人口が減る方向に向かう。その一方で、気温上昇による電力消費が増えるのであれば、気象の将来予想に合わせて、電力会社は設備投資をしなければ、供給が間に合わなくなる。逆に、それほど温暖化が進まないのであれば、過剰の設備投資は、電力料金として消費者にその負担を強いるようになる。
 気象庁の管轄は国土交通省、電力会社の管轄は経済産業省などと縦割り行政を宣っても、何も進まない。国土交通省は、世界一のスパコンが無いと仕事をしない気象庁に変わって、長期気象変動の予測も民間でもできるようにした方が、既得権益に胡座をかいた気象庁に任せっきりより良いのではないだろうか。(No.2687-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独裁者単に議論ができぬだけ

阿久根市長が26日記者会見 事前に選別、再質問認めず
 マスコミ批判を重ねてきた鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、同市議会の26日の臨時議会終了後に記者会見を開く。一部のテレビ局や雑誌などを除き、竹原市長が報道各社の取材に応じるのは、昨年11月に自身のブログに障害者差別ともとれる記載をして問題となり、取材拒否して以来。
 ただ、今回の会見は報道各社が事前に提出した質問から市長が選んで答える形式といい、住民による署名活動が始まったリコール(解職請求)問題など“際どい”質問に市長がどこまで応じるかは不透明だ。
 市長の専決処分で副市長に選任された仙波敏郎氏は、事前の質問提出について「質問の重複を避け、明確に回答するため」と説明。市長の回答を受けての再質問は想定していないという。
 一方、仙波氏は23日に竹原市長と県庁を訪れ、伊藤祐一郎知事に臨時議会招集や市政運営などについて説明したいとの意向を示している。
 竹原市長は今年3月、「マスコミが議場にいる」を理由に市議会を欠席。6月定例議会も招集せず、議員報酬の日当制導入や職員のボーナス半減などの専決処分を繰り返した。(以上(2010/08/20 23:56【共同通信】より引用)
http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010082001000979.html

 阿久根市の独裁者竹原信一は、持論について確たる信念がある訳でもなく、自分の違法行為を正当化するだけの議論もできないナルシストのようだ。
 記者会見の質問内容を事前にチェックすると言うことは、永田町で組織の上に鎮座しただけの政治屋の無能を隠すための手段だが、市長として、市政全体を牛耳っているお方が、質問を事前に受けて、自分の都合の良い質問だけ答えると言うのであれば、竹原信一の市政は、確たる信念もなく、勝手気ままにやっているだけに過ぎないことを如実に示している。
 市長は、有権者が直接選ぶ直接民主主義に基づいて選ばれる。そして、その選択が間違っていた場合、任期途中でも方向修正できるように住民によるリコール請求という制度がある。阿久根市もリコール請求のための署名活動が始まっている。仙波が、課長を集めて恫喝に近いと感じることを行ったとのことだが、市役所職員とて、署名活動をすることは法律で禁止されていることだが、阿久根市民として署名することは、禁じられていないし、有権者としての当然の権利だ。
 もし万が一、竹原信一が確たる信念を持っているのであれば、記者会見で持論を阿久根市民が理解できるように、会見するのが筋ではないだろうか。それが、竹原信一の掲げる『住民至上主義』と意味する所ではないだろうか。そうでなければ、単なる独裁政治だ。(No.2687)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3回に増えてテヨンが可哀相

少女時代、日本初ライブに2万人予想
 少女時代は日本の音楽市場に旋風を巻き起こしそうな勢いだ。
 25日に東京・有明コロシアムで開催される少女時代の日本初ショーケースライブは、現地ファンの爆発的な反響を呼び、当初予定されていた1公演から急きょ2公演追加され、計3公演となった。
 日本デビュー記念DVDの購入者を対象にした今回のライブは、日本のメディアやファンの注目を浴び、追加公演が決まるなど、初ライブで計2万人の観客を集めるものと予想され、アジア最高のガールズ・グループであることの証しといえる。
 これまで行われた韓国人シンガーの日本初ライブはほとんどが2000-3000人規模だったことを考えると、2万人が予想される少女時代の初ライブがこれらを上回るのは確実だろう。
 少女時代は9月8日に韓国でのヒット曲の日本語バージョンと韓国語バージョンを収録した日本デビューシングル「Genie」をリリースし、日本市場に本格的な進出を果たす。イ・ジョンヒョク記者(以上(スポーツ朝鮮/朝鮮日報日本語版2010/08/19 11:32:35)より引用)
http://www.chosunonline.com/entame/20100819000047

 楽天のメルマガが届いた直後に、今回のショーケースライブの入場券の入った限定版DVDにアクセスしたが、その時は既に完売になっていた。限定数は分からないが、この記事からすると2万部限定だったのだろう。それにしても、1公演が3公演に増えたことは喜ばしいことだが、彼女らも疲れるだろうなと思う。
 少女時代(ソニョシデ)は既に中国ではビックアイドルグループで、そう言う意味では、日本は『少女時代』発展途上国とも言える。職場の中国の留学生とは、「テヨン」が良い、「ユナ」が良いと言う会話が成立したが、日本の大学生は、少女時代の存在すら知らなかった。
 日本では一流らしいが、おにゃんこクラブを筆頭にアイドルは使い捨ての秋元康の芸で勝負をしないプロデュースに、警告を与えるものになって欲しい。少女時代の歌唱力、ダンス、他の才能どれを取っても中途半端なものは無いと私は感じる。
 個人としては、少女時代が日本で流行って欲しくない。なぜならば、彼女らの活動は、韓国からの輸入で対応できるし、日本で陳腐化して欲しくない。しかし、私の希望は裏切られるに違いあるまい。(No.2686)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新柄も努力義務では意味は無し

新高齢者マークはクローバー、もみじも残った
 警察庁は19日、不評だった70歳以上の高齢者ドライバー向けの「もみじマーク」に代わり、四つ葉のクローバーをデザインした新しいマークを採用することを決めた。
 年内にも道路交通法の施行規則を改正して新マークを導入するが、もみじマークも使用可能とする。
 新デザインは、幸福を象徴する四つ葉のクローバーの中に、シニアの「S」を組み合わせたもの。公募で寄せられた大阪市在住のグラフィックデザイナー松山幹生さん(31)の原案に、同庁の有識者委員会が微修正を加えた。
 もみじマークは1997年に努力義務として導入されたが、「枯れ葉のよう」などと不評だったため、同庁が昨年11月に代案を公募。寄せられた約1万4000点から有識者委員会が選んだ4図案と、もみじマークについてアンケートや意見募集を行った。
 全国のドライバー約3400人へのアンケートでは、クローバーのデザインを支持した人が42%と最も多く、理由は「カラフルでどの車にも合う」などだった。もみじマークも次点の22%の支持を得たため、無期限で使えるようにした。(以上(2010年8月19日12時38分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100819-OYT1T00577.htm

 警察庁が、不評だった高齢者マークに新しい図案を決めた。
 しかし、努力義務ということは変わらず無意味だ。マークを付けない者は、特に、自分の運転テクニックを過信している高齢者ドライバーが非常に多い。そう言う者に限って、予断を許さない自己中心的な運転をする。そのような車を追い越して、面を見てどう見ても、70歳以上と思われる者が運転している。マークを付けたからと言って、アクセルとブレーキの踏み間違えまで無くなる訳ではないが、マークを付けていれば、まだ、高齢者だから予断を許さない動きをするかも知れないという認識を持って、他のドライバーが気を付けることができるし、ちんたら追い越し車線を走っても、高齢者なら仕方ないと言う気になり、安全な所で追い抜く余裕もできる。
 認知症と言っても、検査時に全ての者にその症状が現れる訳ではない。高齢者マークを個人情報漏洩だとほざく高齢者も私は知っている。初心者マークと同じ扱いを高齢者マークにも適用して、信賞必罰とすべきだと私は強く感じる。それでなければ、警察庁の自慰行為に過ぎない。(No.2685-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2、3年経てば錆び出すのがマツダ

マツダ、米で販売の21万5000台リコール
 【ニューヨーク=小谷野太郎】マツダは17日、小型車「マツダ3(日本名アクセラ)」とミニバン「マツダ5(同プレマシー)」のパワーステアリングに不具合があるとして、米高速道路交通安全局(NHTSA)にリコール(回収・無償修理)を届け出たと発表した。
 対象車種は2007年4月から08年11月に生産され、米国で販売された計約21万5000台。マツダによると、パワーステアリングが突然機能しなくなり、ハンドルを動かすのに強い力が必要になって操作が難しくなるという。国内で販売した車については、昨年9月に約7万6000台を対象に自主改修を実施している。(以上(2010年8月18日10時31分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100818-OYT1T00291.htm

 トヨタのアメリカにおけるリコール問題が、大々的に取り上げられてトヨタバッシングとなったが、アメリカ運輸省の調査により、急加速問題は、アクセルペダルとフラワーマットの問題であり、電子制御ではないことが明らかになりつつある。しかし、広島の大八車専業メーカーのマツダのリコールはもっと深刻だと感じる。
 製造されて、3年程度でパワーステアリングの油圧配管が錆びて、パワーステアリングが突然効かなくなるというものだ。そもそも、ステンレスを使って3年程度で配管が破損する程錆びること自体、信じられないことだ。錆びると言うことは、アルミ合金を使ってもいないだろう。材料設計も知らないド素人が設計したのだろうか。いっそのこと会社全体をリコールしたらどうだろうか。
 安かろう悪かろうと言う、日本の製造業の信用を落とすような大八車を世界にばらまくこと自体、マツダの役員は恥じるべきだし、そのような代物を海外に売りつける悪徳商法は今すぐ止めて欲しい。(No.2685)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

税金を妻までしゃぶる売国奴

民主・後藤議員の妻、議員支給の無料航空券利用
 民主党の後藤英友衆院議員(43)(比例九州ブロック)の妻(30)が3、4月、国会議員に支給される無料航空券を使い、熊本―羽田間の航空便を複数回利用していたことが18日、分かった。
 党熊本県連関係者によると、外部からの指摘を受け、県連が7月初旬、後藤氏に確認したところ、「(妻が)3回程度使った記憶がある」と認めたという。衆議院によると、国会議員にはJRや航空機を無料で利用できる券が支給されるが、「議員の職務遂行」以外の利用は認めていない。
 後藤氏は「航空会社の株主優待券で購入した券と混同し、妻が誤って使用してしまった。2か月分全額を国庫に返納した。管理が不十分だったと反省している」とのコメントを出した。
 後藤氏は、昨年の衆院選での選挙違反事件で、陣営出納責任者の有罪が確定。連座制適用について行政訴訟で争う意向を示している。(以上(2010年8月18日12時17分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100818-OYT1T00500.htm

