« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

韓半島に芽生え始めた知財権   

 韓国の3大テレビ局は北朝鮮・朝鮮中央テレビの映像を使用する使用料として、来年から北朝鮮側に毎年数千万ウォンを支払うことで7月に合意していたことが分かった。
 SBSの幹部は「ニュース番組などではこれまで朝鮮中央テレビの映像を無償で使用してきたが、南北経済文化協力財団が北朝鮮側の著作権代理人となり、今年7月に全国ネット局3社と交渉がまとまった。SBSは財団を通じ、毎年2000万ウォン(約250万円)前後を朝鮮中央テレビに支払うことになった」と述べた。MBCはSBSより多くの金額を、KBSは3000万ウォン(約370万円)以上支払う予定だという。
 「南北経済文化協力財団」は2004年に設立され、大統合民主新党の任鍾晳(イム・ジョンソク)議員が理事長を務めている社団法人。この交渉は1年半にわたり進められたとのことだ。
 交渉の際、韓国側放送局は「南北間の理解を深めるため報道目的で映像を使用しているのに、その使用料が要求されることに当惑している」「北朝鮮側が韓国の映像を使用する場合については協議されなかった。韓国側だけが一方的に朝鮮中央テレビの映像に使用料を支払うのは不適切」と主張したという。(以上(チェ・スンヒョン記者,朝鮮日報/朝鮮日報JNS,2007/08/30 08:00:13)より引用)

 もうすぐ頭の血管が切れそうな声でニュースを読み上げるのが特徴の北朝鮮・朝鮮中央テレビの映像に対して使用料を韓国が支払うことになった。韓国も知的所有権には疎いところがあるが、北朝鮮、中国と言えば、知的所有権についてほとんど造詣がない国家である。その中で北朝鮮が知的所有権に目覚めたとすれば、すばらしいことである。そうなると日本も北朝鮮に使用料を支払うようになるかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入閣の電話が無くて駄々捏ねる

 27日の内閣改造で入閣が確実視されながら、外された矢野哲朗参院議員(60)。モーニングまで用意し、報道陣に囲まれて官邸からの電話を待ち続け、落胆した様子がテレビで映し出されたこととで、矢野氏の事務所には、視聴者から「そんなに大臣のイスがほしいのか」と抗議の電話が相次いだという。矢野氏を直撃した。
 矢野氏は29日朝、夕刊フジの取材に「確かに、あの場面だけを見れば、そうした批判を受けることも仕方がないと思います」と語った。
 それでも、一連の場面が収録された経緯には、「私はこれまで一度も自分から猟官運動をしたことはない。報道陣が事務所に来たのは、私が参院の国対委員長として、この3年間、必死に汗を流してきた結果を第三者が客観的に評価して、『参院の(入閣)枠が1であっても矢野は間違いない』と考えられたから。自分から報道陣を呼んだワケではないんです」と強調する。
 抗議電話があったことには、「確認はしていないが、単に私個人が大臣になりたいという話ではない。国対の仕事というのは、表からはなかなか見えない裏方の仕事だが、大事な仕事。私に続く人もおり、そこで必死にがんばったことが(入閣という形で)評価されないとすれば、自民党の参院議員の今後の活力にも影響するのはないのでしょうか」と訴えた。
 入閣から漏れた後、矢野氏は直接、首相に電話したが、「(事情説明が)十分ではなかった」と今も不満を持っていることを明かした。
 矢野氏の秘書によると、事務所が受けた抗議電話は3、4本程度で、激励する電話のほうが多かったという。
 参院は民主党が第一党となり、自民党は今後、厳しい国会運営を迫られる。矢野氏は「私の仕事については、野党の先生に聞いてもらったら良く分かる」と語り、改めて無念さをにじませた。(以上(ZAKZAK 2007/08/29)より引用)

 往生際の悪いとしか言いようのない矢野哲朗である。今回の組閣で、自分の過信と現実との乖離が一番大きい議員であろう。閣僚の発表後に、忙しい安倍晋三にわざわざ電話まで掛けているぐらいであるから、安倍晋三は夜道(料亭から車まで)を用心した方が良さそうである。次の内閣改造は、安倍晋三が衆議院を解散もしくは内閣総辞職であろう。矢野哲朗は大臣になりたければ、後何年か分からぬがさらに一層汗をかくことであろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

実力がないのに計画は立てる

 再使用型宇宙船の開発を目指す宇宙航空研究開発機構(JAXA)は今年11月、無人小型実験機を使った飛行試験を北海道大樹町で実施する。ヘリコプターでつるした実験機を高度1キロで分離し、約1キロ離れた滑走路に自動着陸させる計画だ。
 実験機は想定している宇宙船の5分の1の大きさで、長さ1.6メートル、幅87センチ、重さ30キロ。05年度から研究開発を進めていた。軽量化するために翼を最小にし、胴体そのもので揚力を発生させる「リフティングボディー」という形状が特徴だ。荷物を積む空間が機体に増える半面、低速になると安定性が悪くなるため、着陸時に制御しにくい。
 このため、機体の周囲の空気の流れなどをコンピューターで解析し、制御しやすく安定して飛行できるように設計を改良した。昨年末からは、実験機で風洞試験をし、予定通りの飛行性能が得られることを確認した。
 JAXAは開発中の宇宙船技術を、将来は国際宇宙ステーションなどへの人や物資の輸送などに利用する構想を描いている。
 世界的には、人や物資を宇宙空間に運ぶ手段は、機体の一部を再使用している米のスペースシャトル以外は、使い切りロケットが一般的だが、JAXAは「使い切りだとコストを抑えるのが難しく、将来的には簡単な整備で繰り返し使える宇宙往還機が必要だ」と話している。【下桐実雅子】(以上(毎日新聞2007年8月28日15時00分)より引用)

