« 道路族議員やってることが無駄 | トップページ | 竹島についてはやる気無い外務 »

全入で大麻売買する私学

 関西大学(大阪府吹田市)の学生らが大麻を所持していたとして、大阪府警薬物対策課などは15日、同大学工学部4年・市川聖(さとる)容疑者(24)(同市千里山松が丘)ら3人を大麻取締法違反(営利目的所持など)容疑で現行犯逮捕した、と発表した。
 市川容疑者は「関大の千里山キャンパスなどで、約3年間に在学生や卒業生を含む約40人に売りさばいた。キャンパスは夜間も出入りでき、警察のパトロールもないので安心だった。白昼、学内で購入した学生らと一緒に吸うこともあった」と供述しており、府警は購入者についても同法違反(譲り受け)容疑などで立件する方針。
 他の逮捕者は、電気作業員・中塚真朗(まさあき)(23)(大阪市淀川区)、飲食店アルバイト・更家(さらいえ)守(23)(同市東淀川区)両容疑者。
 発表によると、3人は5月8~12日、それぞれの自宅で乾燥大麻2~100グラムを所持し、更家容疑者は自宅押し入れで大麻草15本の栽培もしていた疑い。
 府警によると、3人はスケートボード仲間。市川容疑者は約5年前から大阪・ミナミで外国人らから入手して吸引していたが、約3年前から金を稼ぐ目的で転売を始め、携帯電話で注文を受け、仕入れ値に約1割を上乗せした1グラムあたり5000~8000円で売っていた。
 同大学では、昨年1~2月、別の男子学生が大麻と覚せい剤取締法違反容疑で奈良県警に逮捕されている。(以上(2008年5月15日22時07分読売新聞)より引用)

 捜査関係者によると、同社は大麻種輸入・販売の国内大手といい、寮で昨年、大麻を栽培していたとして有罪判決を受けた関東学院大ラグビー部の元部員にも種を販売していた。(以上(2008年5月16日14時53分読売新聞)より引用)

 全入でレジャーランド化はまだ仕方ないにしても、麻薬の密売所にまで堕ちた大学をこれまで通り、文科省は私学助成金を払ってまで、大学の体裁を保たせるのであろうか。関西大学と言えば、昔は関関同立と有力な私大であった。それがここまで堕落するとは、やはり、今までであれば、大学に入る能力の無かった者も文科省の私学助成金目当てに入学させているのであろう。また、関東学院大も同じことであろう。
 大学側からすれば、極一部の学生だけだという見解であろうが、警官の不祥事にしても極一部の警官の事でも警察組織に対して、世間からバッシングが起こる。それと同じことだ。
 さらに、大麻で言えば、複数の俳優のバカ息子が何度も逮捕されているが、ほとんどが、本人が反省しているとして猶予刑で終わり、再犯をくり返している。大麻にしても覚せい剤にしても、麻薬取締法を改正して、今議論されている「終身刑」を取り入れて、初犯でも終身刑以上の罰則にすればよい。と言うのは、手を出さなければ済むことだからであり、過失犯というのはあり得ないからだ。さらに、これらの薬によって引き起こされる「精神劫弱」「精神喪失」も認めないようにすることだ。それは、自分の意志でそのような精神障害を起こしているからだ。

|

« 道路族議員やってることが無駄 | トップページ | 竹島についてはやる気無い外務 »

学校」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

全入時代、大学生だからと言って驚く時代ではありませんね。卒業を難しくするような制度にしないと勉強しない学生が増え将来の日本も困ります。大学に行きたくても行かれない貧しい家庭の子が増えている方が悲しい現実です。

投稿: 梅 | 2008年5月18日 (日) 16時54分

 今の大学の制度だと、留年しても学費は変わりません。そのため、8年間大学で遊んだ後、退学という馬鹿者もいます。国公立も私立も、国からの助成金が注ぎ込まれています。毎年、最低取得単位数を定めて、それに足りない者は留年とする。病気等の格別な理由のない限り、留年者の学費は、助成金分も自己負担にする。そして、浮いた助成金は、国庫が取り上げるのではなくて、成績優秀者の学費の減免に当てるようにする、と言うのも一つの選別になるかと思います。

投稿: 獏眠 | 2008年5月18日 (日) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/41235229

この記事へのトラックバック一覧です: 全入で大麻売買する私学:

« 道路族議員やってることが無駄 | トップページ | 竹島についてはやる気無い外務 »