« 二番目でなくてもできる世界一 | トップページ | 地震学者たまに当たれば大騒ぎ »

NHK甘えさせずに民営化

受信料収入伸び悩み、連続赤字…NHK予算案
 NHKの福地茂雄会長は13日、2010年度の収支予算案と事業計画を原口一博総務相に提出した。
 受信料収入は過去最高の6550億円を見込むが、3か年経営計画(09~11年度)で想定していた6640億円に比べると90億円少なく、同計画に明記した「12年度からの受信料10%還元」に“黄信号”がともる形となった。
 受信料収入が伸び悩んでいるのは、免除対象となる生活保護世帯が不況の影響で増加していることなどが要因。NHKは技術、営業部門の経費を絞り込むが、全体の収入は6786億円(09年度予算比87億円増)、支出は6847億円(同119億円増)となり、赤字額は同計画で見込んだ19億円から61億円に拡大。2年連続の赤字予算となった。
 予算案を議決したNHK経営委員会は同日、「速やかに効果的な施策を打たないと、経営計画で策定した収支構造の実現が困難になる」と懸念を表明した。(以上(2010年1月13日19時40分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100113-OYT1T01089.htm

 赤字だと騒いでいるが、この裏でNHKは、東京の放送会館を1000億円もかけて全面改装しようとたくらんでいる。
 また、この赤字は、NHK本体だけの話で、放送法を避けるために、営利目的で設立された子会社の収益分は含まれていない。いわば、NHK版の埋蔵金だ。受信料10%還元など甘ったれたことを言わずに、地上デジタル化と同時にNHKを民放化して、NHKを見たい人だけが、WOWWOWやCS放送と同じように受信料を支払って見るようにすれば良い。そうして、受信料未納者にはスクランブルをかけてNHKを全く見えないようにすれば、公平な受信料の設定になる。昔から、受像器(テレビ)を持てば、NHKを見ないのに受信料を支払わされると言う悪習が続いてきた。その名目として、全国でNHKのチャンネルが異なっているために、NHKを映らなくする技術がなかった。しかし、地デジ化により、払わぬ者には見せないようにすることが、簡単にできるようになる。
 NHKがどれだけ国民から嫌われているか、NHKはよく分かっているから、絶対にしないだろうが、全国一律にテレビが視聴出来るようにと言うのは過去の大義名分だ。これからは、コンテンツによって放送局が選別されるべき時代だ。
 また、NHKを見ない所帯には、年額2万円以上の減税と同じ効果があり、経済効果としてのNHKの民放化を総務省は考えるべきだ。NHKが1秒間放送するのに2万円もコストがかかること自体、当たり前では済まないことだし、その放送中に、NHKの関連会社が開くコンサートなどのCMを当然のように垂れ流している体質も、民放化とともに変えるべきことだ。(No.2489)

|

« 二番目でなくてもできる世界一 | トップページ | 地震学者たまに当たれば大騒ぎ »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/47290008

この記事へのトラックバック一覧です: NHK甘えさせずに民営化:

» 2010-01-13緊急拡散「参政権阻止の急所!」 〔『水間条項』より転載〕 [【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】]
下記の通り、緊急拡散依頼がまいりましたので転載いたします。※なお皆さまのご参考までに、下記に要請のある「岩手県と栃木県の両県議会へのFAX」文例「民主党新人議員へのFAX」文例   を近日中に公開いたします。よろしくお願い申し上げます。  〔しーたろう〕    ◆◇◆◇◆●今回の強制捜査は、東京地検特捜部が、政権与党最高権力者の事情聴取を決断したとき、最低でも小沢一郎を略式起訴できる証拠固めが�... [続きを読む]

受信: 2010年1月14日 (木) 18時46分

« 二番目でなくてもできる世界一 | トップページ | 地震学者たまに当たれば大騒ぎ »