 選挙違反事件で、出納責任者の有罪が確定し、連座制適用により議員資格を失っても、行政訴訟を行うことにより、国会議員にしがみついている後藤英友の妻が、国会議員の無料航空券を複数回使ったことが判明した。
 そもそも議員辞職をすべき輩が、国会議員であること自体、法治国家と思えない状況だ。しかも、選挙において出納責任者の有罪が確定したにもかかわらず、それにも懲りず金の管理ができない奴に国会議員など務まる訳が無い。後藤は、「全額国庫に返納した」とほざいているが、「泥棒が捕まってから、盗んだ物を全部返した」と言っているのと変わらない。返納しようとしまいと『公金横領』に他ならない。警察は、刑事事件として取り調べ、然るべき処分を行うべきだ。
 それにしても、民主党という夜盗軍団は、責任を取ることすら知らない無能無節操な政党だ。自民党でも、このような事が判明した時には、国会議員を辞めさせていた。まあ、上層部に潔癖な人間が全く居ない民主党では、トカゲの尻尾切りを行っても、それを宣告する方も脛に見事な傷を持たれた方ばかりなので、自分のことを棚に上げることもできないのだろう。(No.2684-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それぞれにコンプレックスあるボディー

「大きな胸、小さく見せたい」 ワコールの新発想ブラ
 大手下着メーカーのワコールが販売する、バストの膨らみを抑えるブラジャーが人気だ。その名もずばり「(大きな胸を)小さく見せるブラ」。4月にインターネット限定で発売したところ4日で売り切れ、7月30日に追加販売した。
 「寄せて上げる」ブラなど胸を大きく見せる商品は数多くあるが、同社は「胸が大きいと太って見える、と悩む女性が実は多い」と分析、従来とは逆の発想でヒットさせた。
 ワコールが20~40代の女性に実施したアンケートでは、ブラジャーに求めるものとして、24・6%が「胸を大きく見せる」と回答。一方、「バストをコンパクトに見せたい」というミニマイズ(最小化)志向の人も10・7%いた。
 今回の商品は、バストのサイドの丸みとボリュームを抑え、胸元をすっきり見せる。8月5日から同じ狙いの商品「CuCute(キュキュート)」の店頭販売も始めた。(以上(2010/08/17 16:43【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010081701000598.html

 古今東西、女性の美に対する欲望は尽きることが無い。しかし、向上心があってこそ人間の進歩があることも確かだ。
 確かに、この記事を読むまでは、女性のバストについては、「小さな胸」と言うコンプレックスを解消する方向でブラジャーの改善が進んできた。中には、背中の贅肉を前に引き寄せると言う代物まで、販売されている。しかし、逆に「大きな胸」と言うコンプレックスに対して、それが本人にとってはコンプレックスだと言うことも、認識されていなかったように思う。ワコールは、女性ならではの悩みを上手く見出し、製品化に成功したと言えよう。
 しかしながら、過剰な自己顕示欲は、衆目を集めるのも当然だが、自己制御できないよからぬ輩にも目に止まることを忘れてはならない。美の表現にも、バランス感覚が必要な気がする。(No.2684)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講釈が時に正しい独裁者

労組脱退しなければ異動…阿久根・副市長が方針
 鹿児島県阿久根市で、市長の専決処分により副市長に就任した仙波敏郎氏(61)が16日、市課長会で、総務、企画調整、財政の3課の職員を市職員労働組合から脱退させ、応じない職員を異動させる方針を明らかにした。仙波氏によると竹原信一市長も了承している。
 仙波氏は「総務、企画調整、財政の職員はすべて市職労から出ていただく。脱会しなければセクションが変わることを皆さんに徹底して下さい」と訓示。理由について「行政改革の中枢である3課の職員が組合員であれば、情報が組合側に漏れ、改革の妨げになる可能性がある」と説明している。
 市によると、3課の職員数は35人。このうち、市職労(190人)に所属するのは課長ら管理職6人を除く29人。地方公務員法52条は、管理職などを除いて職員団体(労組)の結成や加入を認めている。
 鹿児島大法科大学院の小栗実教授(憲法)の話「地方公務員法は『職員団体の構成員であることを理由に不利益な扱いを受けることはない』と定めており、訓示の内容は違法だ。公務員の団結権を認めた憲法に抵触する可能性もある」(以上(2010年8月16日22時02分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100816-OYT1T00848.htm

 市長の専権を振り回し、一挙一動に衆目の集まる竹原信一市長が、今度は、「総務、企画調整、財政の職員の労組脱退」を打ち出した。
 これも、鹿児島大法科大学院の偉い先生のコメントにあるように、今の地方自治法下では、違法行為になる。しかし、一般の企業の実体とはかけ離れた「ザル法」とも言える。一般企業では、総務・経理と言った部署の一般社員は、労組に所属していない。それには幾つかの理由があるが、これらの部署の一般社員は、労組に所属していなくても、会社と労組間で決定された事項で、労組組合員に適用されることは、全て無条件で適用される。このような観点に立てば、今回の竹原信一の発言・発想自体は間違っていないと私は考える。むしろ、コメントしている鹿児島大学阿呆科大学院の教授の方が、一般企業の内容も知らない『井の中の蛙』と言っても良かろう。しかし、竹原信一の手法がおかしいことには変わりない。法治国家であるのだから、当然、法律の不備があろうとも、手順を踏んで進めるのが筋だ。
 今日から阿久根市では、市長のリコール請求のための署名が始まる。「住民至上主義」を掲げている竹原信一を阿久根市民がどのように受け取っているのか、その署名数の行方が楽しみだ。(No.2683)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御巣鷹の教訓生きてない整備

日航機でエンジン火災=緊急着陸、けが人なし-仙台空港
 15日午後4時10分ごろ、仙台空港を離陸した直後の福岡行き日本航空3538便(MD90-30型機)の右側エンジンで火災の発生を示す計器の表示が出た。同機は消火装置を作動させ、同エンジンを停止して仙台空港に引き返し、同23分に緊急着陸した。 乗客乗員106人にけがはなかったが、エンジン内に火災の跡が確認された。国土交通省は事故につながりかねない「重大インシデント」と判断、運輸安全委員会は16日、航空事故調査官2人を現地に派遣する。(以上(時事ドットコム2010/08/16-01:47)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010081600012

 日航ジャンボ機墜落事件から25年の月日が流れ、御巣鷹の尾根における慰霊祭では、会社再建中の日本航空は同じ過ちは繰り返さないと誓った。しかし、その言葉とは裏腹に、エンジン内火災という一つ間違えば、墜落という事故を日本航空は起こした。
 離陸直後ということで、「バードストライク」が原因であれば、不可抗力による事故に近いと考えられる。しかし、今回の事故では、そのようなことは報道されておらず、機体の整備不良と考えるのが妥当だろう。その主因は、日本航空の放漫経営による会社の破綻、会社再生のためのベテラン整備士のリストラだ。同じマニュアルに従って整備するのだから、新米でもベテランでも整備の内容に変わりはないだろう。しかし、ベテランの観察力は、時としてマニュアル以上の異変を見つけることができる。そこに整備の価値を見出すか、単に整備を知らない文屋が、机上で弾いた数字を優先させるか、それによって、会社の姿が決まるであろう。
 単なる数合わせのリストラを行うか、現場を知り尽くした上でリストラを考えるか、の違いによって、日本航空の再生の道は変わっていくだろう。しかし、大概のリストラの場合、前者を選択する企業がほとんどだというのが現実だ。そして、人員削減のデメリットは全て、残った現場の人間に漏れなく転嫁される。これで良いのだろうか。エンジンが火災で収まらず、爆発して墜落するまで、日本航空は重爆撃機のように定められた会社再生の方針に則って、突き進むだけだろうか。(No.2682)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治屋の既得権益です議席

比例代表削減すれば小党危機に 二大政党化は一層進展
 国会議員の定数削減問題に関連し、民主党の一部で「最も早く現実的」とささやかれる「比例代表で衆院80、参院40削減」が実施された場合、議席占有率が上昇し二大政党制が一層進む一方、小政党は議員数が激減、党の存亡にもかかわりかねないことが13日、削減後の“定数”を過去3回の衆参両院選挙に当てはめた共同通信の試算で分かった。
 国民の多様な声の反映が求められている中で、定数削減に向けた各党の丁寧な論議が求められそうだ。
 試算は、衆院の比例代表定数を100とし、05年の国勢調査人口を基に現在と同じ方法であらためて割り振った。各ブロックの定数は最も少ない四国が3となり、最も多い近畿でも13減って16となる。
 これを09年衆院選結果に当てはめると、民主党の獲得議席は87から54に、自民党は55から30議席に。公明党は21が10に、共産党は9が4とほぼ半減、みんなの党も3が2に、社民党は4が0となった。
 これに07年と10年の参院選を加えた、3回の選挙を基にした各党の衆参国会議員の合計は、民主党365人、自民党172人、公明党23人、みんなの党11人、共産党8人、社民党5人、国民新党4人などとなった。(以上(2010/08/13 19:35【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010081301000790.html

 与野党を問わず、政治屋は既得権益である議席の削減になると、国政以上の寝技を展開する。
 政治屋の、政治屋による、政治屋のための議員定数の削減など、国会議員の自浄作用などを期待しても無理なことだ。少なくても、一票の格差の是正の判決が裁判所から出ても、衆参両院とも極一部の目先のマイナーチェンジを除けば、全く手つかずだ。それが議員定数削減など、裁判所から違憲判決だけでなく、選挙無効の判決が出るまで、行われることもないだろう。民主党の提唱している「比例代表で衆院80、参院40削減」が、実現に一番近い案だろう。そうすると、少数政党が絶滅危惧種から絶滅種になると、共同通信は試算している。しかし、絶滅種になる社民党の福島などは、選挙制度を抜本的に変更して「中選挙区」にしろなどと直ぐにはできる見込みのないことをほざいている。明らかに、国民のためではなく自分達の生き残りしか考えていない案だ。
 と言っても、直ぐには議員定数の削減はできないだろうから、国会議員に支払われる歳費・政調費等の総額から、120人分に相当する額(17%)を引いて、国会議員に支給し、減額は全て歳費(一般で言う給与)とすれば、国政に影響があるまい。議員削減ができないのであれば、経過処置として歳費の大幅カットでも行って、取り敢えずのお茶を濁したらどうだろうか。そうすれば、政治屋の名誉欲だけも満たされるのではないか。(No.2681-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

