« 献金に触れたくはないお坊ちゃま | トップページ | 無駄遣い農水省がまだ懲りぬ »

機密費の味を占めてる民主党

“駆け込み”官房機密費の使途開示求め提訴
 昨年の衆院選から2日後の9月1日に、麻生内閣の官房長官だった自民党の河村建夫衆院議員が支出を受けた2億5000万円の官房機密費について、使途の情報公開を求めた市民団体「政治資金オンブズマン」(大阪市)のメンバーが6日、非開示とした国の決定を不服として、処分取り消しを求める訴訟を大阪地裁に起こした。
 訴状によると、オンブズマン側は昨年10月、政権交代までの約6か月間の官房機密費の使途について開示請求したが、同12月に内閣官房は非開示とした。
 原告弁護団の阪口徳雄弁護士は提訴後に記者会見し、「政権交代が決まった直後に2億5000万円も引き出したのは、機密費の食い逃げとしか言いようがない。裁判では、河村議員を証人申請したい」と話した。
 内閣官房内閣総務官室は「提訴を承知していないのでコメントできない」としている。(以上(2010年1月6日20時46分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100106-OYT1T01146.htm

 自民党政権で、総選挙敗退直後に使われた官房機密費は、きっと総選挙対策に使われたのではないかと推測するのが、一般庶民だ。
 しかし、「政治資金オンブズマン」の開示請求を拒否したのは、民主党の平野博文官房長官だ。官房機密費は、自民党だけではなく民主党にも美味しいお金になっていると言われても仕方あるまい。勝手な邪推だが、国民新党の亀井、社民党の福島が騒ぐ度に、官房機密費から、黙るようにカネが回っているとも推測される。それによって、基本的な方針すら合わない連立が成り立っていると考えてもおかしくはあるまい。
 平野弘文は、早急にこの提訴の内容を精査して、「コメントできない」ではなくて、政権を預かる要の者としての見解を示すべきだ。それでなくても、存在意義の感じない平野官房長官だ。自分にお鉢が回った時ぐらい、まともに対応して欲しい。(No.2482)

|

« 献金に触れたくはないお坊ちゃま | トップページ | 無駄遣い農水省がまだ懲りぬ »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/47222272

この記事へのトラックバック一覧です: 機密費の味を占めてる民主党:

« 献金に触れたくはないお坊ちゃま | トップページ | 無駄遣い農水省がまだ懲りぬ »