« 暖冬を強調してる気象庁 | トップページ | 冤罪を正当化する元検事 »

金持ちは屁とも思わぬ億単位

鳩山首相「発言うそなら議員バッジつけている資格ない」
 衆院予算委員会で2009年度2次補正予算案の質疑が21日に始まり、自民党の最初の質問者として谷垣禎一総裁が立った。今国会初の鳩山由紀夫首相との「党首対決」で、谷垣氏は首相が母親から受けた偽装献金事件や、小沢一郎民主党幹事長をめぐる土地取引事件を追及した。
 谷垣氏は冒頭、「総理、幹事長の周辺で起訴や逮捕が相次いでいるのは異様な事態で遺憾だ」と指摘。首相が野党当時に「秘書の行為は政治家の責任」と語ったことについて、「いまどう考えるか」とただした。
 首相は「確かにそのようなことを申した。ただ、(偽装献金で)私腹を肥やしてはいない。国民から政権交代でいままでの政治を変えろと大きな力をお与えいただいた」と主張。母親からの資金提供を知らなかったとする自身の発言が仮にうそだった場合は「(議員)バッジをつけている資格はない」と述べ、議員辞職する考えを示した。起訴された元秘書らへの監督責任については「100%果たしたとは言えない」と語った。
 首相は民主党の松原仁氏の質問には、自身や小沢氏の問題を念頭に「国民に疑いをかけられるのは大変遺憾だ。ご心配、ご迷惑をかけたことをおわびしたい」と陳謝した。(以上(朝日新聞2010年1月21日13時39分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/0121/TKY201001210274.html

 総理は母親からの贈与献金を知らなかったことが、嘘なら議員辞職と『秘書が』から何十歩も発言が後退した。
 一般庶民の年収を大きく超えるお小遣いさえ、知らなかったと言うお方に庶民感覚が、本当に分かるのだろうかと疑問に思えるようになってきた。秘書が逮捕されながら、このような悠長な性格は、お育ちが良いからだろうか。億単位の金さえ把握しなくても良いと言う社会の実現をお願いしたいものだが、国民全員がそのようになれば、お坊ちゃまはその何千倍ものお金を持っているだけだろう。単なる美辞麗句の遣り取りならば、国会の場は、1日1億円の血税の垂れ流しと同じことであるから、与野党共に、その点をよく考慮した上で、実りある国会論戦をやって欲しいものだ。
 私からすると、鳩山由紀夫は議員バッジを付ける資格を既に失っていると思うのだが・・・(No.2497)

|

« 暖冬を強調してる気象庁 | トップページ | 冤罪を正当化する元検事 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/47354634

この記事へのトラックバック一覧です: 金持ちは屁とも思わぬ億単位:

« 暖冬を強調してる気象庁 | トップページ | 冤罪を正当化する元検事 »