売れ過ぎてマック神話が崩れ出す

iPhone:ウイルス標的の恐れ OS修正版配布
 米アップルの多機能携帯電話iPhone(アイフォーン)や多機能情報端末iPad(アイパッド)の基本ソフト(OS)に、コンピューターウイルスの標的になる恐れがある弱点が見つかり、米アップルがOSの修正版の配布を始めたことが13日、明らかになった。
 アイフォーンなどに搭載されているOS「iOS」にセキュリティー上の問題があり、将来的にウイルス攻撃の標的になりかねないとの指摘が社外などから寄せられた。アップルの日本法人によると、これまでにアイフォーンなどを狙ったウイルスの発生はなく、利用者に何らかの被害が起きたとの連絡も受けていないという。iOSの修正版はアイフォーンでネットに接続すれば自動的にダウンロードできる。対応を取らずに今後ウイルスが発生し感染した場合、「電話を不正に使われたり、通話内容などの個人情報が流出したりする危険性が考えられる」(セキュリティー会社のラック)との指摘が出ている。(以上(毎日新聞2010年8月13日18時26分(最終更新8月13日18時46分))より引用)
http://mainichi.jp/select/biz/it/news/20100814k0000m020020000c.html

 ウインドウズパソコンが、次々とコンピュータウイルスに感染するのに、マックOSは、コンピュータウイルスに感染もせずに、コンピュータウイルスに強いと言う神話が産まれた。
 しかし、iPhone、iPadが普及するにつれて、マック神話も単に、それまでのマックはコンピュータウイルスの作成者にも相手にされない程度の標的に過ぎなかったと言う化けの皮が剥がれてきたようだ。iPhoneは、既に、コンパクトPCに携帯機能が付いた代物と言っても良いだろう。その製品が、コンピュータウイルスに感染すれば、インターネット網だけでなく、携帯通信網にも重大な打撃を与えることになる。それでなくても、携帯通信網は、地震等の天災が起こっただけでも繋がらなくなる脆弱性を持っている。それが、コンピュータウイルスによって、通信が錯綜すれば、今の携帯社会に大きな打撃を与えるだろう。それは、携帯電話機能だけの端末を使う利用者にも同じ影響を与えることになる。
 PCソフトメーカは、単なる使い勝手など、善意の使用者向けの機能を検討するだけではなく、社内で、自社製品をどう改変すれば、PCが凶器に変えられるかという視点に立って、悪意を持って自社製品を評価する部署が必要だと思う。(No.2681)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国がマツダの望み打ち砕く

中国、エコカー加速 相次ぐ購入支援策
輸入車は対象外

補助制度の適用を受けて販売されているBYDのプラグイン・ハイブリッド車(広東省深センで)(センは土ヘンに川)=青山謙太郎撮影 中国政府が電気自動車(EV)などのエコカー普及に本腰を入れ始めた。
 最高6万元(約75万円)の購入補助金の支給に加え、9月には大規模なエコカー振興計画を打ち出す予定だ。景気対策の側面が強い日米のエコカー補助制度に対し、中国は産業振興の意味合いも強く、ガソリン車からEVなどへの転換期をとらえ、エコカー分野で世界トップを狙っている。
 「国と市を合わせると補助金は8万元になります」
 中国の中堅自動車メーカー「BYD」の地元・広東省深セン市の販売店では、訪れる客に店員が補助制度を説明する姿を目にする。補助対象は家庭で充電できるプラグイン・ハイブリッド車(PHV)「F3DM」だ。
 F3DMの価格は約15万元で、中国メーカーの平均的な小型乗用車(7万元程度)の約2倍と高額だが、補助を利用すれば小型車並みの価格で購入できる。
 中国政府は6月、車を購入する個人やリース会社を対象に、PHVには最高5万元、EVには最高6万元の補助金を支給する支援策を公表し、深セン市など合計5都市をモデル地区に指定した。さらに深セン市は7月、独自の補助策を発表し、PHVには3万元、EVには6万元を上乗せ支給するなど、普及に力を入れる。
 選定された5都市はいずれも有力な車メーカーのおひざ元だ。杭州市(浙江省)は、スウェーデンの高級ブランド「ボルボ」を買収した吉利汽車、長春市(吉林省)と上海市は大手国有企業がそれぞれ本拠を置いており、地元から普及・拡大を狙う。
 一方、補助策の対象は、地元企業が国内で製造した車に限られ、輸入車は対象外とした。日本をはじめ外国勢が強いハイブリッド車も除外されており、外資からは「環境への配慮や景気刺激というよりも、国内産業の振興が大きな目的」との見方が強い。
 中国各紙によると、中国政府は9月、今後10年間で総額1000億元(約1兆2500億円)規模の「省エネ・新エネルギー車発展計画」を打ち出すと見られる。2020年までにPHVやEVを累積で500万台普及させ、HVの年間販売量を1500万台に引き上げ、エコカー分野で世界一を目指す野心的な計画だ。
 EVの標準規格作りについても、昨年11月には米政府と協力することで合意するなど、積極的な対応を見せている。
 09年に世界一の自動車市場になった中国だが、ガソリン車の分野では技術力やブランド力で日米欧に劣り、乗用車のシェア(占有率)は、中高級車を中心に外資系が6割弱を占める。このため中国政府は、エコカー向け補助金をテコに国内メーカーの支援を強化し、EVを軸とした次世代自動車分野で主導権の獲得を狙っている。(北京で 幸内康)(以上(2010年8月13日読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/atcars/news/20100813-OYT8T00327.htm

 9月末のエコカー補助金の廃止による国内販売の落ち込みを中国でカバーしようとほざいていた姑息なマツダだが、その甘い考えに対して、中国から鉄槌が下った。
 中国では、次期エコカーをハイブリッド(HV)車を飛び越えて、電気自動車(EV車)にターゲットを絞ったようだ。今から、HV車市場を考えるよりも、一足飛びにEV車にすることで、世界のトップレベルを狙うと言う国家戦略が見える。
 しかし、大八車専業メーカーのマツダには、中国の戦略に合致する技術が皆無だ。日産からもアイドリングストップ車が発売されたが、あくまでも、EV車までの繋ぎの技術という位置付けだが、マツダは会社の運命を賭けていると言うから笑える。HV車は15年より、トヨタからプリウスのHV技術を年10万台分供与を受けるらしいが、EV車については、少なくとも新聞記事からは、何も独自に開発を行っている素振りは無い。
 昔、燃費と言えば80キロ定地走行の値だった。しかし、日本で実際に走る場合とその数値が大きく異なるとして、10モード、15モードという燃費の基準に変わった。エコか否かという判定は、10、15モード燃費を基準にしているが、アイドリングストップ技術というのは、これらのモードで良好な燃費を示すようにしただけの技術のような気がする。渋滞で止まった時のアイドリングを止めるだけなので、高速道で巡航した場合には、無意味だ。例えば、昔の80キロ定地走行の燃費でも、低燃費なのか不明だ。あらゆる状況下で低燃費か否かを判定するためには、10、15モードだけでなく、80キロなり100キロ定地走行の燃費も加味して、行うべきだと私は考える。中国の都市部なら、日本の基準と変わらないだろうが、郊外に出れば、日本の低速道路網とは違うのが、実情だ。
 また、マツダ車は、パワステ用の油圧配管が錆びてパワステが効かなくなるとして、中国でリコールを出している。油圧配管が錆びるなど、基本的な材料選定から間違っていると言っても過言ではない。そのような車でも、中国ならと言う考えを持っているとすれば、これほど、中国をバカにした企業はあるまい。トヨタの電子制御の問題とは、次元が全く異なる、自動車メーカーとしての基本的知識があるのか否かというレベルだと思う。また、i-stopと仰々しく大したこともない技術に命名しているが、筒内直噴エンジンにしか使えない限定されたものであるのに対して、日産の技術や市販のアイドリングストップキットでは、エンジンの方式に制限の無い汎用性の高い技術だ。日産のアイドリングストップよりも、エンジンの起動は、0・05秒i-stopの方が速いらしいが、単にそれだけのメリットしかない。しかも、新型アクセラでも、2WD車にはi-stopが装備されていても、4WD車には、オプションにもi-stopが設定されていない有様だ。自慢の技術さえも、新車の全グレードに展開できない技術力しか、マツダには残っていない。昔、大衆車のファミリアまで、ロータリーエンジンを搭載して、オイルショックで見事に撃沈した面影も無くなっている。
 中国を対等なビジネスパートナーとして考えていない企業は、日本の恥だから、大八車の一切の押しつけを止めて、中国市場から撤退すべきだ。(No.2680)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

避暑地には総理も休む菅直人

円高で企業悲鳴も…菅首相のんびり夏休み、財務相も静観
 15年ぶりに一時、1ドル=85円を突破する円高水準となったが、菅内閣の動きは相変わらず鈍い。直嶋正行経済産業相が11日、輸出関連企業への影響調査を実施する意向を打ち出した程度。肝心の菅直人首相は長野・軽井沢で夏休み、野田佳彦財務相も動かず、菅内閣は「機能不全」のようだ。
 調査結果を受けて、政府の円高対策を打ち出そうという思惑のようだが、「遅すぎる。これから調査とは…」(市場関係者)との声が漏れる。実際、円相場は6月下旬に1ドル80円台に突入し、経済界を中心に政府による円高対策が必要との声は日増しに高まっていたが、菅内閣は参院選大敗で「おわび行脚」に明け暮れ、円高対策に本腰を入れてこなかった。
 15年ぶりの円高水準に至っても、企業の影響調査を実施する程度で、野田財務相は11日、「注意深く見守っていきたい」と静観するだけ。肝心の首相は軽井沢のホテルで静養中で、関係閣僚に指示を飛ばした形跡はみられない。(以上(2010年8月12日(木)17時0分配信 夕刊フジ)より引用)
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/fuji-zak20100812002/1.htm

