« 平成の龍馬気取りに無いビジョン | トップページ | 仮免を忘れて舵を取る小沢 »

ただのオバさんにイ・ソジンが来るものか

幸夫人がまた韓流スターと夕食…首相は「妻のプライバシーは遠慮したい」
 鳩山由紀夫首相は19日、幸夫人が17日に韓国の人気俳優、イ・ソジン氏を首相公邸での夕食に招き、自身も加わったことを明らかにした。夫人はイ氏の熱烈なファンで、首相も就任前後から計4回、一緒に面会。首相周辺からは「特定の外国の人とばかり会うのは誤解を招きかねない」と懸念する声が出ている。
 韓国紙の報道によると、幸夫人は天ぷらなど手料理を振る舞い、イ氏から民族衣装のチマ・チョゴリを贈られたという。首相は稲盛和夫内閣特別顧問らとの会食後に加わった。
 首相は19日夜、記者団に「私が帰ったときにお開きになった」と述べた上で「これ以上、妻のプライバシーにかかわること(への言及)は遠慮したい」と語った。
 イ氏は、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与を求める在日本大韓民国民団(民団)の広報大使も務めている。(以上(MSN産経ニュース,2010.3.19 21:33)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100319/plc1003192135029-n1.htm

 日本のトップ夫妻が、これほど世間離れした考え方をしているのかと呆れ返った。
 そもそも、イ・ソジンが『ただの韓流ファンのおばさん』の所に訪問して、手料理を食べるなどと言うことがあるだろうか。鳩山由紀夫は、このイ・ソジンの訪問を「プライバシー」とほざいているが、ファーストレディーだからこそわざわざ来たのではないだろうか。総理とファーストレディーは、24時間公人ではないのだろうか。イ・ソジンの訪問の目的は、記事に書かれている通りだと思う。そうすれば、プライベートとかで済ませられる問題ではない。
 鳩山は、『政治と金』でお詫びをしながらも、母親献金については、何も説明をしていない。これも、プライバシー位にしか思っていないからだろう。
 公私混同しても、プライバシーとほざく夫婦が、官邸の改装に莫大な血税を垂れ流した。財源がないと言う時代に、自分だけは別、金銭感覚の麻痺した総理と夫人では、先が思い遣られる。(No.2555)

|

« 平成の龍馬気取りに無いビジョン | トップページ | 仮免を忘れて舵を取る小沢 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

韓流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/47874602

この記事へのトラックバック一覧です: ただのオバさんにイ・ソジンが来るものか:

« 平成の龍馬気取りに無いビジョン | トップページ | 仮免を忘れて舵を取る小沢 »