« セクハラは書かれていないマニフェスト | トップページ | 新聞に載らぬマツダの派遣切り »

尿検査家宅捜索しましたか

泥酔の巡査長、地下鉄で服脱ぎ逮捕 公然わいせつ容疑
 大阪市営地下鉄御堂筋線の車内でズボンをおろしていたとして、大阪府警は府警警備課の男性巡査長(26)を公然わいせつ容疑で逮捕したと22日、発表した。府警によると、巡査長は泥酔して寝込んでいたといい、21日午後9時すぎから同線を約3時間往復していたという。
 府警によると、巡査長は21日夜、同線の車内でズボンなどをひざ上10センチまで下げていた疑いが持たれている。下腹部はシャツで隠れていたという。乗客からの通報を受けた駅員が110番通報した。
 府警によると、巡査長は21日、同課の懇親会に出席し、生ビールの中ジョッキを約10杯飲んだと説明した。ズボンをおろしたことについては「まったく記憶にない」と供述している。(以上(朝日新聞2009年8月22日15時31分)より引用)
http://www.asahi.com./national/update/0822/OSK200908220069.html

 真夜中に無人の公園で大声を上げて素っ裸になった草彅君は、単に逮捕されただけではなく、覚せい剤の使用を疑われて尿検査を受けた上に、家宅捜索までされた。
 同様の行為を無人の公園ではなく地下鉄内で行ったこの巡査長の行為に対して、大阪府警は、草彅君同様に尿検査と家宅捜索を行ったのだろうか。この記事から見ると、そのようなことは大阪府警が行ったとは書いてない。タレントと巡査長とは、どこで公然猥褻による単なる逮捕か、尿検査、家宅捜索まで行う犯罪として処理するか、これは単なる担当都道府県警の差によるものだろうか。それだとしたら、草彅君が可哀相すぎる。
 公然猥褻で全く記憶にない状態で、尿検査、家宅捜索を行ったと言う前例があるのであれば、大阪府警は、自浄努力と共に、タレントと巡査長の区別を止めるべきだろう。まして、犯罪者の巡査長の実名を公開しないのも、警察署の匙加減で違うのだろうか。
 前途ある巡査長の将来を思って、そのような捜査をしないのであれば、きっと、この名無しの巡査長は、もっと大きな事件を起こして、目明かし同然の警察の威厳を更に地に墜とす行為に励むだろう。それよりも、懲戒免職とした方が、警察の威厳を保てるのではなかろうか。(No.2348)

|

« セクハラは書かれていないマニフェスト | トップページ | 新聞に載らぬマツダの派遣切り »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/45999299

この記事へのトラックバック一覧です: 尿検査家宅捜索しましたか:

« セクハラは書かれていないマニフェスト | トップページ | 新聞に載らぬマツダの派遣切り »