« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

お寺でも南無阿弥陀仏で許せない

 浄土宗(総本山・知恩院、京都市東山区)の預貯金を使い込んだとして京都府警捜査2課と東山署は29日、同宗宗務庁の元財務局課長補佐、桑生義文容疑者(52)=同府城陽市富野堀口=を業務上横領容疑で逮捕した。容疑を認めているという。
 調べでは、桑生容疑者は預貯金を管理していた03年1月~04年9月、口座から29回にわたって現金計約1億6000万円を引き出し、うち1億4700万円を着服した疑い。
 同宗の内部調査によると、桑生容疑者は97~05年、口座から7億4500万円を出金し、商品先物取引につぎ込んでいた。架空の伝票や虚偽の残高証明書を作って不正を隠していたが、06年3月末に異動した際に引き継ぎをしないため発覚。同宗は懲戒解雇、僧籍を削除(破門)し、昨年9月、府警に告訴していた。
 浄土宗の稲岡康純・宗務総長は「捜査当局への協力はもちろん、信頼される浄土宗に立ち直るため最善の努力をしたい」とのコメントを出した。【熊谷豪】(以上(毎日新聞2007年11月29日11時50分(最終更新時間11月29日13時00分)

 お寺の浄財を猫糞した男が逮捕された。浄土宗と言えば、お十念(南無阿弥陀仏を10回唱える)であるが、阿弥陀仏の目は誤魔化せなかったようだ。平成23年には宗祖法然上人の800大遠忌にあたる。それを前にしての悪行三昧、舌でもひん抜いてから警察に渡せば良かったのではないかと思う。地獄に堕ちる念仏が無いところが性善説に立った宗教の泣き所かも知れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

弁護士は嘘を吐いても裁かれぬ

 山口県光市で起きた母子殺害事件の裁判を報道した民放各局の計18番組に「事実関係の間違いや過剰な演出、不公平な取り上げ方が見られる」として、被告弁護人を務める弁護士ら計17人が27日、放送界の第三者機関「放送倫理・番組向上機構」(BPO)に審理を求める申立書を提出した。
 申立書では「法廷内での被告人の態度などを悪意を持って伝え、反省がみられないなどの方向に誘導する番組があった」などと指摘している。(以上(2007年11月27日22時47分  読売新聞)より引用)

 この裁判は、元々最高裁で、無期懲役では量刑が少ないのではないかとして、差し戻された案件である。それが、ここで、申し立てを行っている弁護士が、被告を洗脳して、過失致死としようと目論んでいるものである。しかし、人の家に無断で侵入し、首を絞めた上強姦、子供は投げて殺したという、極悪非道の事件である。それを弁護士等の死刑廃止論によって、ねじ曲げられようとしている。私が事実だと思う内容を放送した民法に対して申立書を出しているのだ。正直、この裁判で、被告が死刑になれば、でっち上げと思われる弁護をした弁護士に対して、弁護士資格の剥奪を行うべきだと私は考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本ならすぐ法律を見直そう

 スウェーデンの女性団体「裸の胸」の約40人が公共プールで一斉にトップレスになって人々に手を振りながら、女性差別への抗議キャンペーンを繰り広げた。
 同団体は、以前トップレスで泳いでいた女性2人が、胸を覆う水着を着用しない場合、退場するよう求められたことをきっかけに結成された。
 「公共プールで男性は上半身裸になれるのに女性がなれないのは、女性の権利が男性より少ない具体例よ」と幹部のフェルミさん(22)。居合わせた人たちの反応は好意的だったとか。(AP)(以上(MSN産経新聞2007.11.24 15:27)より掲載)

 男女平等の進んだスウェーデンでも、このようなことを男女差別と捉えていることに驚いた。そう言えば、アダムとイブが楽園から追い出される時に、二人とも性器はイチジクの葉で隠したけれど、イブの胸は隠されていなかったように思う。
 それならば、我が国にこれを導入するとどうなるか。それは、望遠レンズ付カメラを持った痴漢が、海辺や学校のプールを狙ってるに違いあるまい。そう言う意味で、日本人は超後進国であろう。スウェーデンの動向をしばらく眺めているぐらいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パトカーに勝てる技術がありますか

 26日午前1時15分ごろ、栃木県下野市薬師寺の国道4号で、覆面パトカーに追跡されていた同市石橋、土建業山崎安雄さん(47)の軽乗用車が対向車線にはみ出してガードレールに衝突。
 山崎さんは約1時間20分後、出血性ショックなどで死亡した。
 調べによると、26日午前1時ごろ、同県小山市内の国道4号で山崎さんの車が蛇行運転していたのを、覆面パトカーの県警機動捜査隊員が発見。事故現場から約2キロ手前の赤信号の交差点で停止した山崎さんを職務質問するため、運転席の窓をたたいたところ、山崎さんが急発進し、時速100キロ以上で逃走した。(以上(2007年11月26日11時55分  読売新聞)より引用)

 日々練習をしているパトカーから逃げようと思うこと自体間違いだ。今回の事故は、ガードレールにぶつかった自爆で済んだが、人を巻き込んだらどうする気だったのだろうか。このような事故の場合、追跡したパトカーが悪いと遺族が損害賠償の訴訟を起こすことが、往々にしてある。しかし、時間も蛇行運転していたことは、飲酒運転の可能性が高い。血液は保存してあるだろうから飲酒運転の裏付けは取れる。逃げた方が悪いのだ。
 日本では、追いかけた警察の追いかけ方がどうのこうのと問題になることが多いが、逃げた奴を咎めることはあまり聞かない。日本でも一歩進んで、アメリカのように逃亡車にパトカーをぶつけて止めるぐらいのことをしても良いように法律を改正すべきだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鳩山に司法の手さえ持つ不信

