« ブレてるも昔は君子豹変す | トップページ | 人権も京教大は教えない »

エロ教師死刑にしてももの足りぬ

「女児にわいせつ」元教師に刑の上限、懲役30年求刑
 勤務先の小学校の女児に暴行やわいせつな行為を繰り返したとして、婦女暴行、強制わいせつ両罪などに問われている元小学校教諭、森田直樹被告(43)(広島県三原市中之町)の論告求刑公判が1日、広島地裁(奥田哲也裁判長)であった。
 検察側は「前代未聞の醜悪な犯行」として、両罪などの加重による上限の懲役30年を求刑した。弁護側は減刑を求めて結審した。
 起訴状によると、森田被告は2001年11月~06年7月、勤務していた広島県三原市立小の女児10人に対し、学校内などでわいせつな行為をした、としている。(以上(2009年7月1日15時16分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090701-OYT1T00657.htm

 日本の刑罰では、いくら同じ犯罪をくり返しても、最高刑の1.5倍の刑罰しか求刑できない。これで、裁判所は弁護士の顔を立てて7割~8割程度に刑期を値切るから、さらに刑期は短くなる。
 今回、元教師による「学校内での女児への暴行やわいせつな行為」と言う犯罪は、幼い子供の心の傷として一生残るものだ。それをたった30年の懲役求刑と言ってもピンと来ない。被害者が一生傷を背負っていくことを考えれば、少なくとも一生娑婆には戻れない刑罰が欲しいものだと私は思う。どこかの教育委員会の課長が、学校内の行為ではないから知らないと言う主旨の発言をしたが、この事件は、学校内で行われている。元教師本人だけでなく、管理職(校長、教頭)及び教育委員会の然るべき監督責任者の責任も刑事責任として問われるべきではないかと私は思う。
 これは、まだ求刑段階だが、裁判所も求刑を値切って弁護士の顔を立てずに、求刑通りの判決を出すことを望みたい。(No.2296-2)

|

« ブレてるも昔は君子豹変す | トップページ | 人権も京教大は教えない »

公務員」カテゴリの記事

学校」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/45508602

この記事へのトラックバック一覧です: エロ教師死刑にしてももの足りぬ:

« ブレてるも昔は君子豹変す | トップページ | 人権も京教大は教えない »