 宇宙航空研究開発機構は、H2Aでも目標を達成できずに、移管した三菱から打ち上げの度に2~30億円の税金の補助がないとできないなどとほざいているのに、新しい花火を打ち上げたようである。スペースシャトルで機体の一部を再使用しても、ダメなのに、日本の宇宙航空研究開発機構がやったからと言ってできることなど皆無であることや、コストが安くなるなどと嘘八百を並べて、税金をちょろまかしていることは、これまでで十分証明されている。まともな開発のできない組織には、税金からの補助は打ち切って、海外に打ち上げを依存した方が、コストが安くなるのではないか。文句があるなら、H2Aから見直して、世界に比肩できるロケットに仕上げることである。また、かぐやで三菱がコンデンサの向きを逆にして、打ち上げ時期が遅れたことに対する賠償金をこの計画に流用するのなら良いと思う。まさか、三菱に対して何のペナルティも無いなんて言うことはないですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本語の歌詞が戻った歌謡曲

 ユーミンなどの歌詞、日本語に回帰・国語研調査

 日本を代表する女性シンガー・ソングライターの中島みゆきさんと松任谷由実さんの曲の歌詞に出てくる外国語の割合が、1970年代のデビューから90年代後半までは増加したが、2000年以降は減り「日本語回帰」とも言える現象が起きていることが27日、伊藤雅光・国立国語研究所文献情報グループ長の調査で分かった。
 調査は、デビューから昨年12月までに発売された中島さんの321曲とユーミンの347曲のいずれも3万語以上の歌詞を(1)日本語(2)アルファベット表記の外国語(3)カタカナ表記の外来語―などに分類した。
 中島さんは70年代には外国語を使わなかったが、90年代後半には歌詞に占める割合が5.9%まで増加。しかし2000年以降は減った。外来語はおおむね2%台で推移している。
 ユーミンは外国語を多用し、ピークの90年代後半は70年代の3倍超の13.9%で中島さんの2倍以上。2000年以降は減少に転じ、外来語も2.8%で過去最少。(以上(〔共同〕(2007.08.27,12:11)より引用)

 面白い分析だと思う。記憶からしても90年代は外国語の多い曲が多かったと思う。さらに、男性歌手の代表として、小田和正(オフコース)、南こうせつ(かぐや姫)の比較データもあれば、面白いと思う。それにしても、40年近い間、第一線で活躍されていることもすごいと思わなければならない。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

人罪はいても人材いない安倍の側

 27日に初めての内閣改造を行う安倍首相は、人心一新で政権浮揚を目指すが、幅広い選択肢を困難にする壁は多い。
 新閣僚は「政治とカネ」の問題で厳しい追及を受けるのは必至で、今回は入閣に及び腰の議員も多い。また、続投が見込まれていた小池防衛相が自ら留任しない考えを表明し、女性議員も人材難が指摘されている。
 内閣改造に向け、自民党は入閣候補者の政治資金の状況を調べる一方、内閣官房でも、過去のスキャンダルの有無を調べるなど、「身体検査」を進めている。
 しかし、「政治とカネ」については、「3年間の保存義務がある経常経費支出の領収書がないなど、細かくチェックすれば、不備や問題点はキリがない。閣僚適格者は少ないのが実情だ」(党関係者)という。(以上[読売新聞社:2007年08月26日10時56分]より引用)

 前回組閣では、小泉流で情報をマスコミに流さずに決めた安倍晋三が、今回はボロボロと人の名前が漏れてくる。太平洋戦争に例えると怒る方がおられるかも知れませんが、前回の組閣は真珠湾攻撃、今回の改造人事はミッドウエー海戦であろう。ボロボロと候補者の名前が漏れること自体、機密保持ができない奴らで組閣しようとしていること、森のバカたれに従って、組閣人事を考えることは、支持率5%以下の新記録を狙っているとしか考えられない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

森のバカたれに助言する者なし

「金大中氏よ、国家の最高元老らしい振る舞いを」
側近の大学教授が政治介入批判

 金大中(キム・デジュン)前大統領が昨秋以降、政治介入を繰り返し、囲碁や将棋の差し手を周囲から指図するさまに似ていることから、韓国語で「訓手政治」などと皮肉られている。こうした中、金大中氏の学界ブレーンと言われた東国大の黄台淵(ファン・デヨン)教授は24日、「現実政治は後進に任せ、ノーベル平和賞を受賞した国家の最高元老らしく振る舞ってほしい」と苦言を呈した。
 黄教授は本紙との電話インタビューに対し、「金大中氏が党派の争いに介入することは、韓国政治の発展に何の助けにもならない。国家の最高元老らしく、世界の人権問題や平和問題に関心を傾けてほしい」と注文を付けた。
 黄教授は金大中氏が現実政治に介入する背景について、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の失策で「権力の空白」が生まれ、金大中氏の影響力が相対的に大きくなったためと解説した上で、「ヨルリン・ウリ党の政治家がやってきて助けてくれというので、金大中氏が巻き込まれた側面もあるようだ」と付け加えた。
 黄教授はまた、金大中氏の「訓手政治」は基本的に誤った判断だったと指摘する。ヨルリン・ウリ党と民主党が瓦解し、両勢力が元のさやに納まったと言える「大統合民主新党」の成立過程で金大中氏が隠れた主役と目されているが、統合新党を結成すればその間の国政失敗を払しょくできると考えたのが誤りだったという見方だ。黄教授は「金大中氏の誤った判断により、むしろ全羅道を分裂させた」と見ている。金大中氏は過去にも肝心な場面で判断を誤った。黄教授は「金泳三(キム・ヨンサム)元大統領は2回の挑戦で大統領になったが、金大中氏は4回もかかった。それも金鍾泌(キム・ジョンピル)氏との連帯がなければ不可能だった」と話した。当時、金大中氏に金鍾泌氏との連帯の基本構想を示したのは黄教授だった。
 金大中氏はこのほど、丁世均(チョン・セギュン)議員らヨルリン・ウリ党の旧指導部と会い、民主党の分裂、北朝鮮への不正送金追及、金泳三政権下での金大中氏に対する盗聴事実を公表しなかったことなどに対する盧武鉉政権の謝罪を要求した。これについて黄教授は、「金大中氏が新党をめぐり盧大統領と主導権を争っている過程での出来事だ」と指摘。その上で、「金大中氏が新党を作ってみたところ、市民団体の後押しで親盧勢力が過去より増えたことが分かり、10月の南北首脳会談後に(新党に対する)盧大統領の影響力がさらに大きくなることにけん制球を投じたものだ」と分析した。黄教授は「2003年に民主党が分裂した際に何も言わなかった人間が今になって分裂は誤りだったと話しているが、最近民主党を分裂させた人物こそ金大中氏ではないか」と述べ、金大中氏の二男、金弘業(キム・ホンオプ)議員らが先月、民主党を離党し新党に合流したことに疑問を投げ掛けた。黄大振(ファン・デジン)記者,(以上(朝鮮日報/朝鮮日報JNS,2007/08/25 14:58:16)より引用)

