« W杯タコ占いで盛り上がる | トップページ | 見解が党と総理でまたねじれ »

ついに出た菅の本音で逃げる票

政治とカネ・普天間、首相「心配かけたが、クリアした」
 菅直人首相は10日午前、福井県坂井市の街頭演説で「政治とカネとか普天間(飛行場移設)のことで少し心配をおかけしたが、それもクリアした」と述べた。両問題は「解決した」とは言い切れないだけに、「終止符宣言」は波紋を広げそうだ。
 政治とカネ問題は依然として野党側が追及の構えをみせ、普天間問題は8月末の移転先工法などの決定を控えて地元から合意を取り付ける見通しは立っていない。
 また、首相は自身の消費税発言を巡る報道について「財政破綻(はたん)に陥らないため税制について議論する必要があると言った。そうしたら翌日の新聞が『菅直人が明日から消費税を上げるんじゃないか』と書いた」と釈明。「次の総選挙まで1円も上げない。このところだけ外して報道が流れた」と不満を漏らした。(朝日新聞2010年7月10日12時16分)より引用)
http://www2.asahi.com/senkyo2010/news/TKY201007100170.html

 ついに、何も深く考えることにできない菅直人から、『政治とカネ』『普天間問題』をクリアしたと本音が出たと言っても良いだろう。
 政治とカネ、鳩山由紀夫も小沢一郎も国会で一切事実関係を明らかにしていないのに、何を持ってクリアしたのか、これ以上、臭いものには蓋をしたいのだろうか。また、普天間問題も、鳩山がぐるぐる回しにして辺野古沖に戻しただけで、アメリカの了承は得ても、地元の了解は取れていない。菅直人は、沖縄県民を無視して、鳩山の作った既成事実を元に、強引に辺野古沖への移設を強行するつもりだろうか。政治屋ならば、地元が反対しようとも『強制執行』というあくどい手でも使おうと言うのだろうか。
 それとも、消費税と同じようにマスコミが悪いと責任転嫁するだけだろうか。「何を」クリアしたのか、主語の無い日本語で、後から何か言い訳をする気だろうか。どちらにしても、このまま菅直人に総理をやらせても何も良いことは無さそうだ。それを国政に反映できるのは、明日限りだ。(No.2647-2)

|

« W杯タコ占いで盛り上がる | トップページ | 見解が党と総理でまたねじれ »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/48841451

この記事へのトラックバック一覧です: ついに出た菅の本音で逃げる票:

« W杯タコ占いで盛り上がる | トップページ | 見解が党と総理でまたねじれ »