« 機密費はいくら欲しいか社民党 | トップページ | 農相は宮崎県を避けている »

罪もない牛には死刑押し通す

「理解を」「失敗なのに」 種牛49頭の殺処分で閣僚
 口蹄こうてい疫問題で、家畜伝染病予防法に基づき、宮崎県の種牛49頭を殺処分するとの政府方針に、東国原英夫ひがしこくばる・ひでお知事が反対していることについて、25日の閣議後の記者会見で閣僚から意見が相次いだ。
 宮崎県出身の福島瑞穂消費者行政担当相は「宮崎の大事な牛なので知事の意見も分かるが、口蹄疫をどうやって撲滅し封じ込めるか。忍びないが、殺処分して埋却を急がなければならない現状を理解していただくしかない」と語った。
 中井洽防災担当相(国家公安委員長兼務)は、県などが、エース級の種牛の隔離に失敗しながら感染拡大防止の努力で国に協力していない、と批判。エース級6頭(うち1頭は既に殺処分)の扱いについて「(複数の牛を)同じトラックで運び同じ牛舎に入れた。これで失敗したから残りを何とか(してくれ)というのは違う」と指摘。つらい気持ちは分かるとしながら「知事さん、そんなこと言っちゃあいかんな」と批判した。
 長妻昭厚生労働相は「政府、内閣を挙げて取り組んでいる話なので、ご理解いただくよう話を続けていくことになる」、千葉景子法相も「さまざまな調査や法律などを踏まえ、政府全体として方向性を出している。その判断を私も是とする」と語った。
 東国原知事は24日「種牛は日本の畜産の大切な財産。残してもらう方向で考えたい。法自体、実態にそぐわないところがいっぱいある。法ですぱっと切るだけでは、社会が動かない部分がある」と話していた。(以上(中国新聞'10/5/25)より引用)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201005250240.html

 閣僚は、口蹄疫に対して、よくもこのような他人事を言えるものだと感心する。
 まず、福島みずほ。おそ松こと赤松農相が外国に遊びに行った間、なぜなったのか知らないが農相代行を担っており、口蹄疫がここまで拡がったのは、自分が何もしなかったからだと言う認識すらない。来る参議院選挙も、出身地の宮崎選挙区では、社民党党首であろうとも当選する見込みがないから、比例区に逃げ込んでいる。今回の発言が本心ならば、参議院選挙は宮崎選挙区から立候補して、民意を感じて欲しいものだ。地元宮崎の特産品を守ると言う意識があれば、このような他人事のような発言はしないだろう。また、このような状況の中で、デモンストレーションとして沖縄訪問している暇がある不思議な奴だ。
 中井人災大臣は、この口蹄疫の問題が、政府の対応の遅さによる人災であることを考えると、宮崎県が必死に考えている善後策にとやかく言う立場ではあるまい。地元産業を何とか守ろうとするのが、県知事の仕事だ。永田町でのほほんとしている奴が、口を挟むべきではない。
 新型インフルエンザを水際でとほざいて、防護服で格好だけ付けてウイルス対策では、無意味であったことを実証した前科者の厚生労働省を率いた長妻も、「人間に感染しなければ我構わず」の態度を許せない。実際はノウハウなど皆無かも知れないが、「厚労省のウイルス対策のノウハウを伝えたい」ぐらい言ったらどうだ。
 一番酷いのは、千葉景子だ。凶悪犯罪者の死刑執行に速やかに署名をしないと言う違法行為を大臣就任から続けている法相が、法律云々を振りかざすだけ、ご立派な人格なのだろうか。ザル法の厳密適用よりも、弾力的な法の運用が出来ない奴が法相の椅子に座っていること自体、犯罪行為だ。罪のない種牛には死刑宣告する癖に、凶悪犯罪者で刑が確定した者を刑の執行が今日か明日かとびくびくしながら、刑務所に収監された人間の人格をどう考えているのか。
 宮崎県の口蹄疫は、このような閣僚の方々によって引き起こされた人災だ。種牛は、今考えることのできる最善の手段を講じて、他に伝染しないようにして感染が確認されるまでは、ワクチンを打つなどして、一頭でも多く生き残るようにすべきだ。(No.2614)

|

« 機密費はいくら欲しいか社民党 | トップページ | 農相は宮崎県を避けている »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/48456041

この記事へのトラックバック一覧です: 罪もない牛には死刑押し通す:

« 機密費はいくら欲しいか社民党 | トップページ | 農相は宮崎県を避けている »