 金大中氏も大統領という頂点に立ちながら、浮遊霊のごとく政治に裏から手を出している。これは、他国のことと思ってはいけない。安倍晋三の人気が落ちてから、支持率5%の森喜朗がしゃしゃり出てくるようになった。自分が総理の時には、失言の連発でまともな政治ができなかった森喜朗である。それでも口を出すのである。静かに晩生を送るのならば良いが、ハッキリ言って金大中も森喜朗も今の政治に取り憑いた悪性腫瘍か癌である。前回の総選挙で小泉純一郎が中曽根康弘に対し、出馬しないことを約束として取り付けた。自民か民主か分からないが、次期総選挙には森喜朗を引退させる力量を持った人が総理になるべきである。森には、引退後暇を持て余さないように、森の配下の土建屋が区画整理をした農地で、休耕田になっている場所を貸してやれば良かろう。森喜朗のHPへの連絡は電話FAXだけで、昔は有ったメールという手段を放棄している。それは、パソコンを使えるアンチ森からの適切な意見を読むと耳が痛くなるので、止めたのであろう。本当に史上最低の息をしている元総理である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東電のでんき予報がパンクする

 東京電力が夏季の平日、その日ごとの電力需給状況をホームページで知らせる「でんき予報」へのアクセスが急増している。今夏は新潟県中越沖地震の影響で柏崎刈羽原子力発電所が停止し、猛暑もあって首都圏の電力需給は日々綱渡り状態が続いているため、電力を大量に使用する工場など大口需要家だけでなく、一般の電力需要への関心が高まっている。
 でんき予報は、東電のホームページ内で見られる。03年にデータ隠しで福島第1、第2、柏崎刈羽原発が相次いで停止し、今夏と同様に需給状況が厳しくなったため、節電に協力してもらうために開設された。
 でんき予報では、電力需要の推移が1時間ごとに棒グラフで示される。朝には、その日の電力供給力が示されるため、東電の供給予備力が分かる仕組みだ。
 今夏の最大電力は、17年ぶりに工場への電力供給抑制を実施した22日に記録した。この日は、「7月の1日の平均をヒトけた上回るアクセス数」(広報部)を記録し、ホームページがなかなか開けない状況が続いた。22日は、最大電力は6147万キロワットに対して、過去の最大電力に匹敵する6400万キロワットの供給量を確保し、停電など最悪の事態は逃れた。
 電力需給の厳しさが続く中、でんき予報は、9月7日まで示される。【内山勢】(以上(毎日新聞2007年8月24日19時34分)より引用)

 柏崎刈羽原発の停止により、東電の電力供給の綱渡りが始まっている。東電ではHP上に電力使用量を一時間毎に表示しているそうである。今のところ、電力供給量は何とか凌いでいるが、電力使用量を示すてんき予報にアクセスが殺到し、パンク状態らしい。まあ、供給電力のパンクではないので、大きな問題にはなっていない所が救いである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

学卒の肩書き付けて何をする

 大学生の2人に1人は「大学に進むのは学歴のため」と考えている――。日本私立大学連盟(東京)がこのほどまとめた「私立大学学生生活白書」で、こんな結果が出た。進学先を選んだ理由も「自宅から通学できるから」が最も多く「無理のない現実的な選択をする学生」(同連盟)の姿が浮かび上がっている。
 私大生を対象に4年に1回実施している生活実態調査で、今回は昨年9月から10月にかけて、全国の122校の学生約6600人から回答を得た。回答率は68%。(以上(日本経済新聞2007.08.23,07:00)より引用)

 大学に進むのは学歴ではなく、大学でより高いレベルの学習を自分でするために行くものである。例えば、大阪市清掃局であった学歴詐称事件では、大卒でありながら高卒の採用に対して受験し採用されたことがばれたからである。「学士」の肩書きがありながら、高卒の試験しか受ける力がない者に「学士」の称号を与えた大学名を全て公表すべきである。噂では、かけ算九九ができない大学生もいるという。このような者にも商売として称号を与える大学は大学と呼ぶ価値のない大学である。
 「学士」の称号を与えても良いレベルを選別するために、全私立大学に共通試験を行い良好な成績の者だけ「学士」とし、足らない学生は「学士崩れ」の称号を与えれば良いのではないだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

空気でも泡のリングは作れます

 島根県浜田市の水族館「しまね海洋館アクアス」で、シロイルカが口に含んだ泡をリング状にして吐き出す芸「幸せのバブルリング」が人気だ。7月から新たに芸を習得した2頭が披露を始め、3頭同時に放つ“幸せの輪”を一目見ようと、カップルや親子連れで連日満員が続いている。
 1日6回の水中パフォーマンスでは、飼育員が吐き出す泡をシロイルカが口に含み、数秒後に3頭が一斉に「フゥー」。すぼめた口から直径30センチの泡のリングが吐き出される。
 2005年12月から1頭で始め、トレーナーの国際会議で日本人として初めて入賞する“お墨付き”も得た。今年5月から3頭同時のバブルリングを計画、訓練を重ねていた。
 3頭のシロイルカは体長4メートル前後、体重約500キロで、飼育する水族館は全国で4カ所だけ。飼育員の森陽子さん(27)は「この芸がなかった時は『イルカなのにジャンプしないのか』とがっかりされることもあったが、よかった。夏休みにぜひ見に来てほしい」と話している。

 煙の輪と言えば、お父さんの得意技という感じがしますが、ここでは、ベルーガ3頭を調教して、水中で泡のリングを作るという技を身に付けています。明石より近くなったので是非とも行きたいと思っていますが、何時のことになるのやらという感じです。曲芸も水族館としての働きですが、ベルーガの繁殖にも力を入れて欲しいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

