« 社民党消えて下さい国のため | トップページ | 機密費はいくら欲しいか社民党 »

物事の順序も知らぬ宇宙人

首相と沖縄知事の会談要旨
 鳩山由紀夫首相と仲井真弘多沖縄県知事の23日の会談要旨は次の通り。
 知事 (米軍普天間飛行場の県内移設方針に)県内では大変な失望感が出ている。
 首相 国内、日米間で協議を重ねた結果、代替地は県内、(名護市)辺野古付近にお願いせざるを得ない結論に至った。断腸の思いで下した結論だ。東アジアの安全保障環境に不確実性がかなり残っている。在日米軍の抑止力を低下させてはならない。海兵隊のヘリ部隊を切り離して県外へ移設すると、その機能を大幅に損なってしまう。
 私自身の「できる限り県外」という言葉を守れなかったこと、県民に大変な混乱を招いたことに心からおわびを申し上げたい。米軍の訓練をできるだけ県外に移し、沖縄の負担と危険性の除去の実を上げることは大変大事だ。27日に全国知事会議で、沖縄の負担を全国で受け止めてもらうよう協力をお願いしたい。
 従来の日米合意をもっと広げた負担軽減のパッケージで合意するため、今、懸命に協議しているところだ。航空機の騒音軽減策、(海兵隊の)グアム移転と嘉手納以南の米軍施設・区域の返還促進、環境面での協力、ホテル・ホテル訓練区域の一部解除を協議のテーブルに載せている。
 知事 辺野古沿岸移設は大変遺憾で、極めて厳しい。衆院選以来の民主党の公約に近い表現、首相の発言も含めて、「県外・国外」との県民の熱い思いが非常に高まっていて、落差が大きい。時間をかけて説明と納得のいく解決策を出してもらうしかない。
 首相 厳しいことは十分理解している。できる限り訓練などの負担を県外に求めるよう、これから積極的に行動したい。(以上(時事ドットコム2010/05/23-14:59)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010052300097

 発言がその場凌ぎでころころ変わった鳩山由紀夫は、結局、辺野古沖に普天間飛行場の移転先に決めた。
 しかし、物事を決めるには順序がある。アメリカは基地移転問題において、地元の了解も得ることとしていたが、鳩山は、アメリカの了解を先に取り付けた上で、のこのこと沖縄に出向いて、初めて辺野古沖という案を出した。これでは、本末転倒だ。打診するのであれば、まず、地元であろう。これでは、鳩山はアメリカ合衆国日本州州知事に過ぎない。まだ、余計なことを言わずに、自民・公明案を進めた方が良かったことは、誰の目にも明らかだ。米軍の抑止力も知らずによく政治屋をやってきたものだ。無知無能の権化である鳩山の個人の発言である「できる限り県外」とその時には思ったのだろうが、余りにも発言が軽すぎた。小泉純一郎の公約違反時の「これ位大したことではない」発言よりも、もっと罪は重いと私は感じる。選挙後に、あれは公約ではないとか、ほざくのであれば、国民を民主党代表として騙した詐欺事件だ。
 国民を欺いた鳩山由紀夫に残された道は、国会会期終了時に、衆議院も解散し、衆参同時選挙を行い、もう一度国民に信を問うことだ。もうこれ以上、国民を騙すのは止めて欲しい。もう一度国民に信を問うて、それで信任されるのであれば、黙るしかあるまいが。(No.2612)

|

« 社民党消えて下さい国のため | トップページ | 機密費はいくら欲しいか社民党 »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/48437523

この記事へのトラックバック一覧です: 物事の順序も知らぬ宇宙人:

« 社民党消えて下さい国のため | トップページ | 機密費はいくら欲しいか社民党 »