 菅直人は、財務大臣就任時には、言うべきことではない「円安が良い」と職務権限を越えた空言を連呼した。
 しかし、総理大臣と言う立場の今では、円高対策を指示よりも、総理職までも休業して、軽井沢で静養に勤しんでいるらしい。いいご身分になられたようだ。菅直人のように、自分勝手で「国民よりもまず自分」という公僕意識が欠如した総理をこのまま、9月の民主党代表選挙まで、放し飼いにしておいてよいのだろうか。日本は、盆休みかも知れないが、世界は日々動いている。それを「企業の影響調査」という言葉で濁しておいて良いのだろうか。大手企業のデータならば、今期の想定円相場を幾らに設定し、1円円高が進むとどれだけの利益が無くなるか、マスコミでもつかんでいる。
 何もかも、民主党代表選後という党利党略で、政治をやられても困るのは国民だ。無能で、何もする気が菅直人に無いのであれば、今すぐ、民主党代表を辞して、代表選挙を前倒しでやる位の責任感があっても罰は当たらないと思う。(No.2679-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極端なことは平気でする役所

【所在不明高齢者】京都市“112歳”ら19人の住民登録も削除
 高齢者の所在不明問題で、京都市は12日、住民基本台帳に登録されている100歳以上のうち18人の所在が不明で、同様に所在がわからない99歳の女性1人を含む計19人を台帳から削除したと発表した。生存していれば市内最高齢となる112歳の男女計2人が含まれていたという。
 市によると、この19人については、介護保険料の納付通知書が戻ってきたことから平成12年には把握していたが、台帳から削除していなかった。(以上(MSN産経ニュース,2010.8.13 08:30)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100813/crm1008130830005-n1.htm

 高齢者の所在不明問題で、まともな調査も行わないで京都市は、19人の高齢者の殺処分を決定し、住民基本台帳から削除した。
 まず、京都市は、これらの高齢者の所在が分からないと言うが、何処まで調査したのか明確にすべきだ。京都市は、介護保険制度の始まった平成12年に、納付通知書が戻ってきたことを殺処分の根拠としているが、介護保険料の納付の有無によって、人の生死を判別する手段とするのは、何の法的根拠も無い。これを前例として認めてしまうと、「介護保険料を払わないだけで、戸籍から抹消できる」と言うお役所にとって都合の良い前例になるだけだ。それよりも、納付通知書が戻ってきた時点で、何のアクションも起こさなかった京都市の無作為行為を徹底的に調査する方が先だ。面倒になれば、ローカルルールで、簡単に処理して終わろうとする役所のやり方に、歯止めを掛けなければ、住民はいつ役所に殺されてもおかしくない社会になるだけだ。
 総務省も、役所からの通知が届かなくなったら、どのような手順で、住民基本台帳から抹消するか明確に指定すべきだ。この問題は、地方自治体と総務省の怠慢行政のツケと換言できるものだ。(No.2679)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満を持し韓流歌手が来る日本

パニック!「KARA」街頭ライブ、3分で打ち切り
 韓国の人気女性グループ「KARA」が11日、日本デビュー記念街頭ライブを東京・渋谷の109前で開催。3000人もの観客が殺到し、危険と判断されたためわずか3分で終了となった。
 事前告知はなかったが、メンバー5人が登場すると、周辺の車道にまで人があふれ、渋谷署が現場に警官を出動させる騒ぎになった。
 ギュリ(22)、スンヨン(22)、ハラ(19)、ニコル(18)、ジヨン(16)のメンバー5人が登場すると舞台方向に人が押し寄せ、警備員20人ほどが防護柵を支えた。イベントは当初、ライブのほかトークなど30分の予定だったが、この日発売の日本デビュー曲「ミスター」を1曲歌ったところで、主催者判断で打ち切りとなった。
 日本での人気ぶりにジヨンは「たくさんの人が来てびっくり」。スンヨンは「短い間でしたが一生懸命やりました」と話した。14日には東京・新木場スタジオコーストで握手会を開催する。(以上(スポニチ2010年08月12日)より引用)
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/08/12/04.html

 韓国の女性グループ「KARA」の渋谷街頭ライブに観客が殺到し、30分の予定が、3分1曲でライブ中止となった。
 これも、韓流ブームの人気の高さを示す一例だと思う。続いて、韓国の女性グループでもダントツの『少女時代』がやってくることになっている。「KARA」は、「ヒップダンス」が売り物だ。さらに、少女時代は、単に団体でわいわい歌って踊るだけではなく、スローバラード、ミュージカル良しのテヨンを始め、少女時代デビューと共に女優デビューを果たしたユナなど、グループとしてだけではなく、個性豊かでかつ実力派だ。それには、デビュー前に徹底したレッスンによって裏打ちされた実力と言って良いだろう。
 一方、日本を見ると、CDの投票券による人気投票やジャンケンで立ち位置を決めると言う姑息とも言える秋元流の目先だけのプロデュースのAKB48で、韓流女性グループに太刀打ちできるのだろうか。
 それよりも、韓流、国産の壁など取っ払って、良いものは良いと認める広い文化意識を作り上げ、切磋琢磨する方が大切だと私は思う。(No.2678)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋葉より田上市長は論理的

長崎平和宣言の全文
 『核兵器廃絶へ向けて前進させるために、私たちは、さらに新しい条約が必要と考えます。潘基文(パン・ギムン)国連事務総長はすでに国連加盟国に「核兵器禁止条約」の検討を始めるように呼びかけており、NPT再検討会議でも多くの国がその可能性に言及しました。すべての国に、核兵器の製造、保有、使用などのいっさいを平等に禁止する「核兵器禁止条約」を私たち被爆地も強く支持します。
 長崎と広島はこれまで手を携えて、原子爆弾の惨状を世界に伝え、核兵器廃絶を求めてきました。被爆国である日本政府も、非核三原則を国是とすることで非核の立場を明確に示してきたはずです。しかし、被爆から65年が過ぎた今年、政府は「核密約」の存在をあきらかにしました。非核三原則を形骸(けいがい)化してきた過去の政府の対応に、私たちは強い不信を抱いています。さらに最近、NPT未加盟の核保有国であるインドとの原子力協定の交渉を政府は進めています。これは、被爆国自らNPT体制を空洞化させるものであり、到底、容認できません。
 日本政府は、なによりもまず、国民の信頼を回復するために、非核三原則の法制化に着手すべきです。また、核の傘に頼らない安全保障の実現のために、日本と韓国、北朝鮮の非核化を目指すべきです。「北東アジア非核兵器地帯」構想を提案し、被爆国として、国際社会で独自のリーダーシップを発揮してください。』(以上(2010年8月9日14時02分読売新聞)より部分引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100809-OYT1T00300.htm

 今日、8月9日は、長崎原爆記念日だ。長崎平和宣言の中で、広島市の秋葉と対照的な部分を上記に部分引用した。
 広島と長崎では、平和宣言の案文の作成手順が大きく違っている。広島の場合は、市長と極一部の有識者によって、密室で作成されるのに対して、長崎の場合は、市民参加による案文作成がオープンな形で行われている。その差が、『非核三原則』と『核の傘』との部分に色濃く表れている。広島では、『非核三原則』の法制化を訴えるだけで、そのバックグラウンドも何も宣言に含まれていなかった。また、『核の傘』でも、秋葉は今すぐ核の傘からの脱却を求めたのに対して、長崎は「日本と韓国、北朝鮮の非核化を目指すべき」と『核の傘』からの脱却の現実的な手順まで示されている。
 広島では非現実的なことをシャアシャアとほざいているのに対して、長崎では手順を追って理想を追求しようと言う態度がハッキリ現れている。広島と長崎でこうも平和宣言の解釈が異なるのは、なぜだろうか。それは、秋葉忠利の人間性にあると私は考える。元々秋葉は広島市長(無所属)になる前は、社民党所属の国会議員であった。社民党は、現実も顧みず、かつ、県外移設に拘っても移設先の具体策は出せなかった。秋葉の手法は、社民党と同じで、具体策など持っていないが、理想論だけぶち揚げて衆目を集めようとしているだけで、昨年の平和宣言で「オバマジョリティー」とほざいたように、全て後は人任せだ。
 市政でも同じだ。広島市議会で公明党の裏切り行為がなければ、もっと市民の意見が取り入れられるはずだ。秋葉忠利の市長退任と途中から秋葉に寝返る公明党さえ広島市議会から消えれば、もっと民主的な地方自治体に広島は変わると思う。(No.2677-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先手打つことはまず無い法務省

サイバー犯罪:「ウイルス作成罪」創設へ 刑法改正を検討
 コンピューターウイルスを使って個人情報を流出させるなどのサイバー犯罪を阻止するため、法務省はいわゆる「ウイルス作成罪」を新たに創設する刑法改正の検討に入った。ウイルスを使った犯罪が相次ぐ一方、これまでウイルスの作成や頒布を直接罪に問える法律がなかった。同種の事件は時間の経過とともに被害が飛躍的に拡大する恐れが強いことから、法務省は早期の法案提出を目指す。
 法務省が創設を検討しているのは、ウイルスを作成したり、ばらまくことを禁止する「不正指令電磁的記録作成罪」(仮称)。懲役刑を科すことも可能とする。
 警視庁は5月、ファイル共有ソフトに個人情報を流出させるウイルスを仕掛け、被害者から個人情報の削除を理由に現金をだまし取ったなどとしてインターネット広告会社役員らを詐欺容疑で逮捕。今月にはパソコン内のファイルを勝手に上書きする「タコイカウイルス」を送りつけてパソコンを感染させ使用不能にしたとして、会社員にネット犯罪では異例の器物損壊容疑を適用して逮捕した。
 いずれもウイルスをばらまくだけでは現行法で罪に問えないことから、適用罰則に苦慮したとされる。
 同種の刑法改正案は共謀罪を創設する組織犯罪処罰法改正案とともに03年以降3度、政府が国会に提出し、いずれも廃案となった。今回はサイバー犯罪防止の重要性がより高まっているとして、共謀罪を除き提出する方向で検討している。【石川淳一】
 ◇早期摘発に期待
 コンピューターウイルスを使った犯罪を阻止するため法務省が刑法改正で導入する検討を始めた「ウイルス作成罪」。「タコイカウイルス」を作成した大阪府泉佐野市の会社員の男(27)を器物損壊容疑で初摘発した警視庁の捜査幹部は「こうした罪があれば、もっと早く検挙できた」と、ウイルス犯罪捜査の難しさを痛感している。
 警視庁がネット上で警戒する「サイバーパトロール」で、ファイル共有ソフトに仕掛けられた「タコイカウイルス」を発見したのは09年11月。ウイルスの放出源を突き止めるには、通信事業者が保有するファイル共有ソフトの通信履歴解析が不可欠だが、そのためには罪名を特定した上で裁判所に令状請求しなければならなかった。
 捜査幹部は「被害実態に合わせて、考えられるだけの罪名を検討した」。例えば私用文書等毀棄(きき)罪の適用も検討されたが、同罪は破損されたデータが「権利または義務に関する文書」であることを立証しなければならず、最終的に器物損壊罪で落ち着いたという。
 摘発までにはさらにハードルがあった。器物損壊罪は、被害者からの届け出が必要な親告罪だったためだ。男が作成したウイルスはアニメ音楽ファイルを装っており、被害者が違法ファイルをダウンロードした後ろめたさから被害届を出すことに尻込みする事情もあった。このため被害者の特定に時間を要してしまい、その間に被害は約5万人にまで拡大したとみられる。
 捜査幹部は「作成者からウイルスを譲渡された第三者がウイルスを拡散させる犯罪も今後想定されるが、法改正されれば対応できる」と期待を寄せる。【町田徳丈】(以上(毎日新聞2010年8月7日2時30分)より引用)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100807k0000m040141000c.html

