« 政権交代秘書が秘書がは変わらない | トップページ | 民主党への要望事項 »

永田町筋を通さぬのが倣い

慶喜「筋通した一生」死去前年の心境を漢文に
 江戸幕府15代将軍の徳川慶喜(1837~1913)が亡くなる前年に記したとみられる漢文の書が、神奈川県小田原市の民家で見つかった。
 人生を振り返り、心境をつづっている。歴史家の松浦玲さん(78)は「慶喜が『理にかなった一生だった』と胸中を表している点で、興味深い」と話している。
 書が見つかったのは、晩年の慶喜を往診していた同市国府津の医師和仁真一さんの孫の敬一さん(61)方の土蔵。
 慶喜の「家扶日記」に、明治天皇崩御前日の1912年7月29日、慶喜の使用人が東京・小石川の本宅から和仁さんに書を送ったとの記載があり、茨城県立歴史館の永井博・首席研究員は「慶喜から贈られたと考えて矛盾はない」としている。
 松浦さんによると、慶喜はこの頃、実業家の渋沢栄一らから取材を受け、重要な事実について回想していた。松浦さんは「大政奉還や鳥羽・伏見の戦いなど自らの生涯を『信念を貫き、恥じるところがなかった』と振り返った言葉だろう」と話している。
 慶喜に詳しい大阪経済大の家近良樹教授(59)(日本近代政治史)は、慶喜が明治時代後半、再評価され公爵となった点を指摘し、「晩年にたどり着いた心境をつづり、今後の指針とすべき言葉として贈ったのだろう」とみている。

 進退周旋必於理合出處行 蔵一以義決  慶喜

 (訳)人間が行動する時、進むべきか、退くべきかのけじめは、必ず理にかなっていなければならない。政治の世界にいるべきかどうかの身の振り方は、ひたすら、筋を通して決めるべきだ。
(以上(2009年12月29日03時07分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20091229-OYT1T00027.htm

 明治維新の江戸城無血開城は、西郷隆盛と勝海舟の会談によって決まったことは、周知の事実だ。
 しかし、その陰に徳川慶喜の存在を忘れてはならない。無血開城後、若かったにもかかわらず蟄居・隠居して、明治政府に従順を示した。今回見つかった漢文を永田町に掲げて、政治家も政治屋もよく言葉を噛みしめるべきだと思う。鳩山由紀夫に欠如していることは『筋を通して決める』ことだ。お坊ちゃまには自分の筋という考え方が無く、誰かに言われればそちらに靡くという無節操極まりない存在だ。大学教授ならばそれでも済むだろうが、一国の総理としては失格だ。ころころ言うことが変わること自体、自分に筋が通っていないことを認識し、余計なことは喋らないことだ。
 小沢一郎が何をほざこうが、総理としてはこうだと言い張るだけの度量を養うことが肝心だ。まして、福島や亀井など「逆らうなら出ていけ」と言わない限り、横柄な態度は収まらないだろう。(No.2476)

|

« 政権交代秘書が秘書がは変わらない | トップページ | 民主党への要望事項 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/47167443

この記事へのトラックバック一覧です: 永田町筋を通さぬのが倣い:

« 政権交代秘書が秘書がは変わらない | トップページ | 民主党への要望事項 »