青春を歌い続けているこころ

 小田和正(59)の新曲「こころ」が27日付オリコン・シングルチャートで初登場1位を記録することが20日確定した。現在59歳11カ月で、シングル1位最年長記録を更新。故石原裕次郎さんが87年8月に「北の旅人」で打ち立てた記録(52歳7カ月)を一気に7歳4カ月上回った。
 小田にとってシングルでの1位は、91年4月に「Oh!Yeah!/ラブ・ストーリーは突然に」で記録して以来。「ラブ・ストーリーは突然に」は同年放送のフジテレビの“月9”ドラマ「東京ラブストーリー」の主題歌。今回の「こころ」も、現在放送中の月9「ファースト・キス」の主題歌に起用されている。
 アルバムチャートでの最年長1位記録は、小田が05年6月に「そうかな」で記録した57歳9カ月。これでシングル、アルバムの両部門で制覇したことになる。(以上(スポーツニッポン2007年8月21日)より引用)

 小田和正と言えば、僕の青春時代の一ページを彩る数多くの曲を手がけておられる。あの高温の声は、何とも言えない。カラオケでは4つ上げてオクターブ下げて歌って丁度良かったという記憶がある。60歳を前に、記録を塗り替える気力には頭が下がる。今後とも良い歌を沢山作って頂きたいものである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

内閣の要も金にだらしない

 塩崎官房長官の事務所の女性職員が自民党愛媛県第1選挙区支部の政治資金約627万円を私的に流用し、発覚を防ぐため、2005年分の政治資金収支報告書に、05年衆院選用の選挙運動費用収支報告書の領収書の写しを添付し、二重計上していたことが分かった。
 塩崎事務所が20日午前、明らかにした。塩崎事務所は同日、二重計上していた約627万円分について、愛媛県選挙管理委員会に収支報告書の訂正を届け出た。
 同事務所は、女性職員を19日付で懲戒解雇し、業務上横領容疑での告訴を検討している。女性職員は私的流用の事実を認めており、「車や旅行、洋服代などに使った」などと説明しているという。
 塩崎事務所は20日、「国民の皆様に深くおわび申し上げますとともに、速やかに実効的な再発防止策を実施してまいります」とのコメントを発表した。(以上(2007年8月20日13時44分  読売新聞)より引用)

 内閣の要である官房長官ともあろうお方まで、経費の二重計上をやっていることが明らかになった。塩崎は、まず、記者会見を開き、土下座して謝罪の上、官房長官辞任では足らないので、国会議員辞職までして貰いたくない。事務員がやろうが本人がやろうが塩崎事務所で行われたことには、塩崎に全責任がある。赤城みたいに領収書を見せびらかして終わりなどでは、許されないが、国民への謝罪の意味で、赤城、久間、柳沢を引き連れて国会議員辞職をして頂きたい。それが官房長官の責任の取り方であろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

禁煙学会が欽ちゃんを利用する

 日本テレビ「24時間テレビ30 愛は地球を救う」が18日に始まった。お笑いタレントの萩本欽一(66)も同日午後6時58分、神奈川県内から70キロマラソンをスタートさせた。
 開始前から「早く走りたい」とやる気満々。「コント55号」でコンビを組んだ坂上二郎(73)が、往年のギャグ「飛びます、飛びます」を繰り出しながら号砲を鳴らした。番組終了の19日午後8時54分までにゴール予定で「欽ちゃん走り」を披露する可能性も。
 また「日本禁煙学会」が「愛煙家の萩本氏に猛暑の中、70キロを走らせるのは非常識」との見解を出したが、同局は「医師の診断も定期的に受け、マラソンも医師が帯同するなど万全の態勢をとっている」としている。
 東京・千代田区の日本武道館では、メーンパーソナリティーの「タッキー&翼」らが応援。(以上(スポーツニッポン2007年8月19日)より引用)

 欽ちゃんは第一回のパーソナリティーだったと思うが、今回は70キロマラソンに挑戦すると言うから、見物かも知れない。
 それに対して、売名行為か「日本禁煙学会」がヘビースモーカーの欽ちゃんを走らせるのは非常識などと花火を打ち上げている。この24時間テレビのマラソンでは、医者を始めサポート体制がしっかりしている。「日本禁煙学会」の医師免許を持った人の意見なのだろうか。私はそれより「禁煙」及び「日本禁煙学会」の売名のためとしか考えられない。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

殴ってもいいともなどと言われない

 フジテレビ「笑っていいとも!」の契約ディレクター松村耕平容疑者(31)が17日、酔って女性の顔を殴ったとして、傷害の疑いで福岡県警博多署に逮捕された。
 調べによると、松村容疑者は17日午前6時半ごろ、博多区中洲2丁目の路上で、通りかかった飲食店勤務の女性(25)に「飲みに行こう」と声を掛けてトラブルになり、顔を1回殴った疑い。その場にいた通行人が110番通報した。同容疑者は酒に酔っていた。「ナンパしようとしただけで、殴ってはいない」と容疑を否認しているが、女性の顔には殴られた痕跡があるという。
 松村容疑者は東京都練馬区在住。制作会社からフジテレビに派遣されており「いいとも」の担当は約10年のベテラン。ほかに、同局の人気バラエティー「水10!」なども担当している。福岡には番組の企画のリサーチで来ていたという。
 フジテレビ広報部は「事実だとすれば極めて遺憾であり、被害者の方に申し訳なく思います」と陳謝している。(以上(朝日新聞2007年08月18日)より引用)

 この容疑者は、「笑っていいとも!」で契約ディレクターをやっていたという。回りにはADが多くいて、ディレクターという肩書きで何でもできるような気になったのではないかと思う。
 肩書きが付けば、如何に組織間のコンセンサスを取るかという力量を問われる。肩書き自体はどうでも良いことなのであるが、肩書きにこだわり、何時まで肩書きが付かない方も知っている。どうでも良いこと(価格が数円違うだけ)でも数時間ぐずぐず言って、購入依頼を切らないのが自分の権限と勘違いしていた。宴会をすれば、愚痴か人に絡むかという奴で、全体でやる宴会以外の身内の宴会には誘わず、一人ずつが普通に帰宅するように事務所を出て、飲み屋で合流すると言うことも何度かやった。自腹を切って愚痴や絡みに対処する義務はない。その部署では、管理職扱いにしていたが、組織変更により、ヒラに舞い戻った。彼がそれまでに所属した部署に聞いても、同じ答えが返ってきた。反省しようにも自分は全く間違っていないと思っている者に、何を言っても馬に念仏であった。そのため何処の部署でも、上司が自分の成果を自分のものにして、自分をおとしめていると思うことで、自分の存在意義を自分で感じているようであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世界へと羽ばたいて行け大相撲

