« 天下り霞ヶ関の落ちこぼれ | トップページ | 献金に触れたくはないお坊ちゃま »

DNAの捏造ならば科警研

「曹操の墓」真がん論争沸騰…DNA鑑定論も
 【北京=佐伯聡士】中国河南省文物局が12月27日、「三国志」の英雄、曹操の陵墓を確認したと発表したことを受けて、学者や三国志ファンらの間から、「ニセモノではないか」との疑問の声が上がり、論議が沸騰している。
 文物局は、陵墓は曹操のものだと主張し、全国重点文物保護の対象として申請する方針を表明するなど疑念の払拭に躍起だが、論争はなお続きそうだ。
 中国紙によると、文物局は、曹操を指す「魏武王」の銘文がある石牌が発見されたことが、曹操の陵墓であることを示す有力な根拠だとしている。だが、懐疑的な学者らは、「魏公や魏王ならわかるが、魏武王という呼称はおかしい」「証拠品は、盗掘者から押収されたものだ」などの声が相次いだ。
 文物局は12月31日の記者会見で、「銘文入りの石牌8つのうち盗掘者の押収物は1つだけで、残りはすべて発掘、出土したもの」と批判に反論。さらに、専門家が検証した結果、「石碑は、質や構造から見ても、盗掘者が偽造できるものではない」と強調。「魏武王」の呼称についても「当時の歴史背景に合致している」と説明した。
 一方、墓から出土した男性の遺骨と曹操の子孫のDNAを鑑定して慎重に確認すべきだとの意見も出ているが、文物局は「遺骨の保存状態が悪く、鑑定は技術的に難しい」としている。(以上(2010年1月4日18時40分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100104-OYT1T00816.htm

 三国志の英雄である曹操の陵墓とされる墓が発見された。しかし、その真贋論争に、DNA鑑定まで飛び出している。
 そこで、中国河南省文物局に入れ知恵したいのは、もし、DNA鑑定をするのであれば、その捏造により足利事件という冤罪まででっち上げた実績のある警察庁の科学警察研究所に依頼することをお薦めする。どのような鑑定の捏造でもできる実績と共に、その鑑定の捏造も決して認めない口の堅さには定評がある。そして、その捏造が明らかになっても責任を有耶無耶にするだけのいい加減さも加味している。
 もし、曹操のDNAと鑑定して欲しければ、是非とも、日中友好にも役立つ科学検察研究所に依頼すれば、期待する鑑定結果を出してくれると私は確信している。(No.2480)

|

« 天下り霞ヶ関の落ちこぼれ | トップページ | 献金に触れたくはないお坊ちゃま »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/47204428

この記事へのトラックバック一覧です: DNAの捏造ならば科警研:

« 天下り霞ヶ関の落ちこぼれ | トップページ | 献金に触れたくはないお坊ちゃま »