« 格付けが本業よりも幅効かす | トップページ | 世論さえ無視して守る幹事長 »

友愛の私情で包むのが総理

鳩山首相:「潔白信じる」小沢氏の続投了承
 鳩山由紀夫首相は16日午後、公邸前で記者団に、同日午前に公邸で行った会談で小沢一郎幹事長から「法に反していることはない。従って、しっかり幹事長職をやり抜く」との発言があったことを明らかにした。その上で「私も小沢幹事長を信じています。どうぞ戦ってください、と申し上げている」と述べ、続投の意向を了承したことを示した。菅直人副総理兼財務相とも公邸で会談し「結束していこうと確認した」と述べた。「幹事長は身の潔白を信じているということだ。そのことを私も信じる」とも述べた。【田中成之】(以上(毎日新聞2010年1月16日13時36分(最終更新1月16日13時37分))より引用)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100116k0000e010061000c.html

 自民党の献金問題を追及した時には、秘書が逮捕されたら議員辞職をするべきだとほざいた鳩山が、私事私情を挟んで小沢一郎の幹事長続投を了承したそうだ。
 このようなことが、身内では許されるなどと考えている総理を選んだ先の総選挙は、期待した国民の負けのように感じる。『友愛』とは、国の大事よりも私事私情を重んじる言葉とは、情けない限りだ。
 信じる信じないは、個人の私情に過ぎない。秘書が逮捕されたと言う事実に対して、どう対処するかが問われていることすら分からない、と言っても、小沢氏の責任追及をすれば、当然、母子献金事件ももっと責任を明らかにしなければならなくなる、これも私情に過ぎない。
 今日からの通常国会が楽しみになってきた。自民党には、これまで鳩山が行ってきた放言を含めて、矛盾を徹底的に追求して欲しい。(No.2493)

|

« 格付けが本業よりも幅効かす | トップページ | 世論さえ無視して守る幹事長 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/47320585

この記事へのトラックバック一覧です: 友愛の私情で包むのが総理:

« 格付けが本業よりも幅効かす | トップページ | 世論さえ無視して守る幹事長 »