« 官邸の本音を喋る政府筋 | トップページ | 身内まで蹴手繰り狙う脛の傷 »

責任はお役所だって部下が取る

農水省秘書課長が文書改ざん、ヤミ専従隠しで更迭へ
 農林水産省のヤミ専従疑惑で、職員142人に疑惑が浮上したことを隠蔽(いんぺい)するため、同省秘書課が関係文書を改ざんしていたことが25日分かった。
 松島浩道秘書課長が改ざんの事実を認めたことから、同省は26日付で松島課長と西浦博之・同課調査官を更迭する。松島課長は省内の調査に対し、「省のためを思ってやった」と話しているという。26日、井出道雄次官が記者会見で発表する。
 改ざんされたのは、昨年4月に作成された文書の少なくとも13枚で、今年1月に読売新聞の取材を受けて以降、松島課長の指示で課員がパソコンなどを使って改ざんしたという。
 昨年4月1日現在の勤務状況に関する調査で、142人にヤミ専従の疑いがあると報告されたことを隠すため、この調査について書かれた文書の日付を「4月9日」から「1日」に改ざん。また「今回調査を行うことについては全農林中央本部に連絡済み」とした部分を削ったほか、ヤミ専従調査と分かるただし書きや回答欄の一部を消していた。
 松島課長は読売新聞に改ざんの事実を認めた上で、「(最終的に0人にしたという結果だけ示し)途中経過の説明を伏せるという取材対応の方針は、井出次官や佐藤正典官房長にも説明し、了解を得ていた」と話している。井出次官と佐藤官房長は「漠然とした説明しか受けておらず、142人の調査結果を隠していることは知らなかった」と話している。
 松島課長は省内の調査に「142人にヤミ専従の疑いが生じるということは大変なことで、省の信用失墜を防ごうと思い、やってしまった」と説明している。
 一方、石破農相は25日夜、省内に発足したヤミ専従問題の専属チームで、秘書課の隠蔽行為についても検証するよう指示した。松島課長は1982年入省のキャリア官僚で、大臣官房予算課課長補佐などを経て、2007年7月から現職。(以上(2009年3月26日03時10分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090326-OYT1T00012.htm

 農水省のヤミ専従隠蔽事件で、トカゲの尻尾としてキャリアの松島浩道秘書課長が更迭された。他の記事を読んでも、トカゲの尻尾が全責任を引っ被って組織の安泰を意図しているように感じる。
 上司である井出次官と佐藤官房長は、既に知らぬ存ぜぬを通しているが、組織内に上司の意図することを汲み取って部下が仕事をするという条件反射を部下に植え付けた責任があると私は思う。そもそも、あれほど労組へのヤミ専従が問題として上がっていながら、見過ごした井出次官と佐藤官房長も、更迭されるべきであろう。
 更迭された役人が、どこかの省では事務次官まで登り詰めた奴がいる。今回の農水省の更迭処分も、ほとぼりが冷めれば、松島浩道秘書課長もまたラインに返り咲くのではないかという危惧もある。
 松島浩道秘書課長よりも、問題になっていながらヤミ専従を続けた農水省の142名に対しては、省内の処分と共に、給料泥棒=公金横領の罪で全員告訴して欲しい。そうでなければ、「公金横領もみんなですれば怖くない」という公僕を忘れた霞ヶ関の常識を崩すことは、いつまで経ってもできないだろう。(No.2208)

|

« 官邸の本音を喋る政府筋 | トップページ | 身内まで蹴手繰り狙う脛の傷 »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/44473877

この記事へのトラックバック一覧です: 責任はお役所だって部下が取る:

« 官邸の本音を喋る政府筋 | トップページ | 身内まで蹴手繰り狙う脛の傷 »