« 辻元で郵政案が露と消え | トップページ | 法相を続けるためにした署名 »

難問に顔を背ける菅直人

菅首相、北方領土元島民の孫らに会わず
 北方領土の元島民の孫ら中学生7人が27日、領土問題の早期解決を訴えるため、首相官邸を訪れた。
 例年は首相が面会するが、今年は菅首相ではなく、仙谷官房長官が応対した。中学生からは「2秒でもいいから首相に会いたかった」「首相に思いを伝えたかった」という声が出た。
 北方領土に関する中学生の表敬訪問は1971年から、93年を除いて毎年行われている。首相の代わりに官房長官らが対応したのは、海部内閣の組閣当日に重なった89年、イラクのクウェート侵攻直後だった90年、安倍首相(当時)が参院選で全国遊説に出ていた2007年の3回だけだ。
 内閣府によると、菅首相は「日程上困難だ」として対応しなかった。しかし、中学生の訪問時には執務室にいて、来客はなかった。(以上(2010年7月27日22時28分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100727-OYT1T00895.htm

 これまでの総理で、特別なことがない限り「北方領土の元島民の孫ら」の官邸訪問には、総理自ら面会していた。
 しかし、選挙管理内閣総理大臣菅直人は、執務室にいながら会おうともしなかった。これは、菅直人は『北方領土』問題について解決しようという意志もないことを明確に示した行為だ。『北方領土』問題は、一朝一夕に解決できる問題ではないことは、日本国民誰でも知っている。だが、菅直人のように露骨に難問から顔を背けた総理はいない。きっと、拉致問題の予算消化のために、金賢姫元死刑囚を呼んで、拉致問題解決に全力を尽くしていると国民は理解し、内閣支持率も上がる予定だったに違いない。今の菅直人は、着実に小さなことから対応するのではなく、一発逆転ホームランしか狙うしか、九月の民主党代表選で勝つ可能性が無いと思っているのだろう。
 ナルシストに総理をやらせるとこんなものかというのが、よく分かる菅直人だ。余計なことをせずに、一日も早く辞めて欲しいものだ。これで、言われた者の気持ちが少しは分かるかも知れない。(No.2665-2)

|

« 辻元で郵政案が露と消え | トップページ | 法相を続けるためにした署名 »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/48996899

この記事へのトラックバック一覧です: 難問に顔を背ける菅直人:

» 写真点描・札幌花物語 15 [つき指の読書日記by大月清司]
 札幌の地下鉄、とても静かなんですよ。他の大都会のそれは、金属のレールと車輪で電車が走りますでしょ。キーンという耳障りな音がカーブなどで、嫌な感じを受けますよね。 ここ... [続きを読む]

受信: 2010年7月30日 (金) 21時43分

« 辻元で郵政案が露と消え | トップページ | 法相を続けるためにした署名 »