 「友人の友人はアルカイダ」と発言した鳩山法相が24日、選挙区の福岡県大川市内で開かれた法相就任の祝賀会に出席し、アルカイダ発言について「私は一つもうそを言っていない」と改めて語った。外国人旅客に指紋採取と顔写真撮影を義務づける新しい入国審査制度についても「テロから守るための最高の手段」と述べた。
 祝賀会には約800人が出席。鳩山法相はあいさつで、「テロリストが日本をうろついておった」「安全ボケの状態になっていただきたくない。日本は『安全である』『危険はない』と思いたがる」と述べた。
 20日スタートの新入国審査制度については「きちんと指紋を採っていれば怪しい人間は分かり、入国を防ぐことができる。テロの攻撃はさせない」と語った。(以上(朝日新聞2007年11月24日21時48分)より引用)

 今は国会会期中であるが、アルカイダが日本に入国していることを看過することはできない。会期中と言っても、スポットライトが当たっているのは額賀先生だけであり、鳩山法相が抜けても大きな問題にはならない。今こそ、鳩山法相に桜田門に出向いて頂いて、友人の友人のアルカイダが何処にいるか、なぜこれまで黙っていたのか、調べて貰ったら如何であろうか。新入国審査制度も既に入国したテロリストに対しては無意味である。鳩山法相を洗いざらい調査するしかあるまい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

責任は全部取るべし柳沢

 舛添厚生労働相は21日の記者会見で、社会保険庁のコンピューター上で名前のデータが欠落している年金記録524万件のうち、名前の特定が困難な記録が現時点で15%あることを明らかにした。これまで「最後の一人まで給付につなげる」と繰り返してきたが「(最終的に)何としても見つからない記録が数%出てくるかもしれない」と軌道修正した。
 公約違反では、との指摘に対して舛添氏は「先の参院選でのスローガンで、意気込みを示したもの。神様がやってもできないことがある」と反論。「国民に報告し、理解を求めるしかない」とした。
 基礎年金番号に統合されず、持ち主不明の「宙に浮いた」年金記録は5000万件あるが、524万件はその一部。名前がないため、紙台帳の原簿などにさかのぼって照合して名前を入力しないと、コンピューター上の名寄せ作業ができない。
 今月4日現在で、524万件のうち85%の名前は特定できた。だが、原簿が古くて読めなかったり、見つからなかったりするケースも出てきた。全体の15%、約80万件の記録について「なかなか名前の特定まで行き着けない」という。
 社保庁は12月末までに524万件の名前の入力作業を完了する予定。(以上(朝日新聞2007年11月21日21時59分)より引用)

 桝添厚労相が、欠落した500万件の内、名前の特定が困難なものが15%あることを明らかにした。しかし、桝添厚労相の前任の柳沢は、「全件処理する」と明言している。この15%ができるのであれば問題ないが、できなかった場合誰が責任を取るのであろうか。国会では、大臣時代に何を公約しようとも辞めてしまえば、お役御免でその責任を問う声はない。それであれば、柳沢は国民を騙して、厚労相の給料をだまし取ったと言っても過言ではない。残り5000万件の15%については柳沢が、手作業でもなんでもして責任を全うすべきである。それでなければ、久間と同じように病院に逃げ込むことである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

認知症でも離さない免許証

 22日午後8時50分ごろ、岡山県倉敷市矢部の山陽自動車道上り線で、兵庫県尼崎市の左官工の男性(24)運転のワゴン車が、逆走してきた軽乗用車を避けようとして中央分離帯に衝突、横転した。
 ワゴン車に同乗していた同僚男性(43)が首などを打ち重傷、6人が軽傷を負った。 岡山県警高速隊の調べによると、7人は同じ建設会社に勤める左官工で、倉敷市の現場から、尼崎市の会社に戻る途中だった。
 軽乗用車を運転していたのは、広島県福山市内の男性(74)で、事故現場から8キロ先を走行しているのを県警高速隊員が発見した。男性は事故について説明出来ないという。自宅からいなくなり、家族から捜索願が出ていた。
 同線は事故の影響で同日午後9時から約3時間、通行止めになった。(以上(2007年11月23日11時16分  読売新聞)より引用)

 また、高齢者の運転による高速道逆走で事故が発生した。幸い死者は出なかったが、事故について説明できないようになるまで、免許証を持って一般道でも走っていること自体恐ろしいことだ。しかし、おかしい高齢者運転手に限って、老人マークを付けていないし、他人に迷惑をかけているという認識すら欠如している。
 このようなことを無くするには、高齢者の免許更新時に、所有している車で仮免許のコースを走るのと仮免の学科試験を課すべきだと私は考える。仮免のコースがまともに走れることは、最低限公道を走っても良いという条件であり、学科試験は、法改正等も含まれて公道を走るための最低限の知識の有無を調べるものだ。それらに合格して初めて公道を走れるようにすれば、高齢者も自分がどういう状況にあるか分かると思う。明石では、介添えが無いと一人で歩けない老人まで免許の更新に来ていたのを鮮明に覚えている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

病院へ常套手段取る久間

       久間元防衛相:急きょ入院へ
 自民党の久間章生元防衛相は29日、三重県四日市市で開かれた同党衆院議員の会合で講演し、解離性大動脈瘤(りゅう)の手術のため30日から入院することを明らかにした。久間氏は「『早くしないと(同じ病気だった俳優の)石原裕次郎みたいになる。人工の血管に替えなさい』と医者から脅された」と語った。このため30日からの海外出張も急きょ中止したという。
 久間氏は、山田洋行の元専務らから東京都内で飲食接待を受けていたことが明らかになっている。(以上(毎日新聞2007年10月30日東京朝刊)より引用)

 何とタイミングの良い入院であろうか。このまま、真実を秘めたまま行かれるのではないかと心配している。久間氏には、手術後病状が安定したら、病院のベッドまで、各党の委員が出向いて、証人喚問をすれば良かろう。何よりも、徹底的に今回の事件を調べ上げ鉄格子が似合う額賀氏やそれなりに悪事に手を染めた奴らを処罰すべきである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

