« 友愛の私情で包むのが総理 | トップページ | 指揮権を使えば民主もう終わり »

世論さえ無視して守る幹事長

内閣不支持44%、初の逆転 小沢氏続投に反対73%
 共同通信社は小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件を受け、17、18両日、全国電話世論調査を実施した。それによると、鳩山内閣を「支持しない」との回答は前回調査(10、11両日)から10・9ポイント上昇し44・1%で、「支持する」の41・5%を上回った。昨年9月の鳩山内閣発足後の調査で、不支持率が支持率を逆転したのは初めて。前回は支持率50・8%、不支持率33・2%だった。
 秘書を務めていた衆院議員の石川知裕容疑者らが逮捕された小沢氏の進退に関しては「幹事長を辞めるべきだ」「議員辞職すべきだ」の合計が73・3%に上り、鳩山由紀夫首相が容認した小沢氏続投に反対する回答が大半を占めた。
 今夏の参院選比例代表での投票先を尋ねたところ、民主党28・4%、自民党24・7%の小差。小沢氏や首相の政治資金問題が参院選に影響するかどうかについては「影響がある」と「ある程度影響がある」の合計が89・5%だった。
 土地購入をめぐるこれまでの小沢氏の説明については「納得できない」が86・0%で、「納得できた」は6・3%にすぎなかった。(以上(2010/01/18 16:25【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010011801000470.html

 大体どこの世論調査も同じようなものだが、小沢一郎の説明に対して納得していない国民が大多数ということは、共通点であり、そのために内閣支持率も下がっている。
 もう少し、谷垣自民党がしっかりしていれば、再度政権交代と言うこともあろうが、我々に政権が戻れば、このようにすると言う党の方針がまるで見えないのが、民主党にとって助け船となっている。西松建設事件で、代表から幹事長に天下りした小沢一郎だが、一旦幹事長を辞して、75日経ったら幹事長代理だろうがなんだろうが、肩書きに関係なく動ける人だから、もう少し頭を使ったら、収まりも早かったろうが、通常国会までもつれ込んだことにより、国会でどのような論戦が繰り広げられるのか楽しみになってきている。これだけ、民主党のお家騒動がありながら、参院選比例代表では、まだ、自民党よりも民主党の支持率が高いことは、如何に、谷垣自民党がへなちょこかを如実に表していると感じる。
 次期参議院選挙では、国民に究極の選択をさせないように、民主党、自民党は国民目線で、真っ向から議論を尽くして欲しい。民主党の糞の社民党と国民新党は、一日も早くこの世から無くなることを切にお願いする。(No.2494)

|

« 友愛の私情で包むのが総理 | トップページ | 指揮権を使えば民主もう終わり »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/47329541

この記事へのトラックバック一覧です: 世論さえ無視して守る幹事長:

« 友愛の私情で包むのが総理 | トップページ | 指揮権を使えば民主もう終わり »