 コンピュータウイルスの「ニムダ」が流行して何年経っただろうか。
 無能集団の法務省は、刑法で網羅できていない新しい犯罪が大流行するまで、傍観すると言う無為無策の役所だ。刑法で罰則規定があるのは、その罰則によって犯罪の抑止効果を一つの役割とするはずだ。それが、外国で発生した犯罪を素早く刑法に反映し、犯罪抑止のために、国内における犯罪発生よりも、先手を打って法整備をすると言う発想自体、法務省には欠如している。今回の事件も、取り締まる警視庁が、犯罪を立件するのに困ったと言う体たらくだ。
 参議院選挙で見事に落選して、民間人に成り下がりながらも法相の椅子にしがみついている千葉景子は、何をしていたのだろうか。気が回らないバカたれに法相を任せている菅直人の無作為行為だ。死刑廃止論者は、各人の思想だからとやかく言う気はないが、死刑廃止を行うのであれば、それに代わる生涯娑婆に戻れない本当の「無期懲役刑」を議論して然るべきだろう。
 しかし、コンピュータソフトを開発する同僚から昔聞いた話では、コンピュータウイルスを作る位の技量がないとソフト開発者として一人前とは言えないとのことだ。ウイルスを作る行為を罰するのではなく、それを世間で試すか試さないかが、犯罪の境目となるだろうと私は考える。
 法務省は、9月にも開かれるとされる臨時国会までに、ウイルス関係の犯罪に対する刑法改正案を練って、国会開会後、速やかに法案審議できるレベルまで、法案を作るべきだし、それが、法務省の仕事自体ではないか。(No.2677-2)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

頑張らず今すぐ辞めろ菅直人

「できる限り頑張る」=菅首相が同窓生と会食
 菅直人首相は8日、都内のホテルで出身地である山口県宇部市の小中学校の同窓生13人と会食した。同窓生が「できる限り長く頑張って」と激励すると、首相は「できる限り頑張る」と応じ、9月の民主党代表選での再選に意欲をにじませた。
 首相は母校の小学校あての色紙に「元気で遊び元気で学べ」と記し、同窓生に託した。一方、自らの近況に関しては「ラーメンを食べようと思っても、すぐには出られない。窮屈だな」と、首相公邸での生活をぼやいていたという。(以上(時事ドットコム2010/08/08-16:53)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010080800096

 臨時国会の予算委員会で、無能の限りを示した菅直人が、山口の同窓生に「できるだけ頑張る」とまだ、政権にしがみつくと言う姿勢を見せた。
 民主党内をまとめられない菅直人の総理人生も、民主党代表選挙までだろう。後3日総理をやれば、戦後最短の在任期間であった羽田内閣の64日を越えるのだから、もう良いだろう。そうすれば、誰にも遠慮せずに「ラーメン」を食べにも行けるだろう。
 人の話は聞かず、持論だけほざいていても、内閣支持率は下がる一方だろう。これ以上恥の上塗りをせずに、さっさと辞めることが、国民に取って一番有難いことだと言うことを早く菅直人は認識すべきだ。広島の平和記念式典とその後の発言で見事な二枚舌を発揮した。もうそれで良いのではないか。菅直人が総理にしがみついていても、日本が良くなるような兆しすら見えない。口先だけでは、「国民を騙すことができない」と言う貴重な教訓も受けたはずだ。
 菅直人は、総理の座に何の未練があるのか、まず、国民に示すべきではないだろうか。(No.2677)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型も実弾撃てぬ戦闘機

空自FX、現有機で暫定措置 F35導入難航で
 政府は航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)の最有力候補と位置付けるF35の開発の遅れを踏まえ、暫定措置として現有の主力戦闘機F15の改修継続か2011年度で生産終了予定だったF2の追加調達で対応する方針を固めた。この関連経費は12年度の予算に盛り込む見通しだ。複数の政府関係者が7日、明らかにした。
 FXは老朽化により10年代から順次廃棄を始めるF4の後継機で、04年に閣議決定された中期防衛力整備計画(05~09年度)に7機の調達を明記。08年春までに選定を終え、09年度からの予算計上を想定していた。
 当初は、レーダーに捕捉されにくいステルス機能と超音速巡航能力、高度な機動性を備えた最新鋭戦闘機F22の導入を模索。だが米側は輸出を禁じ、生産中止も表明した。次善の策として、同様にステルス機能を持つF35の導入を目指しているものの、試作エンジンの損傷など開発段階でトラブルが相次ぎ、国際共同開発の中心である米国での配備も遅れている。
 政府はこのため、11年度予算でのF35調達経費計上は困難と判断した。(以上(2010/08/08 02:02 【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010080701000734.html

 政府は、航空自衛隊の実弾の撃てぬ次期主力戦闘機(FX)を選定できないため、現有のF15の改修とF2の追加調達の方針を決めた。
 航空自衛隊の現場では必死なのだろうが、そもそも、ロシアが領空侵犯しようとも撃墜することもできず、領空外に出るまで追尾しているだけのスクランブルのためにステルス機など必要なのだろうか。単に領空侵犯機を追尾するだけならば、相手のレーダーに誇張されて映るような戦闘機の方が、相手が早く気がついて良いのではないだろうか。また、超音速巡航能力も、領空侵犯している間に、弾でも撃つのなら必要だろうが、何もしないのなら、領空外に侵犯機が移動してから現場到着しても、十分、航空自衛隊としての体裁としては整うのではないだろうか。
 また、自衛隊では、仮想敵国が日本に攻めてきた時には、海岸線での水際作戦で、敵国を撃破すると言う発想らしいが、今の戦闘機には地上攻撃能力は皆無だ。そのような戦闘機では水際作戦には使い物にならない。単に、自衛隊の中でも考え方が統一されていないらしいが、防衛省にまで格上げされたのだから、陸・海・航空自衛隊で統一した作戦ストーリーが有ってしかるべきだと思う。
 イミテーション戦闘機に金を掛ける位なら、もっと有効的な国家予算の使い方があるように私は思う。(No.2676)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

替え歌で世論聞き取る耳は無し

“イラ菅直人が国を売る~”民主揶揄替え歌に新曲誕生
 国会付近で連日流されている民主党政権を揶揄する替え歌に、新作が誕生した。「ぎんぎんぎらぎら」で始まり、「まっかっか」などのフレーズが印象的な童謡「夕日」の音楽に乗り、女性の歌い手が「イラ菅直人が国を売る」などと歌う衝撃的な内容なのだ。
 替え歌シリーズは衆院第2議員会館前で以前から流れており、鳩山政権時代は童謡「黄金虫」を「おざわのいっちゃん金持ちだ」とした替え歌が流れ、CDや歌詞カードまでがが出回った。
 そして臨時国会召集に合わせて登場した新作は「夕日」の替え歌。本物は2番までだが、替え歌は8番まであり、3番は3パターンもある力作。
 「かんかん 直人で 日本が沈む」(1番)、「シンガンス助けて 北も好き ついた仇名が カンガンス」(6番)などときわどい歌詞がてんこもりに続く。
 菅政権は朝鮮学校を高校無償化の対象にする方向で調整中、日韓併合100年の首相談話も検討している。菅直人首相(63)は予算委員会で君が代斉唱拒否疑惑を取り上げられるなど、リベラル色が濃く、こうしたことを強く意識して作られたようだ。
 民主党ベテラン秘書は「完全な誹謗中傷だし、耳に残るから業務妨害だ。旧議員会館と違って新議員会館は防音がいいのでまだマシだが、止めるさせる良い手立てはないのか」と困惑している。

■替え歌歌詞の一部

1・かんかん 直人で 日本が沈む
  かんかん 直人で 国滅ぶ
  真っ赤っ赤 民主党
  党員・議員も真っ赤っ赤
  売国民主で 国滅ぶ

2・イライラ カンカン 日本が沈む
  イラ菅 直人が 国を売る
  真っ赤っ赤 支那・朝鮮
  日本も一緒に赤くなれ
  カンカン直人が 国を売る

3・だらだらかんかん 民主が沈む
  ダラ菅 直人が 嘘をつく
  金権腐敗に消費税  
  ゾおンビ小沢もこんにちは
  ルーピー(鳩)も顔だしゃ 国滅ぶ
(以上(ZAKZAK2010.08.06)より引用)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100806/plt1008061609004-n2.htm