総理には額賀選んだ罪がある

 【シンガポール=今堀守通】福田康夫首相は21日、訪問先のシンガポール市内のホテルで同行記者団と懇談し、新テロ対策特別措置法案成立への意欲を重ねて示した。その上で、野党が参院で問責決議案を提出した場合について「何のための問責なのか。誰がどういう事情で問責されるかによる。僕を問責できるような人がいるのかな」と述べ、決議が可決されても直ちに閣僚辞任や衆院解散につながらないとの考えを示した。
 22日に予定される各党との党首会談に関しては「外交・国全体のことだから各党に説明するのは当然だ」と語り、会談を衆参ねじれ国会打開の突破口にしたいとの考えを示した。
 また、防衛専門商社・山田洋行との疑惑をめぐり、野党側が額賀福志郎財務相への追及を強めていることについて「額賀氏は政治家なので、しっかりと説明し、疑念を解く努力が必要だが、全くのガセネタだったら罪は重い」とクギを刺した。
 参院で新テロ法案の審議入りができない状況が続き、国会再延長が取りざたされていることには「再延長は国会が決めること。法案審議時間はまだあるのでいろいろ工夫してほしい」と述べ、あくまで12月15日の会期内成立を目指す意向を強調。参院での新テロ法案否決の場合の、衆院における「3分の2条項」を使った再議決には「決めないといけないころに決める」と含みを残した。
 一方、首相は先の日米首脳会談で北朝鮮のテロ支援国家指定解除をめぐり、ブッシュ米大統領が「日本の立場を考える」と発言したことを明らかにした。(以上(msn産経新聞2007.11.21 12:51)より引用)

 日本と言うより自民・公明の連立与党は、とんでもない総理を選んだという大失策を行ったと言っても過言ではない。福田のバカはえらく強気に出ているが、今、国会で何が問題で法案審議ができていないか、分かっていないのだ。今の国会の癌は額賀財務相である。これだけ、証拠を突き付けられても知らぬ存ぜぬで、財務相在任期間を延ばそうとしているのは明白なことである。その額賀を財務相に任命したのは福田のバカである。よって総理の問責するには十分すぎる程の理由が額賀の存在である。早く日本に帰って、額賀の首を切らないと、福田の首が飛んでから分かったでは、物笑いの種である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

国会は何も決めない決まらない

 【シンガポール=津田歩】福田首相は19日午後、シンガポールで開かれる東アジア首脳会議などに出席するため、政府専用機で羽田空港を出発、同日夜、同国のチャンギ国際空港に到着した。
 20日に東南アジア諸国連合・日中韓(ASEANプラス3)首脳会議に出席し、中国、韓国首脳と個別に会談する。21日は日・ASEAN、東アジア首脳会議のほか、インド、ミャンマーの首相らと会談する。
 出発に先立ち、首相は首相官邸で記者団に「アジアの安定と平和のためにどうするか、大いに論じたい」と抱負を語った。
 ミャンマーのテイン・セイン首相との会談では、映像ジャーナリスト、長井健司さん射殺事件の徹底した捜査や、政治犯・反政府デモ参加者らの即時解放を求める。
 インドのシン首相とは、2012年までの温室効果ガスの削減目標を定めた京都議定書以降の新たな枠組みや経済協力について意見交換する。(以上(2007年11月20日0時44分読売新聞)より引用)

 国会開催中だというのに、福田総理は、アメリカに行ったり、シンガポールに行ったり、と議会を空席にするスケジュールが目白押しのようである。国会では、額賀が野党に責められて血だるま状態である。それでも放置するのは、小泉、安倍と同じではないか。それでなくても額賀は、過去にこのようなことを起こした実績が十分にある。そういうある意味前科者を財務相に任命したこと自体、福田に責任がある。総理は責任逃れしないで、額賀を即刻首にし、国会運営をまともにしてから、外遊なり、会議なりに出るようにすべきではないだろうか。毎日、国会を運営するために1億円以上の血税が使われている。この血税を生きたものにするのが、国会議員、特に総理大臣の努めではないだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大学で自ら学ぶ気などない

 東大研究グループが国公私立127大学の約4万5000人の学生を対象にした調査で、大学生の4人に3人は、自ら習得するのではなく「必要なことはすべて授業で扱ってほしい」と考えていることが18日分かった。授業と直接関係のないことを、独自に学ぶのは少数派であることも判明。高度な専門知識を自ら習得するという学生のイメージからは程遠く、受け身の傾向の強い学生像が浮かび上がった。(以上[共同通信社:2007年11月18日 16時35分]より引用)

 私の学生時代と言えば、年に10カ月は学資のためのバイトに費やし、前記後期各1カ月が勉強の時期だった。しかし、その合間でも授業を受けているだけの先生の所に、○○が勉強したいので、参考書を紹介して下さい、と自分が勉強したい事、相談に乗って欲しい事、など、今にして思えば失礼だったと思うが、教官室にアポ無しで行っていた。また、授業以外で自分の知りたいことを探求する所が大学だと思っていた。
 しかし、今の学生は、小学校の延長で、何でも先生が教えてくれることが当たり前だと言う認識になっている。このような学生は、大学では不要だと思うし、大学に入る資格の無い生徒だと思う。数百種類もの学位が存在するそうであるが、自ら勉強するということを学ぶのが、大学であってそれができない者に、4年間大学にいたからと言って学位を授けることは不要だと私は思う。これから、大学が生き残るには、入学する生徒のレベルを上げるとともに、学位にふさわしくない学生は、卒業させない、学士の学位を与えない、などの大学レベルのかさ上げが必要だと思う。大学全入時代という以上、これからは、大学がふるいにかけられる番である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

韓国は北朝鮮の勝手口

 【ニューヨーク小倉孝保】日本と欧州連合(EU)は16日までに、北朝鮮人権状況の非難決議案の修正案を国連総会第3委員会(人道問題)に提出した。韓国の要求を受け入れ、非難色を薄めたが、拉致問題についてはほぼ原案通り、被害者の即時帰国要求を明記した。今週の委員会で採決される。
 修正案は、韓国の要求を受け、北朝鮮核問題の6カ国協議の進展と10月の南北首脳会談を歓迎することを新たに加えた。
 一方、拉致問題については、「北朝鮮政府が拉致被害者を即時に帰国させるなど、直ちに解決することを強く求める」と、原案をほぼ維持した。韓国は、北朝鮮の名指しを避けるとともに、「即時帰国」部分を削除するよう求めていた。
 昨年は、核実験を実施した北朝鮮に国際的な不信感が高まっていたものの、同決議案は小差で採択された。今年は昨年に比べ、北朝鮮に対する各国の非難感情は薄まっており、採択は微妙な情勢にある。(以上(毎日新聞2007年11月18日0時31分)より引用)

