« 舛添に何か成果がありますか | トップページ | リークして存在感を示す安倍 »

カラ出張も停職で済む公務員

減反基礎データ虚偽報告で職員56人処分 謝礼流用も 農水省
 農林水産省は19日、減反の基礎データになるコメの在庫量調査の虚偽報告問題で、他省への転籍者らを含めた職員56人を国家公務員法に基づき処分したと発表した。調査に協力した農家に渡す図書カードなどの謝礼品を私的流用したケースもあり、うち5人を最大1年間の停職、24人を減給処分とした。
 虚偽報告は16の農政局や農政事務所などに広がっており、農水省の地方出先機関で不正行為が常態化していたことが浮き彫りになった。このほかの処分の内訳は、戒告が4人で、管理監督を怠ったとして直属の上司23人も訓告処分を受けた。
 農水省は不正の温床となったコメや麦の調査について見直しを実施。現在の7種類の調査のうち1件を廃止、残りを三つに集約。職員が謝礼を直接渡す方法をやめ、一括して郵送する再発防止策も決めた。(以上(msn産経ニュース,2009.6.19 17:05)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090619/crm0906191707027-n1.htm

 以前、「疑惑のデパート」と呼ばれた国会議員がいたが、農林水産省は、「不祥事のデパート」と言っても過言ではあるまい。今回の調査も農水省自体のものだから、氷山の一角と思っていても、外れてはいまい。
 公金横領でも、返金すれば停職処分で済み、刑事告訴もされないなど、一般の会社からすれば、パラダイスにしか見えない。会社の金をカラ出張などで使い込めば、懲戒免職と刑事告訴が待っているのが、普通の会社の処分だ。農水省の地方出先機関は、組合活動の合間に不祥事を行っていると考えても妥当だと感じる。農水省内部に自浄作用が全く無いのだから、地検特捜部にでも農水省内部の大掃除をして貰ったらどうだろうか。厚労省でも局長の家宅捜索で、裏金が見つかったように、ボロボロと悪事が露呈するのではないか。
 公務員の首が一般の会社並みに斬れないのであれば、懲戒処分を受けた奴は漏れなく派遣職員に降格させて、一年単位の契約職員化する位のことをしない限り、霞ヶ関を頂点とする血税の無駄遣い体質は直らないだろう。(No.2286)

|

« 舛添に何か成果がありますか | トップページ | リークして存在感を示す安倍 »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/45399387

この記事へのトラックバック一覧です: カラ出張も停職で済む公務員:

« 舛添に何か成果がありますか | トップページ | リークして存在感を示す安倍 »