« 書き物も信用できぬロシア人 | トップページ | 社民党への投書 »

友愛が通じぬ奴を持て余す

「イラ菅」大爆発、2次補正巡り亀井氏に
 2009年度第2次補正予算案に盛り込む新たな経済対策を了承した8日午前の基本政策閣僚委員会で、経済対策の財政規模の拡大を強く求めてきた国民新党代表の亀井金融相に、民主党の菅国家戦略相が怒りを爆発させる場面があった。
 菅氏は、先週末の同委員会への亀井氏欠席によって経済対策の閣議決定が8日にずれ込んだことを批判。そのうえで、日本郵政社長に斎藤次郎・元大蔵事務次官を起用した件を蒸し返し、「事前に聞いてなかった」と不満をあらわにした。
 さらに、「(社民党が重視する)沖縄の(普天間飛行場移設)問題や、(国民新党が望んだ)郵政株式凍結法など、それぞれの党の最重要政策は尊重してきているはずだ」などと怒りをぶちまけたという。
 連立維持を優先し、民主党は社民、国民新両党に配慮を重ねているのに、対する両党は「連立」を盾に要求ばかり――。かつて「イラ菅」と呼ばれた菅氏だけに、堪忍袋の緒が切れたようだ。(以上(2009年12月8日14時00分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091208-OYT1T00659.htm

 ハッキリ言って、民主党に投票した者は、国民新党や社民党のマニフェストを期待して投票したのではない。民主党にチェンジ(政権交代)を託した票だ。それを総選挙で惨敗した党に「友愛」の気持ちで接するのは構わない。
 しかし、民主党の政治に対して、足を引っ張っているのは、与党内野党の国民新党と社民党だ。こいつらの政治を実現するために、民主党に投票したのではないことを鳩山総理は一日も早く気付くべきだ。民主党に投票した者で、このような輩と連立を組むことを予想して投票した者が、どれだけ居るだろうか。国民新党・社民党がしゃしゃり出てくる政権ならば、自民党政権の方が余程かマシだ。国民新党の言っていることは、単に「小泉改革」の反対だけで、今回の補正予算案でも、建設国債というが財布に無い金を1000億円も、旧態依然とした公共事業に注ぎ込むことを決めた。これなら、民主党政権でなくても自民党政権で十分だ。亀井と福島の言いたい放題を放置したことで、総理の指導力が無いとして、内閣支持率も落ちてきている。「俺が政府だ」なんて傲慢なことを思っている奴を内閣に置いておいて、友愛の精神で国民が許すとでも思っているのだろうか。
 今後、社民党・(党としての要件を満たしていない)国民新党もどきが、民主党の政策にいちゃもんをつけて会議を欠席したら、『黙るか、出ていくか、どうするのか』位、鳩山総理は言って欲しい。国民の民主党に対する希望がどんどん萎んでいくのを感じる。それが、民主党の政策ならば仕方あるまい。それを社民党・国民新党のマニフェストを優先してどうするつもりなのか。(No.2454)

|

« 書き物も信用できぬロシア人 | トップページ | 社民党への投書 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/46971845

この記事へのトラックバック一覧です: 友愛が通じぬ奴を持て余す:

« 書き物も信用できぬロシア人 | トップページ | 社民党への投書 »