 日本人拉致問題、韓国が表面に出さないようにしている韓国人拉致問題、どちらも何の進展もないにもかかわらず、北朝鮮のスポークスマンである韓国は、北朝鮮への非難決議案をごり押しで修正させた。まるで、韓国は北朝鮮の属国のような事案である。事実をひん曲げて北朝鮮を助けることが「太陽政策」と呼ぶのであろうか。まあ、同じ民族なのだから仕方あるまいが。
 また、別件であるが、国連の事務総長が年に一回開催するコンサートのパンフレットに誤記があった。それは、日本海を東海、竹島を独島と国際的に認められない地名を韓国が書き込んでいたことである。国連事務総長は、中立でなければならないのに、自国に有利なことを認めたことは、事務総長としての資格がないのだ。日本は即刻事務総長の辞任決議を総会に提出するべきである。日本海、竹島の呼称は、世界で認められたものである。韓国は、文句があるなら国際司法裁判所に、日本と一緒に提起すべきである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夢物語半導体にない未来

     「世界の半導体メーカー、今後10年で3分の1が消える」
 今後10年で現存する世界の半導体メーカーの3分の1が退出するという見方が提示された。
 ICTアドバイザリ企業ガートナーのジム・テューリー副社長は16日、韓国半導体産業協会主催で開催された「半導体市場の展望カンファレンス2007」において、「今後10年で世界の半導体市場は激しい変化の時期を迎えるだろう」と述べた。
 同氏は「半導体事業の展開に必要な資金はさらに増加を続ける一方で成長は鈍り、製品価格は引き続き下落している。そのため今後10年で、半導体メーカーの統合など業界再編が活発に進んでいくだろう」と予想した。同氏は10年後にはファウンダリー(委託生産)方式の占める割合も大きく増加すると予想し、「市場の成長は見込めないが、半導体関連技術は引き続き発展していくだろう」と予想した。卓相勲(タク・サンフン)記者(以上(朝鮮日報/朝鮮日報JNS2007/11/17 07:24:30)より引用)

 日本から半導体産業をほぼ、手中に入れた韓国の分析である。実績に溺れず冷静な解析がされていると私は思う。一方、日本を見れば、最近、ソニーが半導体から撤退を発表した。しかし、大学では、未だに半導体が花盛りである。これは、教授会という自分の専門分野しか見えない連中が決めているからに他ならない。日本の半導体産業からすれば、半導体の講座は1/3以下にしても良いと思う。それ以上に、卒業した学生、院生の就職先があるのか、私には関係ないけれど気になってしまう。半導体の講座を卒業した同級生が日本企業からアメリカ企業へ転職していった。グローバルと言えば聞こえは良いが、外国にしても、就職はその国で学んだ学生との対決になると言っても過言ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郵政のミスで取られる証明費

 今年10月の郵政民営化で発足した郵便事業会社が扱う料金後納郵便を巡って、顧客への請求書発送が遅れたり、金額を間違えた請求書を送ったりするミスが全国で約9500件相次いでいることがわかった。
 民営化に伴って顧客管理システムを変更する際、個人情報を誤入力したことが原因で、同社では、顧客となっている会社などに社員を派遣して謝罪、請求額の再算定を行っている。
 同社によると、先月分の料金後納郵便の請求書が約1週間程度発送が遅れたり、本来は銀行口座から引き落とし払いを行っている顧客に対し窓口払いの請求書を送ったりしたミスが、今月に入ってから計7721件あった。引き落としでは手数料はないが、金融機関の窓口で10万円を超える料金を法人が支払う場合、本人確認法で、登記簿謄本(1通1000円)や印鑑登録証明書(同300円)の提示が求められており、顧客に新たな負担を強いることになるという。
 また、請求額が別の顧客と入れ替わってしまった請求書を、今月15日までに約1800通送っていたことも判明した。ただ、この請求書を受け取った客が実際に間違った金額を振り込んでしまった事例は今のところ同社も確認していない。
 一連のミスについて同社は「民営化前の顧客名簿を新しいコンピューターシステムに移し替える際、口座番号や顧客ごとの振り込み方法を誤入力したほか、システムのプログラム自体にもミスがあった」と説明した。(以上(2007年11月16日14時41分読売新聞)より引用)

 郵政を民営化しても、やっていることは変わらないばかりか、利用者に負担をかけることにはご執心のようだ。ここに出ていないことでも、民営化に跨った郵便物は悲惨であった。コンピュータシステムへのデータ書き込みができなくなった、郵便物が届いた郵便局においても局内の混乱で配達が遅れた。実際に、9月30日に発送された郵便物が私の手元に届いたのは10月9日であったが、一言のお詫びの言葉・文書も無かった。このようなことならば、郵便事業をもっと解放して、一般の業者でもできるようにすべきである。小泉改革も単なる看板替えよりも、もっとお粗末な郵便局に成り下がったと言っても過言ではない。そのように不具合があっても、小泉を責めることができない。法案の執行責任者は、大臣を辞めようが全責任を負うべきである。小泉には政界から去って貰いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国会が続いて欲しい2先生

 前回の喚問で、山田洋行の接待の場に防衛庁長官経験者の政治家が同席していたと述べたことをめぐって、委員長はその場での話の内容や名前を質問。守屋前次官は「宮崎元専務が同席したという前提で話しており、元専務に確認しないで軽々に申し上げられない」と繰り返したが、その後、「久間先生と額賀先生ではなかったかと思う」と明かした。(以上(朝日新聞2007年11月15日16時01分)より部分引用)

