« 大学院傍で見るより楽じゃない | トップページ | メンツだけ守り無能な公安部 »

常識を求めてみても宇宙人

こんな時期に?首相、夫人とプライベート旅行
 鳩山首相は27日、静養のため幸夫人とともに千葉県鴨川市のリゾートホテルを1泊2日の予定で訪れた。
 プライベートで東京を離れて外泊するのは昨年9月の就任以来初めて。
 首相は同日午後に公邸を車で出発し、同日夕にホテルに到着。宿泊客から握手や写真撮影を求められると気軽に応じ、リラックスした様子で、ホテル内の売店で買い物をしたり、ガラス細工の工房を見学したりして過ごした。
 ただ、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で政府案の取りまとめ作業が大詰めを迎えており、首相周辺からも「この状況で夫人と旅行なんて理解できない」との声が出ている。(以上(2010年3月27日22時38分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100327-OYT1T00793.htm

 自称宇宙人こと鳩山由紀夫に、常識を求めること自体無意味なことだ。
 普天間移転問題にしても、国民、特に移転先と目される地域に何の説明も無しに、岡田外相には、アメリカへの説明に行かせた。『政治とカネ』にしても、鳩山は日本語の『説明責任』と言う言葉を理解できないのか、自分のことは棚に上げた上で、小沢、小林に関しては、自分で進退を決めることだとほざいている。宇宙人というものは、自責の念も無いのだろうか。自民党政権でも、ここまで話をこじらせながら、役職や議員バッジに執着した政治屋は居ないように感じる。また、亀の放し飼いもいい加減にして欲しいものだ。金融行政の大きなウエートを占める法案を電話如きで、「言った」「言わない」など、亀井にほざかしている管理責任を自覚すべきだろう。
 一切説明をしないで以心伝心・テレパシーで国民は、納得しろと言う方がおかしい。母親献金の1か月のお小遣いで、何年も生活しなければならない庶民の感覚を理解しろと言う方が、むしろ無理なのかも知れない。内閣支持率が下がるのも当然のこと、宇宙人感覚で、森喜朗の消費税率程の支持率を塗り替えるギネス物の内閣支持率の低下まで、何も感じないのかも知れない。(No.2562)

|

« 大学院傍で見るより楽じゃない | トップページ | メンツだけ守り無能な公安部 »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/47933900

この記事へのトラックバック一覧です: 常識を求めてみても宇宙人:

« 大学院傍で見るより楽じゃない | トップページ | メンツだけ守り無能な公安部 »