« 爽やかさよりも金だと言う森田 | トップページ | 受給者の優先順位は後回し »

自治体も振り込め詐欺をする世相

広島市で職員ミス相次ぐ
 『同一人物への納税通知書の二重送付は、計195件に上った。
各区役所が1日、個人や法人に固定資産税・都市計画税の納税通知書を送る作業でミスは発生。中区190件、佐伯区3件、西、安佐南区各1件だった。
 市財政局によると、通知書は1月中旬に暫定的に作成し、反映できなかった土地の所有権移転などの変更分を踏まえ、3月上旬に完成させる。変更前の通知書は破棄する仕組みだが、発送前の確認を担当者が怠ったり、不十分だったりした。二重納付者がいるかどうかは不明という。』(以上(中国新聞'09/4/4)より部分引用)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200904040034.html

 この事件について、広島市は、職員の作業ミスとしているが、官製の振り込め詐欺未遂事件と言えるだろう。これが、悪徳高利貸しであれば、刑事事件として扱われるのではないだろうか。これで、二重納付者がいれば、詐欺未遂から詐欺に罪名が変わる。
 それでも、広島市内部だけの処分で、当該職員が詐欺として立件されることはあるまい。それゆえに、お役所仕事における不祥事が後を絶たないのだ。(No.2216-2)

|

« 爽やかさよりも金だと言う森田 | トップページ | 受給者の優先順位は後回し »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/44559654

この記事へのトラックバック一覧です: 自治体も振り込め詐欺をする世相:

« 爽やかさよりも金だと言う森田 | トップページ | 受給者の優先順位は後回し »