 ついに、守屋事務次官と宮崎元専務に接待された当時現役防衛庁長官の名前が、白日の下に曝された。その名は、久間と額賀である。特に、額賀は現役の財務相であり、その去就がこれからの焦点になるであろう。久間は今は何も肩書きがないのだから、国会が終わったら静かに国会議員を辞めて、警察のお縄に付くべきであろう。この二人を裁判にかける時には、裁判員制度の予行演習として、民間からも裁判員を入れてみると良いであろう。国会開催中で国会議員の不逮捕特権に恋々することなく、両氏ともに即時国会議員を辞職し、特捜部の調査に協力すべきだ。
 福田総理は、現役の財務相の名前が出たことで、痛手を受けるであろう。福田総理は、安倍の坊ちゃまのように、かばうでもなくほっておいて、本人が辞めるのを待つ、なんてやっていては、同じことになりますぞ。直ぐに額賀を切るべきだと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冤罪の責任取らぬ裁判所

 強姦(ごうかん)と強姦未遂の二つの事件で02年に富山県警に逮捕された同県の柳原浩さん(40)=再審で無罪確定=が服役後に無罪とわかった事件で、この2事件を自供し、計14件の強姦致傷罪などに問われた松江市、無職大津英一被告(52)の判決公判が14日、富山地裁高岡支部であった。藤田敏裁判長は大津被告に懲役25年(求刑同30年)を言い渡した。
 判決によると、大津被告は02年1月から約4年半の間、富山、石川、鳥取の3県で、少女に強姦を繰り返した。藤田裁判長は情状酌量の理由の中で「被告の申告で、別人が確定判決により服役して再審の対象となった事件が解明された」と述べた。(以上(朝日新聞2007年11月14日16時44分)より引用)

 冤罪を起こしても、真犯人の裁判を行えば済む裁判所は気楽なものである。また、判事、刑事ともに責任を問われるものは誰もいない。冤罪で服役した過去を補償するのも微々たる金である。冤罪で処罰された人には、担当した裁判官、判事、刑事を告訴する権利を与え、冤罪に応じてそれぞれを処罰する法律を作るべきである。少なくとも執行猶予は与えず、実刑で刑務所に入って貰い、自分が行ったことでどれだけ人を傷つけたか、自分を反省する機会を作るべきだと私は思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

もみあげにいちゃもん付ける大相撲

 大相撲九州場所2日目、黒海に「もみあげ禁止令」が通告された。場所前の巡業からエルビス・プレスリーばりのもみあげを蓄えていたが、初日夜に師匠の追手風親方(元幕内・大翔山)から「そんなことでなく相撲で目立て!」と忠告され、やむなくきれいにそって土俵を務めた。黒海は「前にもはやしていた力士がいたのに、何でダメなのか。巡業でも好評だったのに。正直すごく腹が立つ」と不満そう。取組でも白露山に敗れ、散々な1日となった。(以上(スポーツニッポン2007年11月13日)より引用)

 もみあげの相撲取りと言えば、高見山がそうだったように思う。今になってこのようにもみあげを剃れなどと、時代錯誤も度が過ぎることを言う相撲協会も度量の狭いものだ。もみあげがダメであるなら、それなりの理由を説明すべきである。それよりも、時津風部屋の不祥事(今場所の兄弟子出場禁止)や朝青龍の問題をどうするかである。時津風部屋は早く兄弟子の白黒をつけて欲しいし、朝青龍はモンゴル平原に放牧したままである。どれを取っても、もみあげどころの話ではない。それさえ分からない北の湖理事長は身の退き所ではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキャンダルTPOが大事なり

 初代横綱・若乃花、花田勝治(79)の隠し子が花田家に関する暴露本を出版する。9日発売の「花田家の隠し子」を書いたのは花田河成氏(35)。
 民族音楽の演奏家だった韓国人の母と勝治の間に生まれた。13歳で来日し、若貴の1年後輩として当時の藤島部屋に入門。若乃花の付け人を8年間務め、97年に廃業。02年にようやく認知され、花田姓を名乗るようになった。
 内容は、花田家の全盛期から、若貴の確執、花田勝・美恵子夫妻の離婚までを身内の目で赤裸々に暴露したものだ。【2007年11月8日掲載】 (以上[日刊ゲンダイ:2007/11/11 10:00]より引用)

 暴露本を出すにしては、時期を間違っている気がする。なぜなら、花田勝の離婚でもマスコミは騒ぎ立てなかった。初代若乃花に隠し子がいたとしても、それを報道するほど初代若乃花にニュースバリューあるとは思えない。朝青龍ですら当初は大騒ぎになったが、モンゴルに帰ってから、11月に日本に帰ると伝わっても、もうどうでも良い感じで、相撲界は既に白鵬の時代になっている。そこに初代若乃花を持ってきても、話題にもならないように私は思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

岩手競馬にハート印の救世主

 額に白いハート模様が入った競走馬「トレジャースマイル」=牝(めす)、2歳=が10日、岩手県奥州市の水沢競馬場でデビューした。
 結果は9頭中5着だったが、ファンからは「かわいい」と歓声が上がっていた。
 デビュー戦は、初出走の2歳馬が競う「フューチャー競走」(850メートル)。県競馬組合は、ハート模様の服やアクセサリーをつけた人たちの入場を無料にしたため、パドックには大勢のファンが詰めかけた。
 村上昌幸調教師はレース後、「どんどん力をつけて、人気に応えられるように頑張りたい」と抱負を語ったが、岩手競馬は経営が厳しく、今年度末に赤字が出れば廃止される。がけっぷちの岩手競馬にとって救世主となるか、期待と注目が集まっている。(以上(2007年11月11日1時32分  読売新聞)より引用)

 高知競馬の「ハルウララ」と並ぶ岩手競馬の「トレジャースマイル」は額に白のハートマークの可愛さで人気を博している馬だ。しかし、岩手競馬は、今年度末で赤字になれば廃止が決定されている。「トレジャースマイル」は他の競馬場という選択肢があるだろうが、何としても高知競馬を立て直した「ハルウララ」のように、岩手競馬の救世主になって欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

