« スケベ教師の肩を持つ裁判所 | トップページ | 先生よ吸って下さい国のため »

国民の仕分けも済んでいる久間

久間氏出廷「秋山君に寛大な措置を」 防衛コンサル公判
 防衛商社やメーカーから受け取ったコンサルタント料など約3億1千万円を隠し、約9900万円を脱税したとして所得税法違反などの罪に問われた社団法人「日米平和・文化交流協会」の専務理事・秋山直紀被告(60)の公判が2日、東京地裁であった。8月の衆院選で落選した久間章生元防衛相(68)が弁護側の情状証人として出廷し、「我が国にとって秋山君は貴重な仕事をしてきたし、将来もしてくれるので寛大な措置をお願いしたい」と訴えた。
 大臣経験者が刑事事件の被告側の証人になるのは異例だが、久間氏は「私はそういうのにこだわらない。日本のことを考えて出た」と述べた。久間氏は「公式ルートでは会えないような米国の要人にも、秋山君の個人的な人脈のお陰で会えた」などと証言し、秋山被告が日米安全保障の様々な分野で貢献してきたと訴えた。
 検察側からの反対尋問はなかった。
 これまでの公判で秋山被告は「久間さんが96年に防衛庁(当時)長官に就いてからの付き合い」と述べた。久間氏が同長官を辞めた後も防衛族議員らを招いて日米でそれぞれ年1回ずつ開く「日米安全保障戦略会議」などで行動を共にしていたという。(以上(朝日新聞2009年12月2日16時27分)より引用)
http://www.asahi.com./national/update/1202/TKY200912020242.html

 先の総選挙で、国会議員として不要という選挙民の仕分けを受けた久間が、それまでお世話になった社団法人「日米平和・文化交流協会」の専務理事・秋山直紀被告を弁護したそうだ。
 しかし、この事件でも分かるように、防衛省の予算も3億1千万円無駄に使われていることが明白だ。防衛予算も久間他の防衛族議員に取り憑いたダニを退治すれば、もっと無駄な金が明らかになるはずだ。検察も反対尋問には、9000万円の脱税の中から、族議員にどれだけ金が回ったか、久間がどの位の接待を受けたか、位は聞いて欲しかった。
 選挙民が、久間はもう国会には要らないと判断したのだから、秋山のような中間搾取団体など不要だ。無駄の削減のためにも、裁判所には厳格な判決を望みたい。(No.2448)

|

« スケベ教師の肩を持つ裁判所 | トップページ | 先生よ吸って下さい国のため »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/46919333

この記事へのトラックバック一覧です: 国民の仕分けも済んでいる久間:

« スケベ教師の肩を持つ裁判所 | トップページ | 先生よ吸って下さい国のため »