« 宇宙まで行かないゴミも削り取る | トップページ | 求刑をたまには越える裁判所 »

EVも充電無しで500キロ

電気自動車、充電なしで東京―大阪走破
 電気自動車(EV)を途中で充電せずに東京―大阪間を走り抜く試みに17日、愛好家らでつくる「日本EVクラブ」(東京)が挑戦し、完走した。555.6キロの走行距離は世界記録となる見込みで、同クラブはギネス記録に申請した。
 17日午前3時に東京・日本橋(にほんばし)を出発、高速道路と一般道を乗り継いで同日午後4時26分、大阪市の道頓堀に近い日本橋(にっぽんばし)に到着した。高速では時速80キロ前後で走行したが、同クラブによると、最高速度は理論値で145キロだという。
 車はダイハツ工業の軽自動車ミラを改造した2人乗り。エンジンをモーターに置き換え、単3乾電池より一回り大きな三洋電機製の円筒形リチウムイオン電池8320本を充電したうえで1040本ずつ8パックに分け床下や座席下に載せた。改造は三洋の協力で同クラブが手がけた。
 次世代車として期待されるEVは、電池容量の制約を受け、充電1回で走れる距離がガソリン車より短いことが課題とされている。今回搭載した電池の重さは計360キロに達するが、電池さえ多く積めば長距離も走れることを実証した。車の総重量はもとの4割増の約1060キロ。(和気真也)(以上(朝日新聞2009年11月18日9時30分)より引用)
http://www.asahi.com./car/news/OSK200911170070.html

 自動車の愛好家が集まっても、充電無しで500キロ走破するEV車ができることが実証された。
 その陰には、電池メーカの三洋電機の協力があったことも幸いしていると思う。HV車、EV車と進化していく上で、重要度の増すのが、モータ、電池という電気部品だ。既に大手電機メーカと大手自動車メーカの間では、協力関係の関連図ができる程になっている。もう、実力のある大手電機メーカで自動車メーカと手を組んでいない所は、皆無だと私は思う。段々、自動車メーカは、車体の設計、製造という部門に絞られていく方向だと思う。
 トヨタからHV車の部品供給を断られ、エンジン性能の向上を謳っているマツダだが、大手電機メーカとは提携しておらず、広島県工試等の協力しかアテにできないようだ。水素でたった200キロしか走らないエコカーもどきを広島県・広島市に、2年もすればベンツの最高級車が買える位のリース料で貸し出している。200キロ以上はガソリンを捨てて走るロータリー車に変身する代物だ。これで、広島県はエコカーもどきを省エネのイベントに出して、地元の技術の低さをアピールするらしい。国の助成金と県税を無駄にしたお役人の考えそうなことだ。広島県のアホ役人は、ズバリこの矛盾を指摘してやったが、訳の分からない返事しか返ってこなかった。
 広島の中小企業もいち早く、脱マツダ路線を選択し、一日も早く泥舟から脱出するべきだと私は思う。(No.2434)

|

« 宇宙まで行かないゴミも削り取る | トップページ | 求刑をたまには越える裁判所 »

エコ」カテゴリの記事

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/46797184

この記事へのトラックバック一覧です: EVも充電無しで500キロ:

« 宇宙まで行かないゴミも削り取る | トップページ | 求刑をたまには越える裁判所 »