BSはスクランブルが入ってる

 総務省の「公平負担のための受信料体系」研究会が、NHK衛星放送の受信料引き下げについて年内に検討を始めることになった。同省で別の研究会が議論しているNHK衛星放送のチャンネル数削減とも連動し、料金水準のほか衛星放送受信料の集め方もテーマに取り上げる。検討結果を意見として来夏までにまとめる。
 衛星チャンネル数の研究会は、現在ある3チャンネルを少なくとも一つは減らすべきだとの考えだ。残ったチャンネルは高画質化が有力で、その点ではコスト増要因になるが、衛星放送コスト全体では減る可能性があるため、受信料引き下げの検討が必要と判断した。
 これまでの議論ではNHK衛星放送について、「希望者だけに課金する有料放送とすべきだ」「地上波と契約を一本化すべきだ」といった意見もあり、徴収方法も含めて検討する。(以上(朝日新聞2007年11月10日01時45分)より引用)

 総務省の「公平負担のための受信料体系」研究会が、NHKのBS放送を少なくとも一つは減らすべきとの考えを示しているが、私は、1波で十分だと思う。その一つとして、難視聴地域へのテレビ放送は、今のNHK総合、教育の内容を上手く組み合わせば済むことである。また、大リーグ放送は、画面に映る日本企業の日本語の広告を映しているに過ぎないから、セイフィコフィールドのように「任天堂」の広告をするためにBS1は存在しているのであるから不要である。BSのNHKには、画面にスクランブルと言うべき嫌がらせの表示を行っており、WOWWOWと同じことをしていることからも、視聴したい人からのみ受信料を徴収すべきである。民放のBSを楽しむために、NHKに受信料を払わなければならない意義を見いだせない。また、BS-hiは、NHK放送技術研究所が、既に時代遅れになったMUSE方式という過去の遺物を放送したという実績が欲しいがために、アナログハイビジョンを放送をはじめたものであるから、これも無用の長物である。NHK放送が無くても、民間のBS、CS放送を視聴者が好きな放送を選んで料金を払って視聴できる時代である。NHKの放送もそれと同列(見たい人だけが受信料を支払う)に考えるべきと私は考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清原に未だに頼るオリックス

 オリックスの清原和博内野手(40)が、来季の契約について球団とほぼ合意に達していることが、8日わかった。清原は今季、左ひざを2度手術するなどして、出場機会がなかった。中村勝広球団本部長は「12月に契約交渉を予定している」と話した。
 また村松有人外野手(34)と北川博敏内野手(35)は、FA権を行使せずに残留する見通し。ローズとラロッカ、デイビーの3外国人との契約もこの日までにまとまり、来週にも発表される。(以上(2007年11月9日読売新聞)より引用)

 オリックスほど有難い球団は無いであろう。今年は、シーズン途中で手術して休場でも本人から年俸返上の打診を断ったぐらい金持ちである。清原に払うぐらいなら慈善事業に寄付した方が良いのではと私は思う。
 野球を本当に愛しているなら、中村紀のように最低年俸からスタートするぐらいの気が無いと来年も使い物にならないであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先進国聞いて呆れるまた騒ぎ

      恐怖!中国製毒ビーズ回収
 【ワシントン=渡辺浩生】米消費者製品安全委員会(CPSC)は7日、カナダの玩具メーカーが販売した中国製の人気ビーズ玩具「アクア・ドッツ」約420万個の自主回収を発表した。ビーズに毒性の化学物質が含まれ、誤って飲み込むと意識を失ったり、呼吸が苦しくなったりする恐れがある。2人の幼児が意識をなくして病院に運ばれた被害が報告されており、CPSCは使用中止を呼びかけている。 
 回収を始めたのはスピン・マスター(本社トロント)。商品は今年4月から全米で17~30ドルで販売。水を掛けるとビーズ同士がくっついていろいろな形をつくることができる。小売り最大手ウォルマート・ストアーズでは今年のクリスマス用玩具のトップ12位に挙げられた人気おもちゃだ。
 しかし、表面に「1・4-ブタンジオール」という工業用溶剤が使用されており、体内に摂取すると麻薬のように中枢神経を抑制する毒性がある。同社はカナダでも自主回収する。オーストラリアでも同様のビーズを飲み込んだ3人の子供の被害例があり、100万個の回収が開始された。(以上(msn産経新聞2007.11.8 18:26)より引用)

 世界の超大国と勝手に自負だけしている中国製品から、またもや毒性の含まれたビーズにより2人の幼児が意識をなくして病院に運ばれたという事故を起こしている。どうして超大国からこのように不注意と言うよりも意図的と言った方が正しいかも知れないことが、度々発生するのであろうか。中国から子供用品を輸入する場合には、中国内で3年間販売して事故が一件も起こらなかった物についてのみ輸出を認めたら良いのではないか。中国が如何に頭と手足が離れているかを如実に表している事件ではないだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

海外は公平にせぬNHK

 NHKが10月28日に放送した紀行番組「NHKスペシャル 新シルクロード」に対して、駐日トルコ大使がNHKの橋本元一会長あてに抗議する内容の文書を送っていたことが、6日分かった。
 大使が10月30日付で橋本会長にあてた文書によると、武装勢力「クルド労働者党(PKK)」を取り上げた内容が「一方的で真実に反するものであり、誤解を招きかねない」として、再放送をしないよう要請。「PKKは、国際社会ではテロリストとして正式に認知されている」としている。
 番組は11月1日未明に再放送された。NHK広報部は、「番組はトルコの現状を客観的に伝えたもので、取材も誠実に対応した」とコメントしている。(以上(2007年11月6日11時7分読売新聞)より引用)

 明治以後の友好国であるトルコから、NHKに対して取材が一方的で、再放送はするなと厳重な抗議にもかかわらず、再放送を行った。とても公共放送を標榜して受信料を搾取しているNHKのやることではない。国内の選挙時には、各候補が同じ時間になるように秒単位で編集しているが、海外には、そのような配慮もせず、視聴者に誤った認識を植えかねない行為をしている。橋本は、自腹でNHKの放送枠を購入して謝罪を全世界へ放送すべきである。単なる謝罪放送では貴重な受信料を使うので、自分の給与から支払うべきだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中国で麻婆豆腐も食べられぬ

