« ゴキブリも野生動物です署長 | トップページ | 老人のエゴが逆走する恐怖 »

剛腕を表に出せぬ脛の傷

融資手続きに小沢氏関与 陸山会の土地購入直後
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」が2004年10月、東京都世田谷区の土地を購入した数時間後、小沢氏が関与する形で都内の金融機関から4億円の融資を受けていたことが10日、関係者への取材で分かった。融資手続きの際、陸山会側から小沢氏署名の関連書類が提出されたという。
 当時事務担当だった元私設秘書の石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=は東京地検特捜部の任意聴取に「陸山会の手持ち資金が不足していたため、小沢先生から借り入れた4億円で土地を購入した」と説明。土地購入を04年政治資金収支報告書ではなく、05年収支報告書に記載したことを認めている。
 特捜部は、土地購入費の原資を金融機関からの融資金に見せ掛けようとしたとみて、石川氏をあらためて聴取するとともに、小沢氏に対する参考人聴取で自身の認識や、同額の融資を受けた目的などについて説明を求める見通しだ。
 土地購入費について、石川氏は「借り入れたのは、先生のたんす預金だったと思う」と供述しているが、特捜部は建設業界からの献金の一部が含まれている可能性があるとみている。(以上(2010/01/10 20:35【共同通信】より引用)
http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010011001000464.html

 独裁者を呈している小沢一郎だが、脛の傷が痛くて表舞台には出て来られないようだ。
 庶民の生涯収入を越えるカネを誤魔化そうとしているのだから、表に出た以上隠すことは無理だろう。そして、内閣支持率の足を引っ張っているのも小沢一郎だ。やましいことをしていないのであれば、一日も早くマスクを外して、事実を国民に明らかにすべきだろう。そうした上で、剛腕を奮うのならば分かるが、陰で強引なことをしても、民主党が空中分解するだけだと思う。
 政治屋とカネの問題は、政治屋に何時もつきまとうものだ。何しろ、それを取り締まる法律を作るのも政治屋だ。巧妙な逃げ道を付けて立法化する能力にだけは、長けているようだ。(No.2486)

|

« ゴキブリも野生動物です署長 | トップページ | 老人のエゴが逆走する恐怖 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/47260779

この記事へのトラックバック一覧です: 剛腕を表に出せぬ脛の傷:

« ゴキブリも野生動物です署長 | トップページ | 老人のエゴが逆走する恐怖 »