« 独法が口蹄疫で恩を売る | トップページ | 行列と女工哀史のiPad »

福島をやっと蹴り出す時遅し

鳩山首相、福島消費者相を罷免
 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題を巡る政府の対処方針について、鳩山首相は28日夜、臨時閣議での署名を拒否した社民党党首の福島消費者相を罷免した。
 福島消費者相は同日、移設先を米軍キャンプ・シュワブがある「沖縄県名護市辺野古」と明記した日米共同声明について反発する一方、自発的辞任は否定していた。(以上(2010年5月28日19時59分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100528-OYT1T00955.htm

 連立内閣内の獅子身中の虫だった福島みずほが、ようやく蹴り出された。
 署名はしないが、大臣は辞めないなどふざけたことも『友愛』の精神で通るのかと思ったが、流石に鳩山由紀夫も堪忍袋の緒が切れたようだ。ここまで、揉めるのであれば、参議院の過半数が、社民党抜きでも取れるようになった時点で、社民党ごと蹴り出しておけば良かったのだ。社民党は、福島が罷免されても与党内に残ろうなどと言うふざけた考えもあるだろうが、早く日本から消えて欲しい。
 しかし、鳩山の決断は、遅すぎたようだ。社民党の冥福を祈る。(No.2616)

|

« 独法が口蹄疫で恩を売る | トップページ | 行列と女工哀史のiPad »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/48480175

この記事へのトラックバック一覧です: 福島をやっと蹴り出す時遅し:

« 独法が口蹄疫で恩を売る | トップページ | 行列と女工哀史のiPad »