« その言葉君にこのまま返したい | トップページ | あの顔をあれほど見れば飽きてくる »

死者が出ぬ限り動かぬ加古川署

加西・元教諭死体遺棄事件 容疑で交際相手を再逮捕
 加西市の休耕田で5月、加古川市立中学校の元教諭児玉京子さん=当時(37)=の遺体が見つかった事件で、兵庫県警加西署捜査本部は28日、死体遺棄容疑で、児玉さんの交際相手だった稲美町加古、無職平間洋臣容疑者(28)=別の傷害罪で起訴=を再逮捕した。捜査本部によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、2008年11月末、ほかに同容疑で逮捕された知人の溶接工川又徹容疑者(42)ら2人と共謀し、児玉さんの遺体を加西市島町の休耕田に遺棄した疑い。
 児玉さんはこのころから行方不明となり、5月13日に遺体で見つかった。死因は首を絞められたことによる窒息死とみられる。捜査本部によると、平間容疑者が2人に遺体の遺棄を依頼し、3人で、当時、自分が乗っていた車で運んだという。平間容疑者は児玉さんから総額1000万円以上の借金があったといい、捜査本部は、同容疑者が児玉さん死亡の経緯を知っていないか調べる。
 平間容疑者は今月14日、元妻に対する傷害容疑で逮捕され、28日に傷害罪で起訴された。(以上(神戸新聞8/28 23:38)より引用)
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/0002282505.shtml

 このニュースについては、8月29日の夕方の報道番組でも放映されていた。
 被害者の父親は、元兵庫県警の刑事で、元同僚の元刑事とともに、被害者の失踪翌日には、被害者のマンションを訪れて、事件性を感じ加古川警察署に届け出た。しかし、加古川警察署は、被害者のマンションを調査することもなく、事件性が無いと勝手に判断し、特別失踪者としての手続きも行わなかった。失踪3日後には、父親は容疑者と会い、1時間余り話を聞き、同僚の元刑事がその場面をビデオに収めていたが、父親は警察を信じてその時には、話だけを聞いて問い正すこともしなかったとのことだ。
 私は、一時期、加古川市に住み、3度加古川署のいい加減なことに遭遇した。まず、自分の車が車上狙いに遭い、たまたま自分の車の近くを通りかかった時に、自分の車がパッシングしているのを見て、不審に思い近寄った所、私の車内にいた犯人が車から飛び出し、他の車に乗って逃走した。110番通報後、加古川署のポリ公が来たのは、30分後だった。ポリ公に状況と逃げた車のナンバーを伝えた。「車のハンドルには、犯人の指紋が残っているから採取してくれとポリ公に言った所、そのようなことをするかしないかは警察が決めることだ」とほざいて、指紋採取すらしなかった。翌日に最寄りの交番に、逃走車両はどうなったかと尋ねたら、「本署に送ったから知らない」ととぼけられただけだった。また、少年達が女性用のバイクを盗んで、スーパーの前でバイクを解体している現場を目撃し、加古川署に連絡をした。連絡後、2時間以上経ってから、加古川署より、「現場に行ったが何もなかった」と連絡があったが、翌日、犯行現場を見ると取り外されたナンバープレートとカゴが放置されていた。もう一度、加古川署に「お前らは何を見てきたのか」と連絡したら、「現場確認をし、ナンバープレートとカゴを押収しました」ととぼけたような電話がかかってきた。更に、自分の車の後ろに原付が追突した時の、加古川署の対応だ。追突した者を救急車で病院に搬送後、現場検証と尋問を受けた。その後、ポリ公から「加害者が帰ったら交番まで来るように言ってくれ。壊れかけたバイクは、このままだと必ず盗まれるから、加害者が帰ってくるまで見張っていてくれ」と言われた。加古川署関内では、バイク盗難は当然のことで、まともには対応しない。調書を作るのが嫌だから事件にはしたくない。と言うのが警察署員のトップから末端まで徹底していたように感じている。
 同じ兵庫県警の刑事をしていた父親なら、兵庫県警がどのような対応をするかは身に染みついていたはずだ。それでも、警察を信じたためにこのような最悪な結果となった。これまで住んだ場所の中で、兵庫県警は最低な警察だ。特に、加古川署のポリ公など全員頭をかち割って脳味噌を取り替える位のことをしなければ、治安維持など加古川署に求めることは無理だと私は思う。(No.2356)

|

« その言葉君にこのまま返したい | トップページ | あの顔をあれほど見れば飽きてくる »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/46072315

この記事へのトラックバック一覧です: 死者が出ぬ限り動かぬ加古川署:

« その言葉君にこのまま返したい | トップページ | あの顔をあれほど見れば飽きてくる »