« 反対をしても頼りは自衛隊 | トップページ | 自民より保守的なのが民主党 »

補正予算は協会で酒に消え

公金でコンパニオン、宴席代4年で990万円…福井の職能協会
 飲み食いだけで990万円――。多額の不正支出が明らかになった職業能力開発協会を巡る問題で、福井県の協会では、宴席に女性コンパニオンを呼んでいたことも判明。公金のあきれた使い道に批判が集まりそうだ。
 「このようなカネの使い方に、国民は納得しませんよ」。昨年4月、福井市内の官庁街にある福井県職業能力開発協会(職員14人)。会計検査院の調査官から経理書類を前に追及を受けた協会幹部は、ただうろたえるばかりだったという。
 同協会で発覚した不正は約1585万円。懇親会費のほか、各職業団体や企業の担当者を集めた総会で配った記念品代。中身はせっけんやタオルだった。
 宴席は市内のホテルで催され、役員だけが集まる会合でも、毎回のように女性コンパニオンが呼ばれたという。2次会も恒例。行きつけのスナックもあり、支払いは協会の資金をあてた。
 その費用が4年で計約990万円。幹部は調査官に、「国や県は以前、懇親会を認めてくれていたんですよ」と釈明。これについて、国とともに協会に補助金を支出する同県労働政策課は「『会議費』の中に懇親会の飲食代が潜り込み、見抜けなかっただけ。認めていたわけではない」と否定した。
 検査院は昨年から協会の調査に着手。無作為に選んだ8県で計約3400万円の不正を突き止めた。すべての県で不透明な支出が判明したことから、他の39都道府県の協会についても調べることにしたという。秋に首相に提出する年次報告書に全容が記載される見通しだ。(以上(2009年5月15日07時29分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090514-OYT1T01251.htm

 補正予算案では、7000億円も血税を垂れ流される予定の職業能力開発協会が、コンパニオンを招いての宴席費用を公費で賄っていたことが発覚した。これもまた、舛添傘下の厚生労働省の管轄だ。厚生労働省とは、「血税を垂れ流し、責任は転嫁して逃げる」集団と定義しても良いだろう。
 秋に首相に全容を記載された年次報告書が提出されるらしいが、この問題は、金を返せば済むと言う問題ではない。全額に法定利率を掛けた金を国庫に返還させると共に、参加者全員懲戒解雇、厚労省の担当者も懲戒解雇、舛添はこれまでに受け取った歳費全額の国庫返金をしても許されるものではない。上記の処分の上で、公金横領として、職業能力開発協会幹部全員の起訴をして、然るべき刑罰に処すべきだ。
 また、これまで見抜けなかった会計検査院にも天下り先としての手心が加わっていないか、麻生首相は調査を指示するべきだ。(No.2257)

|

« 反対をしても頼りは自衛隊 | トップページ | 自民より保守的なのが民主党 »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/45021823

この記事へのトラックバック一覧です: 補正予算は協会で酒に消え:

« 反対をしても頼りは自衛隊 | トップページ | 自民より保守的なのが民主党 »