 なかなか良くできた替え歌だと思う。菅直人の性格を正確に描写した内容だ。この歌を中傷誹謗と取るか、諫言と取るかで菅直人の9月以降が決まると思う。耳に痛いことこそ耳を傾けるべき真実だと私は思う。
 会社の中堅社員教育で、『ディベート』と言う内容があった。簡単に言えば、ある問題に対して賛成・反対の2グループに分かれて、議論の中で、相手の論理の矛盾や弱点を突き、自分達の意見の方が正しいと言う理論立てで対決するものだ。そして、講師が最後に、その議論の中で、それぞれのグループの良かった点、悪かった点、改善点などを解説するものだ。自分達の意見を通すための訓練と言えるだろう。
 しかし、今の国会で行われている議論は、ディベートになっていない。特に、菅直人は、知識量が少ないのか、一度答弁すると、オーム返しのようにその内容を繰り返すだけだ。これでは、相手を納得などさせることはできない。3回同じことを聞かれるとキレ始めると言う単細胞だ。
 もし、菅直人が9月の代表選に勝って総理を続けたいのであれば、公邸にでも、ディベートの講師を呼んで、しっかり議論できるように勉強すべきであろう。(No.2675-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お飾りに丸く収まる谷亮子

谷亮子氏が民主スポーツ議連会長に就任 「お飾り人事」と面前で厳しい異論も
 民主党のスポーツ議員連盟の総会が6日開かれ、参院選で初当選した五輪柔道女子金メダリストの谷亮子参院議員の会長就任が承認された。谷氏は「大変身の引き締まる思い。各種スポーツの環境整備の充実を図り、スポーツ社会を明るいものへと導きたい」と抱負を述べた。
 出席者からは「議連の会長には新たなインパクトも必要。谷議員は柔道の実体験や世界的名声もあり、これ以上の人材はいない」と歓迎する声が出る一方で、「お飾り会長とやゆされるような人事は納得できない」などの異論もあった。
 谷氏の就任は、前会長の田名部匡省氏が参院議員を引退したことに伴う人事。(以上(MSN産経ニュース,2010.8.6 13:14)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100806/stt1008061315004-n1.htm

 国会で右も左も分からない谷亮子が、「民主スポーツ議連会長」に就任した。
 国会の実務も分かっていない新人議員に、会長が務まるほど簡単な「民主スポーツ議連」なのだろうか。議連の討議風景は、一部ニュースで公開されたが、実務を重視する真っ当な議員よりも、谷亮子のネームバリューを利用したいと言う姑息な輩の方が多いことが分かった。この人事に対して、何でも良いから良い話題の欲しい菅直人も認めたという。野球でも「名選手が名監督になれるわけではない」と言うことが言われている。しかし、民主党では、ネームバリューさえあれば、「お飾り」に据えると言う人気取り人事が優先するらしい。しかし、谷亮子のネームバリューは、参議院選出馬時に、国会議員も五輪もと言う欲張った考えに、大顰蹙を買ったことは、記憶に新しい。
 このようなくだらない民主党政治は、9月の民主党代表選で菅直人が代表の座から蹴り落とされるまで続くだろう。しかし、民主党代表の座は、極少数の政治屋が回り持ちしているだけだ。順番からすれば、次は岡田克也だろうか。(No.2675)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙石が向きになってる理想論

核の傘離脱と非核三原則法制化に否定的 官房長官
 仙谷由人官房長官は6日午前の記者会見で、秋葉忠利広島市長が平和記念式典のあいさつで求めた核の傘からの離脱について、「核兵器を含む大量破壊兵器の拡散といった危険が増大するなど引き続き不透明、不確実な要素が存在する中で、米国の核戦力を含む抑止力は引き続き重要だ」と述べ、否定的な見解を示した。
 仙谷氏は秋葉市長が非核三原則の法制化を求めたことについても、「菅内閣としては非核三原則を堅持する方針に変わりはないが、わが国の重要な政策として内外に十分、周知徹底されている。法制化の必要はない」と語り、菅政権として取り組む考えはないことを明らかにした。(以上(MSN産経ニュース,2010.8.6 12:33)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100806/plc1008061234013-n1.htm

 現実を直視しない『放言家』である秋葉広島市長の平和宣言に、これまた『無能の塊』とも言える仙谷由人官房長官が、核の傘離脱と非核三原則法制化に反対する見解を向きになって示した。
 政府の対応としては、これほど軽はずみな妄動は無いと私は考える。そもそも、秋葉忠利は、元社民党国会議員であり、現実も考えずに理想論をほざく福島みずほと同類項だ。秋葉忠利の平和宣言は、単なる目立ちたがり屋のパフォーマンスに他ならない。『核の傘離脱』など社民党議員に聞けば誰でも同じことを言うだろう。
 また、『非核三原則』など提唱してノーベル平和賞をだまし取った佐藤栄作の時代から、荒唐無稽の原則であることは、外務省の機密書類からも明確だ。それを今更法制化しても何の意味があると言えるのか。もし、法制化するのであれば、『非核三原則』の違反行為は、当該者が死んでも時効とせず、当該内閣総理大臣、外務大臣他関わった閣僚の死刑位を盛り込まない限り、法制化しても無意味だ。
 それさえ、分からずに闇雲に反論する仙石由人官房長官のパフォーマンスも馬鹿げたこととしか受け取れない。仙石のようなバカを総理の女房役に据えるぐらいなら、菅夫人を据えていた方が余程かマシだと思う。(No.2674-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戸籍の管理人よりもカバが上

国内最高齢カバ「デカ」、58歳で逝く いしかわ動物園
 いしかわ動物園(石川県能美市)の国内最高齢のカバ「デカ」が5日、58歳で死んだ。カバが50年以上生きるのは珍しいといい、人間なら100歳超。若い頃は菓子メーカーの「キャンペーンガール」として全国を回り、年を重ねてからは「デカばあちゃん」と呼ばれる人気者だった。
 園によると、雌のデカは5日午後3時から夕食を始め、変わった様子はなかったが、午後4時10分、プールに沈んでいるのが見つかった。解剖して死因を調べる。
 デカは1952年にアフリカで生まれたとされる。53年、カバヤ食品(本社・岡山市)がキャラメルのキャンペーンのために招き、「カバ子」の名で全国を巡回。各地の動物園を経て62年、いしかわ動物園の前身施設に移った。
 園は6日午前9時半からカバ舎前に写真を飾り、献花台を置く。ファンが参加できる「お別れの会」も開く予定だ。(以上(朝日新聞2010年8月6日3時0分)より引用)
http://www.asahi.com./national/update/0805/OSK201008050117.html

 折しも、100歳以上の高齢者の所在が分からないと言うおかしいと言うか役所の怠慢が表沙汰になっている今、いしかわ動物園の日本最高齢のカバが死んだ。
 動物園の動物の年齢管理ができているのに、人間の戸籍管理に瑕疵があると言うのは、本末転倒した状態だ。戸籍管理こそが国家の根幹の筈だ。個人情報保護法が、高齢者の所在確認を困難にしているとすれば、人の生死が確認できるように個人情報保護法を改正すべきであろう。個人情報の保護は、生きている国民の個人情報を保護するものであり、戸籍法を蔑ろにして良いものではない。
 高齢者問題に限らず、児童相談所でも、どのような矛盾を感じても、訪問や電話を掛ければ自分達の仕事は終わり、書類さえ揃っていれば事務処理を行う、お役所の体質改善から行う必要があるように感じる。(No.2674)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

副市長一人で変わる独裁者

阿久根市長、やっと市議会招集へ
 市議会を招集せず、専決処分を繰り返している鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、議会を招集する意向を示していることが4日、わかった。
 専決処分で2日に副市長に就任した元愛媛県警巡査部長、仙波敏郎氏(61)が明らかにした。実現すれば3月定例会以来。
 仙波氏によると、2日夜、市長に議会を招集する意思があることを確認。これを受け、4日に反市長派の市議1人と面会し、市長の意向を伝えた。
 議会が開かれれば通年議会の条例制定案やボーナスの金額を元に戻す条例改正案などが議員提案される。ただ、例年だと9月上旬に9月定例会が招集されるため、今月中に招集されるかどうかは不透明だ。(以上(2010年8月5日08時51分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100805-OYT1T00061.htm

 阿久根市の独裁市長竹原信一の元で、副市長が決まって以来、竹原が行ってきた民主主義の根幹を犯す犯罪行為が、一つずつ解消され始めた。
 懲戒免職処分にした係長の職場復帰に続き、市議会の招集の意向も竹原が示したという。それならば、これまで、竹原が行ってきたことは何だったのだろうか。単なる竹原の個人的な趣味だっただろうか、竹原の信念はこの程度だったのかと疑問が浮かぶ。
 仙波副市長による市政の正常化は、好ましいことだ。しかし、これまで竹原信一が行ってきた違法行為が許される訳ではない。ここ一年近く違法状態を放置した総務省と原口総務相も責任を問われて然るべき問題だ。
 更に、総務省は、今後、竹原信一のような独裁市長が誕生しても、地方自治の独裁化が起こらないような関連法の改正を急ぐべきだ。(No.2673-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史的評価以前の菅直人

財政健全化「不退転の決意」=菅首相-参院予算委
 参院予算委員会は4日午前、菅直人首相と全閣僚が出席して総括質疑に入った。首相は、国の財政状況が厳しいとの認識を示した上で、「財政健全化は誰が首相になろうと、どの政党が政権を取ろうと避けて通れない。今後の財政運営の健全化のため、不退転の決意で臨んでいく」と述べ、抜本的な税財政改革に取り組む決意を強調した。
 また、参院選での民主党大敗に関し「首相に就いた政治家の評価は、最終的に歴史が決める。歴史に恥じない行動を取りたい」と語り、首相続投への強い意欲を示した。いずれも自民党の林芳正参院政審会長への答弁。
 午後からは、自民党の質疑後、民主党の桜井充政調会長代理らが農業政策などを質問する。(以上(時事ドットコム2010/08/04-10:11)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010080400059

 菅直人の話を聞いていると、まるで自分は歴史上の英雄になったかのような錯覚と自己陶酔に陥っていることがよく分かる。
 「歴史に恥じない行動」と言っているが、菅直人の評価は、歴史の評価を待たなくても、直近の内閣支持率を見れば既に答えは出ている。その答えとは、『森喜朗以下の憲政史上最低の総理大臣』であることを。私は、長らく森喜朗以下の総理大臣は、私の生きている間には出てこないと思っていたが、菅直人という歴代最高の内閣支持率の下落新記録を世論調査の度に更新し続けている人間が、民主党のどさくさに紛れて日本国の総理大臣になってしまった。
 ご本人は『財政健全化』で国民に嫌われようとも、菅直人の稚拙な財政健全化を実現しようとすることを称しているのだと思うが、参議院選挙前にニュースステーションに菅直人が出演した時に、菅直人の考え方の簡単な矛盾点をニュースキャスターの古舘伊知郎に突っ込まれても、満足な回答ができなかったことからしても、思いつきに毛が生えた程度の『財政健全化』だ。
 もし、万が一菅直人が総理を続けたいのであれば、菅夫人の著作を読んで、自己分析を行ってからにした方が、まだマシだろう。(No.2673)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘘吐きの証人喚問して欲しい

金元工作員の観光、韓国側「要請していない」
 【ソウル=前田泰広】韓国の情報機関・国家情報院は3日、大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫元工作員が7月に来日した際、ヘリで遊覧するなどしたことについて、「韓国政府が要請した事実はない」と本紙に明らかにした。
中井国家公安委員長が3日の衆院予算委員会で、金元工作員や韓国側から観光旅行を要請されたと答弁したのに反論したものだ。国家情報院は、金元工作員の来日で日本政府との交渉窓口になっていたとされる。(以上(2010年8月3日19時25分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100803-OYT1T01003.htm

 拉致問題については、今回の金姫元工作員の招へい以外新聞記事になるようなことも、民主党内閣は鳩山・菅と何もやっていない。金姫元工作員の招へいで予算を消化してあたかも仕事をしていたかのように振る舞おうとしたのではないだろうか。
 タダ飯喰らい中井国家公安委員長は、金姫元工作員の軽井沢から都内のホテルへの移動にヘリコプターを使ったことに対し、当初、「警備のため」とほざき、7月24日には、一転して「日本を見せてやりたかった」と観光目的を自白した。更に、8月3日の衆議院予算委員会では、「韓国からの要請」と供述を3転させている。このような嘘吐きが、警察のトップにいても、警察の士気が上がるわけがあるまい。それよりも、韓国国家情報院に責任を転嫁したものだから、国際問題にもなりかねない。
 菅直人は、中井の任命責任と共に、どの供述が本当なのか国民に対して明確にする責任がある。中井の発言の真偽をハッキリさせるために、臨時国会を延長して、韓国の国家情報院からも証人を呼んで、予算委員会において、嘘吐き『中井洽』の証人喚問を行うべきだ。疑義がハッキリすれば、警視庁において中井洽がゲロするまで、取り調べで人間関係を構築して貰いたい。
 中井洽のように、気軽に嘘を吐く奴にろくな奴がいない。このような人間は、証人喚問であろうともその場凌ぎの嘘を並べるだろうから、それを精査すればボロが出るだろう。(No.2672-2)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

民主党肩書き取れば免罪符

政治とカネの問題、大きなけじめつけた…首相
 『鳩山前首相、小沢一郎・前民主党幹事長の「政治とカネ」の問題について、首相は「すべてが終わったかどうかは見方による。私は政治家として大きなけじめをつけたと思っている」と述べ、一つの区切りがついたとの考えを示した。公明党の井上義久氏が「(鳩山氏らの)辞任で決着したと考えているのか」とただしたのに答えた。
 また、首相は、荒井国家戦略相の事務所経費問題について、「不適切な部分は修正申告したということで、問題ないと考えている」と述べた。』(以上(2010年8月3日14時39分読売新聞)より部分引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100803-OYT1T00625.htm

 菅直人は、鳩山由紀夫と小沢一郎が民主党代表と幹事長を辞めたことで、「政治とカネ」の問題にケジメがつけたとほざいたが、単に、民主党内の肩書きが取れただけで、それほど民主党の肩書きは、価値のあるケジメをつけたと言えるだけの価値があるのだろうか。
 菅直人ご自身も、野党時代に(年金)未納三兄弟とかほざいて自民党を攻めたが、自分の年金未納で党代表を辞任した。最終的には2か月ではあるが年金未納期間があることには変わりがない。しかし、今では党代表に返り咲き、無能さを曝け出しながら総理職に居座っている。これはケジメでも何でもない、単にほとぼりが冷めただけで、2か月の年金未納という事実は、何一つ変わっていない。菅直人が、鳩山由紀夫と小沢一郎に党役職辞任以上の責任を追及することは、我が身も同じだと分かっているからだろう。
 それよりも、菅直人は自分が与党だったらどれだけ無責任な発言をやっていたか、考え直す良い機会ではないか。自分の過去を振り返れば、総理の座に居座っているなどという恥ずかしいことはできないだろう。菅直人こそ、放言を繰り返し自省は全くせずに、時間が免罪符と言う、政治屋の鏡と言えるだろう。(No.2672)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

副市長決めて市長の茶番劇

ブログ市長「公益なら…」懲戒職員復職へ 仙波・副市長が表明
 愛媛県警の元巡査部長で、鹿児島県阿久根市の副市長に選任された仙波敏郎氏(61)は2日の就任式で、竹原信一市長が昨年7月に懲戒免職処分にした男性職員(46)について復職させる考えを示した。市長も了承しているという。
 男性職員は、市長が庁舎内に張り出させた職員給与総額を書いた紙をはがし、昨年7月31日に懲戒免職。鹿児島地裁が今年4月に処分を取り消したが、市側は控訴し、復職を拒否していた。
 仙波氏によると、1日に「裁判所の判断を順守するべきだ」として竹原市長に復職を進言。市長は「公益になるなら」と応じたという。男性職員は3日に職場復帰する。福岡高裁宮崎支部で係争中の訴訟については継続するという。
 仙波氏は記者会見で、竹原市長が招集していない議会についても「正常な状態ではないので、開催するよう市長に進言する」と話し「竹原市長のためではなく、公益のために仕事をする。市長にも職員にも是々非々で臨む」と強調した。(以上(MSN産経ニュース,2010.8.2 12:38)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100802/lcl1008021239005-n1.htm

 鹿児島県阿久根市の独裁者が、副市長を決めてから、懲戒免職処分にした職員を復職させることを決めた。
 「公益なら…」と竹原信一はほざいているが、公益も考えずに税金で訴訟を続けてきたことが、副市長の鶴の一声で変わるとは、それほど信念を持って独裁を行っている奴でもなさそうだ。それとも、副市長の意見は聞くと言う『民主主義ごっこ』でも始めたのだろうか。職員を復職させても高裁の訴訟は継続するという矛盾を竹原信一はどう説明するのだろうか。いや、独裁者だから気まぐれで政治ごっこをやっても、住民への説明責任を追うつもりはないだろう。せいぜい、ブログで愚痴るのが精一杯なのだろう。
 阿久根市では、市長リコール請求の署名活動が始まる。阿久根市民は、竹原信一がやったことが、例え市民のためであろうとも、民主主義の手続きを踏まない、違法行為だと言うことをよく考えるべきだ。(No.2671-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本でも広島弁では通じない

「核の傘」離脱求め平和宣言
 秋葉忠利広島市長は2日、被爆65年の平和記念式典(6日)で読み上げる「平和宣言」の骨子を発表した。2020年までの核兵器廃絶を目指し「核の傘」から離脱するよう被爆国日本政府に求める。また、惨劇を二度と繰り返さないよう願う被爆者の思いを初めて広島弁で世界に訴え掛ける。
 宣言では日本政府に対し、核の傘からの離脱のほか、非核三原則の法制化、黒い雨の降雨地域の拡大、高齢化した内外の被爆者へのきめ細かい援護策を求める。さらに菅直人首相には、核兵器保有国の首脳に廃絶の緊急性を訴え、核兵器禁止条約締結の音頭を取るよう要請する。
 秋葉市長は2日の記者会見で、広島弁を使うことについて「被爆者の気持ちをより強調することにつながる」と説明した。(以上(中国新聞'10/8/3)より引用)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201008030016.html

 平和祈念式典の「平和宣言」と核実験国に対して「遺憾の電報」を打つことを主務とする秋葉広島市長は、今年の平和宣言で「広島弁」を使うと豪語した。
 昨年の平和宣言では、「オバマジョリティー」なる造語と英語で宣言を行ったが、オバマジョリティーは、オバマ大統領のノーベル平和賞の演説で、秋葉の机上の空論であったことが明確になった。それでも、今年の広島市予算では、「オバマジョリティーの推進」に予算を割いている。
 今年は、奇を衒って『広島弁』を使うそうだ。東京出身者が旧社会党の落下傘候補として広島市長になった奴に、生粋の『広島弁』が分かっているのだろうか。私は生粋の広島県民だが、関東に就職した時に、同郷の人と広島弁で会話していると回りの人から「何を話しているのか分からない」と良く言われた。広島弁は、広島県と隣接県の極一部でしか分からない方言だ。また、例えば広島弁で『いびせぇ』は標準語で『怖い』の意味だが、その怖さ加減のニュアンスまで標準語で言い表せるものではない。これは、広島弁に限らず日本各地の方言でも、標準語で表すとしっくりこない、ニュアンスが違うと言う言葉が多いと思う。
 そのような広島弁を世界に発信する「平和宣言」で使うのは如何なものかと思うが、広島の平和宣言は、市民参加で作る長崎とは違い、極一部の有識者と市長が密室で作成している。オバマジョリティーと同じように秋葉忠利の自己満足・マスターベーションに過ぎない。
 また、菅直人には「核の傘からの脱却」を要求するそうだが、極東アジアの情勢も分からずにほざいている福島みずほと同じだ。と言っても秋葉忠利は無所属の仮面を付けた元社民党だから、世界的見地から物事を見ると言う才能が欠如していることは確かだ。(No.2671)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

穴吹の再生管財人を恨みたい

穴吹工務店:更生計画案、5社で一体再生へ 700億円弱、弁済予定 /香川
 東京地裁に更生計画案を30日、提出した穴吹工務店(高松市)。管財人の長谷川宅司弁護士が高松市内で会見し、計画案を説明した。分譲マンションの設計・施工から販売・管理までを一貫して担う穴吹工務店独自のシステムに関係する5社のみを存続させ、一体再生を目指すという。
 長谷川管財人によると、計画案では、更生担保権者には不動産の時価に応じ、更生債権者には基本弁済率32%とし、計700億円弱を弁済する。5社の社員計約1300人の雇用は継続する方針。
 更生計画案は9月中に認可される見通しで、14年10月までの弁済完了を予定している。長谷川管財人は「認可後1年間の新たな分譲マンション開発、新規事業の進み具合が事業継続への鍵となると思う」と述べた。【馬渕晶子】(以上(毎日新聞2010年7月31日地方版)より引用)
http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20100731ddlk37020615000c.html

 マンション工事の騒音は、「道路をトラックが走るものだ」と言うコンセプトを押し通して倒産した穴吹工務店が、管財人によって息を吹き返すこととなった。
 管財人が言っている『新規事業』とは、他紙を見るとマンションの大規模修繕の分野に侵出しようと言うことらしい。工事騒音を画期的な手法で、これまでの手法と比べて低減する方法でもあるのならまだ許せるが、これまでのマンション工事と同じように、近所迷惑は掛け放題という穴吹工務店の貫くコンセプトで工事をやられては敵わない。そんな新規事業ならやらないで、会社整理して貰った方が、これまで、何度も騒音の迷惑を被って、何一つとして補償を受けなかった者としては、すっきりして良かったと感じる。
 新築マンションにしても、建築前の土地に既存家屋があるから、近所の同意は不要と、1回文書を郵便受けに入れただけで建設を始めた良心の欠片も無い穴吹工務店を再建するのであれば、長谷川管財人は、「穴吹工務店の合法であれば、人の迷惑など一考もしない」「建築前の約束事項を納期のためなら反古にする」という欠如した社会的一般常識から人の迷惑を考えるように穴吹工務店を調教して欲しい。(No.2670-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結局は私怨で動く独裁者

個人的恨み?阿久根市長、保育園補助金決裁を拒否
 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、民間保育園の園舎建て替えに伴う補助金交付の決裁を拒んでいる問題で、市長が「理事長は市政を妨害している」と理由を話していたことがわかった。
 保育園はかつて市立だったが、地元の社会福祉法人青陵会(折橋よし典理事長)が2007年4月、老朽化した園舎を5年以内に建て替えることを条件に引き継いだ。(「よし典」の「よし」は口ヘンに「喜」)
 総事業費約2億円のうち県が約7000万円、市が約3000万円を補助する計画で、市は今年度当初予算に補助金を計上したが、市長は申請書類を決裁していない。
 関係者によると、市長は6月頃、職員に「理事長は市政全般を妨害している」と話したという。理事長は市教育委員長を務め、市長が08年12月、民間人を市教委教育総務課長に採用する際、「兼業を禁止した地方公務員法に違反する」と指摘。昨年5月の出直し市長選では、竹原市長の対立候補を応援するなどした。
 青陵会は6月、決裁を求める陳情書を市議会や市長に提出したが、市長は市議会を招集しておらず、取り扱いのめどは立っていない。保育園には0~6歳の園児49人、保育士ら職員14人が在籍している。理事長は「私への個人的な感情で決裁しないのはおかしい」と反発している。(以上(2010年8月1日20時51分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100801-OYT1T00496.htm

 独裁者という者は、正論で自分を責める者を最も嫌うと言う共通した性格を兼ね備えている。
 阿久根市の竹原信一もその一人だ。自分の法律違反を咎めた理事長を目の仇にして、民間保育園の園舎建て替えの補助金を出さないと言う、私利私欲で動く極悪人だ。もし、園舎建て替え前に、大地震でも起こって園舎が倒壊し、園児に死傷者が出た場合は、竹原信一はどうするつもりなのだろうか。自分の都合で議会を開かず、専決で済ますと言う想定外の独裁者には、独裁によって生じた一切の損害を自腹で弁済させるべきだ。
 それにしても、阿久根市民は、市長の独裁政権を容認しているのだろうか。市長リコール等の民主主義の手順があるはずだ。(No.2670-2)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

下っ端も政治とカネの民主党

後藤氏、議員辞職は考えず 当選有効確認訴訟へ
 昨年8月の衆院選で公選法違反(日当買収)の罪に問われた出納責任者の有罪が確定することを受け、民主党の後藤英友衆院議員は31日、熊本市の党県連で会見し、近く当選有効の確認を求める訴訟を福岡高裁に起こし、議員辞職する考えがないことを強調した。
 公選法では、出納責任者は連座制の対象となり、後藤氏は有罪確定通知を受けてから30日以内に訴訟を起こさなければ失職する。
 後藤氏は会見で、提訴は開会中の臨時国会が閉会する6日以降と説明。公選法違反の事実関係は争わないとした上で「違反は運動員に対しての日当買収であり、悪質性は低い。選挙で選ばれた議員を失職させるほどのものではない」と主張し、「国会議員としての職責を果たすのが私の務め。自ら辞職する考えはない」と述べた。
 党県連代表の松野信夫参院議員は「県連として監督不十分だったと反省している」と謝罪する一方、後藤氏には「出処進退について党本部と慎重に話し合ってほしい。いたずらに結論を引き伸ばすのは県民の支持を得られない」と話した。
 後藤氏は熊本3区から立候補し、比例九州で復活当選した。一、二審判決によると、出納責任者だった井上広世被告(43)=熊本市=は人材派遣会社社長ら2人と共謀し、運動員8人に選挙運動への報酬として総額72万9千円を支払った。最高裁は29日付で井上被告の上告棄却の決定をした。(福井一基) (以上(くまにちコム2010年08月01日)より引用)
http://kumanichi.com/news/local/main/20100801002.shtml

 先の総選挙で熊本3区から立候補し見事に落選しながら、比例区で復活当選を果たした後藤英友の出納責任者の公職選挙法違反が最高裁で決定されたが、政治屋後藤英友は、「悪質性は低い」とほざいて、国会議員を辞職することなく、当選有効確認訴訟を起こすことにしたらしい。
 後藤秀友が、このようなことをシャーシャーとほざくのも、民主党では、もっと大きなことをしていながら、国会議員の座に鎮座している鳩山由紀夫や小沢一郎がいるからだろう。「日当買収」の悪質性を云々しているが、出納責任者の有罪判決は、連座制の対象なので、潔く国会議員を辞すべきだ。
 公職選挙法に後藤秀友は「少し問題がある」(Wikipedia「後藤秀友」の項参照)とほざいている。この後藤秀友の場合、「熊本3区と比例九州」では5年間立候補できないが、他の選挙区、他の選挙では堂々と立候補できることだ。問題があるとすれば、連座制で辞めた議員には、5年間の『公民権停止』にされていない点だと私は考える。
 それにしても、民主党の上から下っ端まで『政治とカネ』にまみれていることだけは、この事件で如実に示したと私は思う。(No.2670)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少女時代(ソニョシデ)がマジで日本にやってくる

日本進出の少女時代、レギュラー番組途中降板へ
 日本進出を控えた人気グル―プ少女時代が、ソヒョンが出演中のMBC『私たち結婚しました2』を除く全ての出演番組を降板した。所属事務所が30日発表した。
 ティファニーとユリがMCを務めるMBC『ショー!音楽中心』は31日放送分を最後に降板の予定。テヨンもレギュラー出演中の『キム・スンウの乗勝長駆』の降板が決まり、現在日程を調整中だ。
 少女時代は8月25日に有明コロシアム(東京都江東区)でショーケースを開催し、9月にユニバーサルミュージックのナユタウェイヴ・レコーズから日本初シングルをリリースする。キム・ジヨン記者(以上(STARNEWS/朝鮮日報日本語版2010/07/30 10:39:53)より引用)
http://www.chosunonline.com/entame/20100730000032

 少女時代のショーケースは、日本への顔見世興行ぐらいだと思っていたが、レギュラー番組を途中降板してやってくる所を見ると、本気で日本を足がかりにアジア・世界を目指す気のようだ。
 何よりも韓国版ではなく、日本版のCD、DVDが入手できるのが嬉しいし、韓国語も英語も理解できないのに、カーペンターズやビートルズを聴いていた頃を思い出せば分かるように、音楽は言葉の壁を越えた、共通の感動を与えてくれるものだ。
 追っかけをして『テヨン』、『ユナ』等と叫ぶ歳ではないが、これからの日本での活躍が期待できて嬉しい。と言っても、テヨンとユナしか顔と名前が一致しないのが、ちょっと寂しい。(No.2669-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おねだりはブログでほざく独裁者

阿久根市長、また専決処分 副市長の給料4割カット
 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は30日、専決処分により8月2日付で副市長に就任させる元愛媛県警巡査部長、仙波敏郎(せんば・としろう)氏(61)の給料を前任者の6割とする条例改正を専決処分で行った。併せて教育委員会の委員長など非常勤の5ポストの月額報酬(3万~5万円台)を日当1万円に統一する条例改正も専決した。
 副市長職は竹原氏が2008年8月に初当選した直後から空席になっていた。今回の改正で給料は約63万円から約38万円になる。仙波氏は警察の裏金問題を現役の警察官として初めて実名で告発。「行政や公金の使途の監視に厳しい人物」と評価した竹原市長が25日に専決処分で副市長に任命した。仙波氏自身が給料カットを望んでいたという。
 非常勤役職の報酬改正対象は教育委員長と委員、選挙管理委員長と委員、監査委員(市議選出分)の5ポスト。このうち監査委員は民間と市議から1人ずつ選ばれているが、民間の監査委員の報酬(月額約9万円)には手をつけなかった。議会からは竹原市長と対立する市議が選ばれており、月額5万1100円を日当1万円にした。(以上(朝日新聞2010年7月31日17時2分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/0731/SEB201007300073.html

 竹原信一が、副市長の給料を前任者の4割カットで約38万円も支払うことを今度も専決という汚い手段で決めた。どうせやるなら、副市長も市長も日当1万円にすれば、不満もまだ減ることだろう。
 それよりも、竹原信一は、ブログ「さるさる日記」(URL:http://www5.diary.ne.jp/user/521727/)で赤潮被害のことをほざいているが、この時だけは、お国に援助を求めている。しかし、私としては、民主主義を否定し独裁政権を続けている阿久根市に、国民の血税を垂れ流さなければならないのか、その理由が分からない。口蹄疫と赤潮による養殖漁業とは同じように保護されて然るべきだと思うが、阿久根市は別だと私は考える。竹原信一が、養殖業者への補償を国に求めるのならば、専決で決めた補正予算の中で、自分の行った悪行を続けるために組んだ訴訟費用をまず、補償に当てて、訴訟費用は竹原個人の趣味の世界なので、自腹でやるようにしたらどうだ。
 民主主義の通用しない阿久根市に対して、政府は、民主主義が回復するまで一銭も血税を投入すべきではない。独裁者である阿久根市長が全て対応すれば良いことだ。(No.2669)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »