« 使い道示さぬままに税を課す | トップページ | 発言に責任のない有識者 »

亀鳴くや広島県も東部だけ

蚊帳の外、不満の社・国 「予算でもっと協議を」
 連立与党の社民、国民新両党が、予算編成で「蚊帳の外だ」と不満を募らせている。国民新党が批判していた行政刷新会議の「事業仕分け人」の人選では、国民新党の亀井亜紀子参院議員が新たに加わることで一段落した。だが、両党は12日、年末にかけての来年度予算編成などに一層の関与を求め、相次いで首相官邸側に申し入れた。
 国民新党の亀井静香代表は、菅直人副総理に電話。閣僚の福島瑞穂社民党党首と亀井氏、菅氏がメンバーの基本政策閣僚委員会での協議を求めたという。予算案について「できあがったものを渡されても(判断に)10日かかる」と記者団に語り、年内の予算編成に腐心する首相官邸を牽制(けんせい)した。
 社民党は仕分け人への参加要請を取り下げたが、11日に社国両党を除く政府・民主党首脳会議が開かれたことに反発。重野安正幹事長が平野博文官房長官に、基本政策閣僚委の頻繁な開催を求めた。(以上(朝日新聞2009年11月13日5時50分)
http://www.asahi.com/politics/update/1112/TKY200911120476.html

 たった3人の国民新党の意見を全て民主党政権が、聞き入れること自体、民主主義の原則に反している。
 広島県出身の亀井静香を支持すると言っても、旧国名で言えば、備後の国、広島県の東部の一部だけが、支持しているだけであって、広島県を代表する人間でも何でもない。その証拠に、今回の広島県知事選挙では、亀井が支持した候補者は見事に落選を果たした。亀井に力があるのならば、当選していて当然だろう。広島県ですら、亀井の力は及ばないレベルなのだ。
 郵政民営化反対とほざいているが、西川社長を含めた役員を総入れ替えしただけで、具体的に郵政をどうするのか、次の策が亀井からは何も出てこない。中小企業・住宅ローンのモラトリアムも、具体的な指示は何もせず、金融機関に丸投げしているだけだ。
 亀井静香の名は、100兆円の赤字国債を増やしただけの宮沢喜一に続く、広島出身の無能政治屋として、永遠に名を残すことだろう。鳩山の『友愛』も良いが、バカを大臣に据えても、何も良くならないことに早く気付くべきだ。(No.2429)

|

« 使い道示さぬままに税を課す | トップページ | 発言に責任のない有識者 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

郵政」カテゴリの記事

金融」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/46753169

この記事へのトラックバック一覧です: 亀鳴くや広島県も東部だけ:

« 使い道示さぬままに税を課す | トップページ | 発言に責任のない有識者 »