« 神風が吹くのを待っている総理 | トップページ | 比例区を止めて身を切れ与党呆け »

筋書きに不備まで入れてする監査

 大阪府の監査委員(5人)が2007年11月~08年9月に府の部局や出資法人などを監査した際、対象部局担当者との質疑応答の9割以上が、監査委員事務局職員が事前に作った案文と同じ内容だったことが、読売新聞の情報公開請求でわかった。
 案文は、対象部局の担当職員と打ち合わせて作成しており、職員同士で作った“台本”を読み上げるだけの監査になっていた。識者らは「職員が隠したい会計処理は見つからず、裏金はなくならない」と批判している。
 府監査委員は現在、府議2人と公認会計士、弁護士、元府議各1人が務め、月59万2000円~18万4000円の報酬を得ている。
 部局や出資法人など42機関を対象に行われた計16日の監査について、当日の議事録と、同事務局が事前に作成した質疑・所見案を公開請求し、比較した。
 議事録によると、監査委員は、各機関の責任者らに計668回質問し、ほぼ同数の回答を得て、経理上の不備の指摘や業務改善の要望にあたる「所見」を計159回述べた。質問と回答の94%にあたる625回分と、所見の75%の119回分の表現が、事務局作成の案文と同じだった。浦島幸夫事務局長は「監査前日までに委員に見せており、案文には委員の指摘も取り入れている」と釈明している。(以上(2009年1月2日07時09分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090101-OYT1T00345.htm

 大阪府も詐欺師の集団のようだ。監査がこれでは、埋蔵金がどれだけあっても不思議ではない。今回の内容は、まだ、時効を迎えていないので、橋下府知事の動きに注目したい。少なくとも、監査に関わった5人に対しては、背任罪でも立件できるはずだ。この処分によって、府知事が本気で大阪を良くしたいか否かが、分かるはずだ。府議2人、公認会計士、弁護士については、資格を剥奪した上で、刑務所暮らしをして欲しいものだ。
 また、議事録も手の込んだもので、所見まで前もって案文に盛り込まれていたと言うのだから、悪知恵もここまで手の込んだものかと感心するばかりだ。それを指揮した浦島幸夫事務局長には、浦島太郎になるまで刑務所で生活して欲しいものだ。
 公務員の犯罪は、組織内部で手の込んだことを行っており、今回のように時効を向かえる前に、発覚することは珍しい。そのために、公務員の犯罪で告訴まで至らぬものが多い。このように、公務員組織内での犯罪についての時効は、犯罪が公になってから時効のカウントダウン行うようにすべきであり、その役職から離れていようが、死んでいようが、その組織に与えた損害を全額賠償させるように、刑法を改正すべきだ。当然の事ながら、阿呆務省にも厳格に適用する旨を明記すべきであろう。(No.2138)

|

« 神風が吹くのを待っている総理 | トップページ | 比例区を止めて身を切れ与党呆け »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/43614900

この記事へのトラックバック一覧です: 筋書きに不備まで入れてする監査:

« 神風が吹くのを待っている総理 | トップページ | 比例区を止めて身を切れ与党呆け »