« 警官が見落とすこともある違反 | トップページ | 文句言う前に当てろよ気象庁 »

民主党人気を嫉む社民党

官僚答弁禁止、福島氏が国会法改正に反対
 福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党首)は14日、日本記者クラブで講演し、民主党の小沢一郎幹事長が官僚の国会答弁を禁じる国会法改正を目指していることについて「表現の自由にリンクする。必要があれば役所が説明するのは当然」と述べ、反対する考えを表明した。「政治主導だから大臣や副大臣が答弁するのは当たり前」とも語ったが、官僚答弁の制限は国会法改正でなく、運用面で対応すべきだとの考えを示した。(以上(朝日新聞2009年10月14日19時45分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/1014/TKY200910140408.html

 福島みずほと社民党の身ほど知らずには、呆れ返るだけだ。
 嫌ならば、今すぐにでも福島みずほの閣僚辞任と社民党の連立脱退をするべきだ。野党時代と同じ気分で政治をされても、民主党を選んだ国民に対して失礼極まる行為だ。気に入らなければ、出ていけば良いことだ。小沢氏は、参議院選挙で安定化半数になっても、連立を続けると仏様のようなことを言われているのに、分からないのだろうか。村山富市よりも硬い脳味噌をした党首では、連立与党という立場さえ弁えていないようだ。
 言論の自由というが、福島は少なくとも閣僚の一人だ。それを弁えて閣内不一致とならないような発言をすることが、民主主義の原点だ。社民党は、日本国民の多数の意見を反映した党ではない。極々極々一部の日本国民の意見に過ぎない。閣僚の発言が、あたかも日本国民の意見の代弁をしていると思っているとしたら、これほど脳天気な党首はいないだろう。(No.2399)

|

« 警官が見落とすこともある違反 | トップページ | 文句言う前に当てろよ気象庁 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/46485971

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党人気を嫉む社民党:

« 警官が見落とすこともある違反 | トップページ | 文句言う前に当てろよ気象庁 »