« 金持ちは屁とも思わぬ億単位 | トップページ | ロシア人盗むことなら世界一 »

冤罪を正当化する元検事

足利事件再審、元検事は謝罪せず 菅家さん「一生許さない」
 栃木県足利市で1990年、4歳の女児が殺害された足利事件の再審第5回公判は、22日午後も宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で続き、無期懲役が確定した後に釈放された菅家利和さん(63)の取り調べを担当した宇都宮地検の森川大司元検事(62)の証人尋問を実施した。菅家さんは「謝ってください」と直接求めたが、元検事は謝罪に応じなかった。
 閉廷後に記者会見した菅家さんは「絶対謝ってもらいたかったが、謝らなかった。一生許さない」と述べた。
 午後の開廷直後に質問に立った菅家さんは冒頭で「森川さん、わたしは17年半もの長い間、無実の罪で捕まっていました。どう思いますか」と問い詰めた。元検事は「非常に深刻に思っている」と答えるにとどまった。
 「取り調べで全部やってないと正直に話したのに、なぜ弁護士や裁判所に伝えなかったのか」との質問には、不起訴となった女児殺害事件2件の調べの中で、足利事件に触れただけだと主張。「逐一、報告する必要はないと考えた」とした。
 弁護人の質問では、逮捕の決め手となった当時のDNA鑑定について「有力な証拠だと思った」と証言。法廷で再生された取り調べテープは、独自の判断で録音、保存したと説明した。(以上(2010/01/22 22:52【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010012201000560.html

 冤罪をでっち上げた検事でも、冤罪を作った罪は問われない。実際に菅家さんを取り調べた宇都宮地検の森川大司元検事は、謝罪の言葉一つ出すことはなかった。
 人間は全知全能の神ではない。間違いを間違いとしてハッキリしても、その冤罪の根源を作った元検事が、謝罪一つできないとなると、人間性が問われても仕方ないことだ。謝罪すれば、何かの罪に問われるならまだしも、人間として間違いを犯したことについて、心から謝罪した方が、元検事自身も少しは気持ちが晴れたのではないかと思う。謝罪しなかったことを一生背負って残った人生を生きていくのも良かろう。
 この冤罪事件に関わった奴には、もう一人大罪人が、優雅に余生を送っている。それは、DNA再鑑定を行わずに上告を却下した当時の最高裁判所の裁判長だ。こいつも、何も間違っていなかったとテレビ取材では、ほざいている。それならば、なぜ、判断を誤ったのか、法廷で明らかにして欲しいものだ。(No.2498)

|

« 金持ちは屁とも思わぬ億単位 | トップページ | ロシア人盗むことなら世界一 »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/47366454

この記事へのトラックバック一覧です: 冤罪を正当化する元検事:

« 金持ちは屁とも思わぬ億単位 | トップページ | ロシア人盗むことなら世界一 »