 2007年11月、江西省当局が豆腐など大豆食品を生産する小工房を検査したところ、半数以上で基準値以上の大腸菌が見つかるなどの問題が発見された。写真は広東省の大型工場。 豆腐をはじめとする大豆製品は製法が簡単なため、個人経営の小工房で作られていることが多い。現在、江西省の市場の90%は小工房によって占められているという。しかし、小工房の多くは衛生面の問題も多く、マンションの一室程度の狭い空間で各工程を分割せずに一か所で行っているために二次汚染の可能性も極めて高い。さらに、道具を正しく消毒していない・凝固剤の投入量が目分量で行われている・生産から販売まで正しい保存措置がとられていないなど多くの問題を抱えている。
 衛生庁では問題解決のため、ゴミ捨て場・トイレ・養鶏場付近での小工房の設置禁止、工房内に衛生設備を設置することなどを要求している。(翻訳・編集/KT)
(以上[Record China:2007年11月06日 11時56分]より引用)

 世界の超大国を標榜する中国で、大腸菌が特に個人経営の店の豆腐から検出された。海外に行くと生水は飲むなと言われているが、中国の場合、四川料理で有名な麻婆豆腐さえも麻婆豆腐大腸菌添えになって、テーブルに出てくることになる。豆腐だけでもこのような体たらくなので、オリンピック出場選手全員に、競技の前日に満願全席を振る舞えば、中国選手を覗いて、お腹を壊して出場不能になり、全ての競技で五星紅旗が会場に挙がるのではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エキスポランドで命を賭けて遊ぶ人

 大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」で5月、ジェットコースターが脱線して1人が死亡、19人が負傷した事故から、5日で半年。8月から営業を再開したものの、遊具のトラブルが相次ぎ、入場者数は前年の2割程度にとどまっている。園内のレストランや売店も売り上げ減で苦境の中にある。府警の捜査は続いており、事故の影響は重い。
 5日の開園前、事故で亡くなった会社員小河原良乃さん(当時19)の冥福を祈って、事故現場わきに建てられた慰霊碑に、園を経営するエキスポランド社の社員が集まった。伊藤正則取締役は「安全管理の徹底を再確認しよう」と話し、社員らは碑に花を手向けて、改めて安全を誓った。
 同園は夏休み中の8月10日から営業を再開したが、遊具のトラブルが次々と起こった。9月に事故機と別のジェットコースターが周回後に止まらずに客を乗せたままもう1周し、10月にはボート形遊具で小学生が遊具のへりに頭をぶつけるトラブルがあった。
 客足は激減。年間で最もにぎわう8月の入園者数は約4万9500人で前年の78%減。9月は1万1700人とさらに減って86%減、10月も約1万6900人で79%も落ち込んだ。
 10月中旬には、点検のためコース途中で停止していた遊具を見た人がトラブルと勘違いし、連絡を受けた市があわててエキスポ社に確認する「騒動」もあった。
 園内約20の売店やレストランも人影はまばら。売店の女性店員は「事故の後は休日でも人が少なくて、忙しい日もほとんどない」とこぼす。
 今年4月から10月末までの入場者数は前年度の約3分の1。近年、年30億~40億円だった売り上げが大きく落ち込むのは必至だ。負傷者の一部とは補償交渉がまとまったものの、小河原さんの遺族や大半の被害者とはまだ交渉が続いている。
 エキスポ社は園内での催し物での集客を狙っている。9月末から12月までサーカス、10月から1月まではチリから運ばれたモアイ像の展示と矢継ぎ早にイベントを企画。12月にも新イベントを準備している。
 大阪モノレールの各駅で社員がイベントのチラシを配ったり、今年修学旅行をキャンセルした学校へ直接社員が赴いて謝罪と来年以降の来園をお願いしたりと園外の営業活動に力を入れている。エキスポ社事業部の芝和宏次長は「あれだけの事故を起こし、すぐにお客様が戻ってくるわけはない。イベントをきっかけに『エキスポも頑張ってるな』と思ってもらうことから、信頼につなげていきたい」と話している。

 死亡事故の後で、総点検をして再開しても死亡にまでならない事故を懲りずに起こしているエキスポランドに、まだ、月に1万人以上の方が、肝試しに訪れていると言うから、驚きである。イベントの準備やチラシ配りもよいが、本当に今のままで安全か、確かめる、事故を起こさない、これを徹底させる方が先ではないかと私は思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

格安機なら安かろう痛かろう

 3日午後7時15分ごろ、神戸発羽田行きスカイマーク114便(ボーイング767―300型機、乗員乗客190人)が羽田空港に着陸した際、機内サービス用のカート(重さ約44キロ)が収納場所から飛び出し、通路側の座席に座っていた乗客2人にぶつかった。
 男性会社員(44)が右足のすねを骨折し、もう1人の男性も左肩を打撲した。
 カートは通常、離着陸時に動かないよう固定する決まりになっている。国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は4日、スカイマーク側から詳しく事情を聞くことにしている。
 国交省などによると、カートは乗客に配る飲み物などを入れるもので、事故当時、客室後方の調理室内の収納場所にあった。
 担当の客室乗務員は、カートを収納する際にカギをかけるなどして固定したかどうかをよく覚えていないという。(以上(2007年11月4日1時26分読売新聞)より引用)

 格安だけを売り言葉にしているスカイマークの機内で、着陸時に事故が起こった。それも客室乗務員が、正規の位置にカートを仕舞って鍵を掛けたかも覚えていないという状態である。それだけ、いい加減なのは、空飛ぶパート乗務員であるから、責任感のどこかが薄れているのではないかと私は思う。責任感がないのか、業務内容が多いのかは分からないが、単位時間に人間のできる仕事量は限られている。本当に今の体制でエアマークは安全なのか、航空・鉄道事故調査委員会にしっかり見て貰うのが良かろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宦官で性犯罪を抑止する

 三重県警いなべ署が窃盗容疑などで逮捕した岐阜県海津市平田町、家電製品販売業、愛宕博昭容疑者(39)=同罪で起訴=が調べに対し「平成元年ごろから(逮捕された)ことし8月にかけて、岐阜や愛知、三重で約100人の女性を暴行したり、抱き付くなどした」と供述していることが30日、分かった。
 同署で各県警と連絡を取り裏付け捜査を進めており、容疑が固まれば再逮捕する。
 同署によると、愛宕容疑者は愛知県で約80件、岐阜県で約50件、三重県で約20件の計150件の強姦(ごうかん)や強制わいせつ、窃盗を供述した。
 うち約110件約100人が女性に対する暴行など。10代から30代の女性を狙い、無施錠の家に侵入し暴行したり、帰宅途中の女性を尾行して路上で背後から抱きつくなどの手口だったという。また侵入先で現金を盗むこともあったと供述しているという。
 愛宕容疑者は8月21日、三重県いなべ市の解体業男性宅に侵入。1階和室にあったかばんの財布から2万4000円を盗んだ容疑で逮捕された。(以上(msn産経ニュース,2007.10.30 13:45)より引用)

 直接の逮捕事由は、窃盗であるが、許されないのは、約100人に及ぶ女性への猥褻行為である。その中には、強姦も含まれている。日本では、このように複数の犯罪を行っても、一番重い刑の1.5倍以上の刑罰は与えられなくなっている。その一方で、大学教授という地位がありながら、痴漢を止められない植草教授のように常習犯が絶えない。
 猥褻行為の罰則は、生殖活動ができなくするという宦官の刑を科せるべきである。そうすることにより男性ホルモンが減少する。それより、強姦という犯罪ができなくなる。まず、手始めに上告している植草教授から適用したいものであるが、法律制定前であるから適用できない。次の犯罪抑止のために、早急な立法化を求めたい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

正当防衛で死んだら容疑者

 静岡県島田市で9月、同県掛川市の男性会社員(当時38歳)が静岡市の美容師見習の少女(16)に刺されて死亡した事件で県警島田署は1日、わいせつ目的略取や傷害などの容疑で死亡した会社員を静岡地検に書類送検。少女も、殺人容疑で書類送検した。
 調べでは会社員は9月4日未明、静岡市内を自転車で帰宅途中の少女を刃物で脅して車に乗せて連れ回し、車内でアイスピックで刺すなどした疑い。少女は同日午後1時ごろ、島田市の山中の道路脇に止めた車内で、車内にあった包丁で男性の胸などを刺し、殺害した疑い。【浜中慎哉】(以上(毎日新聞2007年11月1日19時24分(最終更新時間11月1日19時42分)より引用)

 この少女の件は、夜中に帰宅しなければならない理由が不明であるが、夜は夜なりに注意しなければなる。しかし、彼女の行動は、先に男性会社員が車に脅して乗せた、アイスピックで刺す、という行為を行っており、私は正当防衛が成立すると考える。早く少女が立ち直ることを願っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳩山家アホを輩出する名家

 [東京 29日 ロイター] 鳩山邦夫法相が29日、都内で行った講演で「友人の友人がアルカイダのメンバー」などと発言し、その人物が偽造パスポートで日本に入国したともとれる発言をした。ただ、断定できる内容ではなかったとして、その後に発言内容を修正した。
 同法相は、入国する外国人に指紋の採取を義務づける改正出入国管理・難民認定法に関する質疑の中で、2002年10月に202人の犠牲者を出したバリ島での爆破事件にも関わったとする人物について触れ、この人物から、安全上の理由からバリに近づかないように警告を受けたなどと語っていた。 
 その後、同相は記者会見を開き、爆破事件に関する警告は、事件の数カ月後に人づてに聞いたものだと発言内容を修正。さらに、バリでの爆破事件後、この人物が2─3回にわたり日本へ入国したことを友人から聞かされ、入国管理当局に対して危険だと話したと釈明している。 (以上(朝日新聞,ロイター,2007年10月30日12時37分)より引用)

 代々、政治屋を輩出している鳩山家は、由紀夫、邦夫のバカ兄弟が与野党に別れて日本を駄目にしている。鳩山邦夫は、国内外がどう反応するかも考えずに、友達の友達はビンラディンなどとほざいている。当然、友達の友達は皆友達であるから、アルカイダの一味として逮捕し、テロリストであるかないか、法相であろうが無かろうが、徹底的に取り調べを行うべきである。
 また、邦夫は、死刑について逸物を持っているらしいが、政治家と公務員の犯罪の刑罰の上限を「死刑」として、藤波孝生の様に有罪の犯罪者は、絶対に国会には戻れない様にすべきであろう。
 どちらにしてもこの兄弟、失言だけが唯一政治の表舞台に出るようでは、鳩山家はお先真っ暗だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夢之助お前の落語うざいだけ

 島根県安来市で9月に催された敬老会に出演した落語家の三笑亭夢之助さんが、手話通訳者に対して、「気が散る」などと発言していたことがわかった。
 通訳者は舞台を下りて、手話を続けたという。聴覚障害者団体から抗議を受け、主催した同市は広報紙におわびを掲載し、出席した聴覚障害者らに謝罪した。
 同市によると、敬老会には、今年70歳を迎えるお年寄りら約250人が参加。市は聴覚障害者に配慮し、高座の真横に手話通訳者を配置した。夢之助さんは高座にあがって約5分後、「手話の方がおられると気が散る」などと移動するよう求めた。このため、主催者側が手話通訳者を舞台下に降ろしたという。
 これに対して、県ろうあ連盟が、夢之助さんや市に対して抗議文を送付。夢之助さんは、市側から事前に手話通訳がつくとの説明がなかったと話し、「人を楽しませる商売の者が、不愉快な思いをさせて申し訳なかった」と謝罪している。(以上(2007年10月31日12時15分読売新聞)より引用)

 三笑亭夢之助が、落語を手話通訳している人に対して、「気が散る」と暴言を吐いたと言うことが明らかになった。完全に今の風潮から面と向かって対抗しようという発言だ。耳の不自由な人達が楽しみにしていた行事に水を差したのだ。お詫びをすれば済むという問題ではない。落語協会から追放し、一切夢之助に仕事を与えないことが、落語協会が取るべき態度ではないか。それとも、夢之助が高座に上がったら、観客全員で座布団を投げてやり、喋り出したらみんなでブーイングをするぐらいしても良いのではないかと思う。そして、夢之助が目障りだからやったと言っておけばよい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »