« 何もせぬ副大臣が謝罪する | トップページ | 大敗をしても減らない亀の口 »

前総理三面記事でまたブレる

鳩山氏が引退表明いったん撤回、結論は来春に
 鳩山前首相は17日、北海道苫小牧市で開いた自らの後援会の会合で、6月の首相辞任時の引退表明をいったん撤回し、2011年春の統一地方選の頃まで結論を先送りする考えを示した。
 鳩山氏は辞任表明した6月2日、首相官邸で記者団に、「次の衆院選には出馬しない」と明言した。鳩山氏は17日の会合で、「首相経験者が(国会議員に)あまり長くとどまるべきでない」と持論を述べる一方、「後援会に相談せずに結論を出そうとしたことに対して、あまりにも唐突だと(批判された)。今日は結論を出すつもりはない。国益に資する自身の身の振り方を考えたい」と語った。
 さらに、北方領土問題やアイヌ問題の解決に意欲を示し、「(国会議員の)バッジを外した方がやりやすいのか、やりにくくなるのか。来年の統一地方選の頃を一つの目安に、(後援会の)話を聞きながら対応を決めたい」と述べた。(以上(2010年7月17日20時05分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100717-OYT1T00728.htm

 総理辞任時には、次期総選挙には出馬をしないとほざいていた鳩山由紀夫が、一転して出馬を示唆するようなことをほざきだした。
 「総理を辞めた者は国会議員に留まるべきではない」と言う考え方には賛同をしていたが、一転して、森喜朗、安倍晋三、福田康夫、麻生太郎と言う国賊と同レベルまで、鳩山由紀夫は堕ちたと言っても過言ではあるまい。「国益に資すること」は、双六の上がりまで行った者は、政界を去り次の世代に政治を委ねることではないだろうか。
 過去の栄光に未練を残して成仏できず、永田町の自縛霊がまた増えそうだ。(No.2655)

|

« 何もせぬ副大臣が謝罪する | トップページ | 大敗をしても減らない亀の口 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

老害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/48904952

この記事へのトラックバック一覧です: 前総理三面記事でまたブレる:

« 何もせぬ副大臣が謝罪する | トップページ | 大敗をしても減らない亀の口 »