憂楽帳:愛される秘訣
 こんな変なスポーツがあるなんて。富士山の山頂までアイロン台や発電機を担いで行き、アイロンがけをした人の記事(本紙11日朝刊)を読んで、エクストリーム・アイロニングの存在を知った。
 エクストリームとは極限、極端の意味で、アイロニングはアイロンがけ。登山や激流下りなど極限に挑むスリルと、アイロンでパリッと仕上げる満足感を同時に味わえるのが魅力らしい。
 こういうのをまじめに考えつくのはイギリス人しかいないなと思ったら、やっぱり。ニット衣料の工場で働くフィル・ショーさんが10年前に“発明”した。ロッククライミングに行きたいのに、アイロンがけがたまっていて、ならば一緒にやってしまえ、と思いついたらしい。わずか5年で世界大会が開かれ、オリンピック種目となる日も遠くない、と本気だ。
 サッカーにゴルフ、ラグビーにカーリング。多くのスポーツを生んだ国、イギリス。自分の庭先で守るのではなく、世界中で愛されるスポーツに育てるのが発展の秘訣(ひけつ)だ。いろいろ参考になりそうですよ、相撲協会さん。【福本容子】(以上(毎日新聞2007年8月16日東京夕刊)より引用

 ユーモアを楽しむ余裕のあるさすが、イギリスである。体力の極限状態でアイロンをかけるという発想自体日本の風土では生まれることがあるまい。日本が発祥のスポーツは、柔道、剣道、相撲他、軟式テニス、エスキーテニスと言った元からある競技のマイナーチェンジである。日本でももっと独創的な発想ができる環境を整える必要があると思う。
 大相撲も外国人力士がモンゴルだけでなく増えている。彼らが引退して祖国に帰ってもそこで相撲を教える環境を作る必要があると思う。そうして、世界へ相撲を拡げて行けば良いのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

内政には飽きて外交に逃げる

 通常であれば、お盆はゆっくりしたいところですが、来週は海外出張がありますし、また、選挙の結果を受けて、国民の声をどう政策に反映させていくかということも、この時期にじっくりと考えたいと思っています。
 昨日は、62回目の終戦記念日。全国戦没者追悼式に出席し、戦没者のご冥福を祈り、黙とうを捧げました。
 今日の日本の平和と繁栄は、戦争によってかけがえのない命を落とした方々の尊い犠牲の上に築かれています。(以上(安倍内閣メールマガジン(第42号 2007/08/16))より引用)
 また、朝日新聞には、
 パル氏は連合国側の判事として唯一、東条英機元首相らA級戦犯全員の無罪を主張した。この点について「面会はアジア諸国を刺激するのでは」と記者団に聞かれると、首相は「いや、そんなことにはならないと思いますね」と語った。(以上(朝日新聞2007年08月14日18時51分)より引用)

 久しぶりに安倍のメルマガを読んでみたが、内政でごたごたしているこの時期に、外遊をしなければならない必要性が感じられない。また、インドのパル氏の遺族と面会してもパル氏は少数意見でありA級戦犯はA級戦犯である。自分の祖父がA級戦犯から上手く抜け出したことに胸を痛め、A級戦犯=無罪とでも言いたいのであろうか。まるで、最高裁で自分に有利な意見を述べた裁判官に媚びを売るようなものである。
 朝日新聞で「アジア諸国を刺激しない」などとほざいているが、相手の立場に立って物事を考えず、自分が一番と思っている安倍晋三の思う通りにいくのであろうか。次の外交はアジア諸国への陳謝の旅になるように感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靖国の暑い一日追うカメラ

 終戦記念日の15日、安倍晋三首相は靖国神社への参拝を見送る見通しだ。一方、16人の閣僚全員がこれまで記者会見などで参拝しない考えを表明していたが、高市早苗沖縄担当相は急きょ、同日午後に参拝した。昨年は小泉純一郎首相のほか、中川昭一農相、沓掛哲男防災担当相(いずれも当時)が参拝していた。
 高市氏は10日の記者会見で「例年、8月15日は参拝しているが、今年は公務があり難しい」と発言。15日午前の閣議後の記者会見でも「靖国神社の中が騒然としており、静かに祈りをささげられる状況ではない。警備上も大変困難な状況と聞いており、難しいと思う」と同日の参拝を見送る考えを改めて示し「この夏の間、(終戦記念日)前後も含めて参拝はしたい」と語っていた。しかしその後、午後の参拝予定を日程として発表した。高市氏は毎日新聞の取材に対し「日程の都合であきらめていたが、問題がなかったので参拝することにした」と説明している。
 一方、首相は15日午前、首相官邸で閣議に臨んだ。この後、千鳥ケ淵戦没者墓苑での献花や政府主催の全国戦没者追悼式に参列。靖国神社参拝については14日夕「今まで申し上げてきた通りだ」と述べ、参拝するかしないかを事前に表明しない考えを改めて示したが、15日の参拝は見送るとみられる。首相は自民党幹事長時代などは「8・15参拝」を続けてきたが、官房長官だった昨年は4月の春季例大祭前に参拝した。【川上克己】(以上(毎日新聞2007年8月15日11時08分(最終更新時間8月15日14時23分)より引用)

 小泉前総理にすれば、海外からの批判を受けない立場となり、堂々と靖国参拝されたようである。また、見かけ上1枚岩としたかった安倍晋三の意図を無視して高市沖縄担当相が、靖国参拝を行った。靖国問題の根底は、旧厚生省がA級戦犯の名簿を渡したことから始まっている。極東軍事裁判で有罪となったA級戦犯は、日本を戦争へと導いた大臣達である。昭和天皇が、A級戦犯を合祀して以来、崩御されるまで靖国神社を参拝されることは無かった。まず、戦後靖国神社に国が関わらなかったと言うことは嘘で、旧厚生省が戦没者の名簿と共にA級戦犯の名簿も渡したことが発端である。すなわち、A級戦犯合祀には旧厚生省が深く関わっている。厚労省の担当者が生きている内にどういう了見で、このようなことをしたか、徹底的に絞り上げるべきである。その上で、厚労省がA級戦犯の名簿を靖国神社から受け取れば良い。政教分離の原則と言われるが、名簿を旧厚生省から渡しているのだから、取り返しても良いのではないか。一日も早くA級戦犯を靖国神社からご退席願って、天皇陛下も参拝できる靖国神社にすべきである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終戦日と言う政治屋のレトリック

 62回目の終戦記念日を迎える15日、政府は東京都千代田区の日本武道館で、全国戦没者追悼式を開く。各地で自治体や遺族団体、市民団体なども追悼行事や集会を予定している。
 全国戦没者追悼式の対象は、太平洋戦争で戦死した軍人・軍属約230万人と空襲や原爆で亡くなった国民約80万人。遺族や関係者ら約7200人が参列するという。遺族で最年長は101歳、最年少は10歳。
 安倍晋三首相の式辞の後、正午に黙とう。天皇陛下のお言葉に続き、衆参両院議長、最高裁長官、遺族代表が追悼の辞を述べ、参列者の代表が式壇に献花する。
 厚生労働省のまとめによると、このほか35都道県でも自治体や遺族団体が追悼行事を開催する。(以上(2007/08/14 16:53【共同通信】)より引用)

 62回目の敗戦記念日を迎える。ここで問題なのは、敗戦記念日とするべきをそれをぼやかすために終戦記念日と呼んでいる点である。終戦記念日は、第二次世界大戦時の玉砕、転戦と同じ言葉である。文科省は、中国での南京大虐殺は無かった、沖縄で集団自決は無かった。などと教科書を嘘で固めるようになっている。その理由として、その当時の公文書が無いと文科省キャリアはほざくが、どのような状況下で行われたことか理解させるために、文科省、厚労省のキャリア全員硫黄島なり、他の島で未だに残っている聖霊の遺骨収集させてやれば少しは実情が分かるのではないだろうか。日本国が本当に、反省を見せるには、敗戦記念日に来年から変えることであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

永田町成仏できぬ元総理

 自民党の森喜朗元首相は12日、民放の報道番組で、27日に予定されている内閣改造・自民党役員人事に関連し「党の中で主流だ、反主流だと言っている状況ではない。(安倍晋三首相は)受ける受けないは別として、福田康夫元官房長官と谷垣禎一前財務相に十分礼を尽くすべきだ」と述べ、挙党体制構築に向けて谷垣氏と福田氏に入閣を求めるべきだとの考えを示した。
 森氏はさらに麻生太郎外相について「私と麻生さんは政策の大きな転換が必要だという認識で一致している」と評価し、、幹事長への起用を容認。去就が注目される塩崎恭久官房長官については「東大、ハーバード大(卒業)だけでは国会運営はできない」として、交代すべきだとの考えを示した。後任の官房長官には福田氏を候補者として挙げた。辞任を表明している中川秀直幹事長については、「もういっぺん汗をかくようなところがいい。国対(委員長)なんかもおもしろい」と語った。【高山祐】(以上(毎日新聞2007年8月13日10時47分)より引用)

 自民党という政党は、双六で言うと「上がり」まで行った奴(元首相)が、なぜしゃしゃり出て混ぜ繰り返すのか、不思議で仕方ない。森喜朗で言えば支持率は消費税率の5%である。奴が何かに言って政治をかき回すのは如何なものであろうか。そこまで、政治を動かしたいのであれば、再度、国民に信を問うて、総裁選で勝ち残り堂々と総理としての手腕を発揮すればよい。でも石川以外では、総スカンであろうが!
 それから、森喜朗の汚い点は、ホームページからメールを投稿できたのに、本当のことを書かれたメールが多くて、気分を害して、メールアドレスをHPから消去している。わざわざ国政をかき混ぜているのであるから、国民の意見に耳を傾けるべきである。また、森喜朗を支持している石川の皆様に言っておくが、森喜朗がごねてフル規格にした北陸新幹線であるが、開通すると新幹線に平行して走っている在来線は、第三セクターに移管され、運賃が上がるとか、廃線になってバスの代行運転になり、新幹線に乗らない限り、普段の生活には大きなマイナス要因となることを胸に刻むべきである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

置き去りの無縁仏の盂蘭盆会

 大阪市浪速区の浪速署の拾得物保管庫に、成人とみられる骨が入った小さな骨つぼが保管されている。昨年10月、路上に放置されていたのを通行人が見つけ、署に届けた。身元を特定する手がかりはなく、遺族らも現れず、遺失物法が定める半年余りの保管期間が過ぎてしまった。同署は、来週のお盆ごろに近くの寺に無縁仏として移す予定だが、「ぎりぎりまで待つ。どうか引き取りに来てほしい」としている。
 同署によると、骨つぼは昨年10月4日夕、JR新今宮駅北側の同区恵美須西3丁目の市道脇に置かれていた。銀色の木箱に収められ、記名などはなかった。約300メートルほど離れたところに斎場があるので、同署は遺族が置き忘れたとみていた。だが今年4月に、拾得物の保管期間(6カ月と14日)を迎えても、引き取り手は現れなかった。
 西村寛優・副署長は「事情をせんさくするつもりはないので、名乗り出てほしい」と話す。 (以上(朝日新聞2007年08月12日15時49分)より引用。

 盂蘭盆会に合った記事であるが、放置された仏様が可哀想である。今回の場合、路上に置き忘れられているために警察であるが、電車内でも骨つぼの忘れ物があると聞いている。火葬されていると言うことは、死亡証明書が発行されて火葬されているので、犯罪性は少ないと思うが、身内の骨が無縁仏になるのは寂しいことではないだろうか。早く、引き取りに行って欲しいものである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アメリカに防衛省は言えぬノー

 北朝鮮などの弾道ミサイル脅威に備えるため日本政府が配備を急いでいるイージス艦搭載の迎撃ミサイル「SM3」について、米側が機密性の高い部品の供給を一時停止していたことが分かった。3月に海自隊員によるイージス艦情報の持ち出し事件が発覚した後も、日本側で事件の全容解明や情報保全の抜本対策が進んでいないとして不満を示す狙いだったとみられる。
 日本の弾道ミサイル迎撃システムは、今年3月の地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」、12月に予定する海上配備型「SM3」の配備で本格的にスタートする。現在は海上自衛隊のイージス艦「こんごう」の改修を日本企業主体で進めていた。ところが、防衛省関係者によると、米側から提供されることになっていた機密性の高い複数の重要部品の供給が7月になって急に停止。米側からは説明のないまま、8月に入り再開した。
 12月中の配備予定に遅れは出ない見込み。10日には「日米軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」も締結されたが、防衛省関係者は「日本政府の情報保全の取り組みを促すため、部品を停止する措置を取ったのではないか」と話している。【田所柳子】
(以上(毎日新聞2007年8月11日10時47分(最終更新時間8月11日11時56分)より引用)

 日本の海上自衛隊から漏れたイージス艦の機密文書に、アメリカが次期戦闘爆撃機F22を日本に売ることを拒んできた。また、イージス艦こんごうに搭載される「SM3」の搭載もも止まっている。なぜ、このようになったか久間のバカでは解明できなかったが、小池防衛相は至急漏れた原因を調査し、対処すべきである。そのためには、まず、自衛隊敷地内から電子データーを持ち出さない。機密情報を閲覧できる身分の者には、ウィニーを入れない様にすると共に、バイオスにパスワードを入れるようにして、万一漏れても内容が識別できるようにする。また、そのパソコンはインターネット・メールに接続できなくしておく。そのぐらいの機密管理は、素人の私でも直ぐに浮かぶレベルである。
 一般将校には、入退場の際に小型のメモリーを持っていないか、チェックする必要もあろう。今日本は、迎撃ミサイルしか核攻撃から逃れる手段は無いのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

被爆者を理解してない柳沢

 柳沢厚生労働相は9日、平和祈念式典のために訪れた長崎市内で記者会見し、原爆症認定基準の見直しについて、「(従来の認定基準が)一朝一夕に違う考えになるとは思えない」と述べ、見直しには慎重な検討が必要との見解を示した。
 安倍首相が認定基準の緩和を指示したことに対し、厚労省内には「現行の基準は科学的知見に基づいている」など見直しに慎重な意見が出ていた。厚労相の発言はこうした声を踏まえたものだ。
 一方、厚労相は基準見直しの時期について、「1年以内の時間をいただいて、出来るだけ早く行いたい」との考えを改めて強調した。(以上(2007年8月9日23時51分読売新聞)より引用)

 この柳沢発言は、「産む機械」発言よりも重篤な発言である。なぜならば、厚生労働大臣の職務を行う最低限の知識すら持ち合わせていないからである。「現行の基準は科学的知見の基づいている」というが、実際の原爆症は、広島、長崎で初めて起こったもので、科学的見地というが、実際その人がどれだけの被爆をしたかではなく、これだけの距離離れていたのでこのぐらいの被爆量とする、という仮定の上に成り立った仮定で線引きがなされている。また、厚生労働省内にもアホたれキャリアが騒いでいるらしいが、柳沢と一緒に、停止している柏崎原発の原子炉内で被爆されては如何だろうか。人の苦しみを分からない奴らに厚生行政を任せていることが問題である。柳沢は、改造内閣で交代ではなく更迭処分にして頂きたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松下がいつの間にやらぶっちぎり

 松下電器産業は9日、薄型プラズマテレビ「ビエラ」の最上位シリーズ新製品(65、58、50、42型)などを9月に発売すると発表した。フルハイビジョン(HD)対応の新パネルを採用。画像がより鮮明になり、パネル寿命も大幅に向上したという。フルHD対応の37型液晶の発売も同時に発表。大型化・多様化する薄型テレビのニーズをプラズマ・液晶の2画面で取り込む構えだ。
 さらに、これまで32型以下しかなかった液晶群に37型を追加。「世界で薄型は40型台が主流で、37型は一般的になり、液晶でも同型をそろえた」という。
 プラズマの店頭想定価格は65型99万円、58型が70万円、50型53万円、42型43万円。液晶は30万円。(以上(朝日新聞2007年08月09日18時33分)より引用)

 さすが松下さんである。何と言っても社内留保が1兆円というのだから、ここ一番で大量生産して、他のメーカーを凌駕するのも、銀行から借金するよりはずっと楽なことである。プラズマテレビの開発に未だ関わっている私としては、どういう技術でこれらのパネルが作られているか気になって仕方がない。まあ、秋から冬にかけての学会で発表されるであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辞めぬなら殺してしまえ安倍晋三

 参院選惨敗後も続投する安倍晋三首相の退陣論が7日、自民党内で再燃した。同日午後の代議士会では谷垣派の中谷元、津島派の小坂憲次両氏が首相に直接、退陣を迫ったほか、地域別の参院選総括委員会でも首相の辞任を促す声が相次いだ。首相は27日に予定する内閣改造・党役員人事をテコに局面転換を狙うが、求心力の低下は否めず、政局に不透明感が増す公算もある。
 代議士会で中谷氏は「首相は一度身を引いて根本的にどこが悪かったのか、これからどう進んでいくのかという議論を全党的にしなければ、党運営は極めて難しい」と発言。小坂氏も「野球に例えるなら国民はホームランを打たれた党首に交代を求めた。政権交代ではなく、ピッチャー交代を求めた」と訴えた。
 首相が答える場面はなかったが、面と向かっての退陣要求は党内の根強い不満を浮き彫りにした。首相は7日夜、記者団に退陣要求について「改革を進めていくことで責任を果たすと強調した。(以上(日本経済新聞08月08日 07:16)より引用)

 かつて、支持率5%で消費税並みと揶揄された森喜朗でも、オフレコであっても党内から公式の場で辞任要求は聞いたことがない。それだけ、安倍晋三に自民党の今後を託せば衆議院選挙で自分も落選するという恐れを持っているのであろう。ある番組で、安倍晋三は既に辞める時機を逸しているという意見もあった。それでも、総理総裁にしがみつく安倍晋三は、自分が悪いから参院選を負けたなどと今でも思っていないのであろう。それは安倍晋三自身が岸信介、安倍晋太郎の血を引くサラブレッドで、取り巻きが悪いぐらいにしか思っていないのだと思う。しかし、安倍の阿呆が引けば、安倍政権で、強行採決したむちゃくちゃの法律も再度審議ができるはずである。安倍晋三はとにかく目の上のたんこぶである。辞めないなら狙撃してでも責任を取らせて辞めさせるぐらいの国民の勢いがあっても良いと私は思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

献金は都合悪いと返すだけ

 塩崎官房長官は7日午前の記者会見で、同日朝の閣議前に長勢法相から、外国人研修生受け入れ団体の献金問題について説明を受けたことを明らかにしたうえで、「まずよく事実関係を確認して、国民に対して必要な説明を尽くすようにと指示した」と述べた。長勢氏からは「献金はすでに返却しており、収支報告も修正をしている」との説明があったという。(以上(朝日新聞2007年08月07日12時32分)より引用)

 国会議員は、献金の献金先が問題になって献金は返金したから問題ない。政治献金収支報告書を修正すれば、罪を問われなくなっている。悪いことが分かるまでは、貰った献金を政治屋は、ポケットに入れているのである。これを返したから許されるなどということ自体が、永田町の論理で庶民には分からないことである。一般庶民特に青色申告をする人など、提出した書類を取り返して書き換えるなどできないことである。それと同じように国会議員が献金を返却する場合、献金額の5割を国庫に納めてから、返金するようにすれば良いのではないか。余りにも政治屋の肩を持った法律だと私は思う。そのためにも、政治献金規制法をもっと整備して、国民が見てもこいつは黒だと分かるようにして欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

慶弔費我らも欲しい税控除

 自民党の石原伸晃幹事長代理は6日、同党の各派閥の事務総長を集め、党が検討している政治資金規正法の再改正について、国会議員と関連する政治団体を対象に1円から領収書を公開する、とした案を検討していることを説明した。
 これに対し、各派の事務総長は、領収書の公開を「1円以上」とすることに「現実的に可能なのか」などと反論。慶弔費などで領収書を請求しにくいケースがあることや、事務が煩雑になることなどをあげて異論を唱えた。
 一方、領収書の公開対象を、資金管理団体から国会議員と関連する政治団体に広げることについては、「すべての政治団体に適用すべきだ」との意見も出た。(以上(朝日新聞2007年08月06日20時33分)より引用)

 1円以上というのは、全てを明らかにしなさいと言う意味である。慶弔費など領収書を貰えない出費はポケットマネーですればよいことである。慶弔費が政治資金から出せるのであれば、一般国民へも、慶弔費についても税控除を設けて確定申告すれば、税が戻るようにすれば、慶弔費でも領収書を出すようになるであろう。自分たちだけが、得をしようとまだせこいことを考えている自民党は、本当にもうお終いのようである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

民間に委託させろよ宇宙船

 ◇NPO法人「北海道宇宙科学技術創成センター」は4日、十勝管内大樹町で道産ロケット「カムイ」(全長4.7メートル、重量48.5キロ)の打ち上げ実験を行った。従来の実験の最高高度は1000メートルだが、3500メートルまで伸ばした。
 ◇地上からの信号で機体を分離してパラシュートを開かせたり、飛行中の加速度や温度などのデータ収集も成功。制御機能の信頼性を確認した。
 ◇気象観測用の小型人工衛星を載せ商業化するのが目標。道のりはまだ遠いが、見学した小学生ら約110人は宇宙への夢を刺激され早くも大喝さい!?【仲田力行】(以上(毎日新聞2007年8月5日1時58分)より引用

 宇宙航空研究開発機構なる三菱と結託して税金を無駄遣いしている奴らよりも「北海道宇宙科学技術創成センター」の方が何倍も純粋で真面目に宇宙開発を考えているかがよく分かる。そして、大阪の技術力を結集した「まいど1号」も楽しみである。それにしても宇宙航空研究開発機構は、今月16日打ち上げ予定の「かぐや」が、三菱が2つのコンデンサの極性を逆に付けたことが、他の衛星の検査で明らかになり、延期となった。宇宙航空研究開発機構は、このように納期が遅延しても何も請求したということは聞かない。三菱と蜜月状態であるからであろう。このような関係を無くさない限り、「はやぶさ」のように宇宙のゴミになるかならないかの間で宇宙を漂うことになるのである。また、はやぶさで自慢のイオンエンジンは、ロシアがキセノンの輸出を停止すれば、タダもモックアップになるし、飛ばせば希少元素のキセノンを宇宙でまき散らすのである。先見の明の無い宇宙航空研究開発機構を解散させて、宇宙開発は民間に委託したらどうだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゲーム機で学力伸ばし生き残り

 大阪電気通信大学(大阪府寝屋川市)が、年内をめどに、任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」を授業に本格導入する。1、2年生の必修科目のうち、英語、物理、力学などで全学生にDSを貸与する。数学の基礎などを学べる独自ソフトの開発にも乗り出す。私立大は受験生の減少などで経営環境が厳しい。「ゲーム」で独自色を出し、できれば収益源にして、受験生らにアピールする構えだ。
 同大は昨年7月から英語の一部のクラスで試験的にDSを利用してきた。遊び感覚が学生に受け、ほぼ全員の聞き取りの成績が上がるなど成果が出た。私語も少なくなった。このため、DSを使う授業数を大幅に増やすことを決めた。パソコンなどより安価なことも決め手になった。
 英語の場合、DSと、イヤホンから聞こえる英単語を画面に書き込むと正否を判断してくれる市販のゲームソフトを利用。小テストでも通信対戦機能を使ってクラス全体で点数を競い合う。物理や力学では、ネット接続機能を使って実験結果を予想しあうなどの使い方ができるという。
 数学を楽しく学べる独自のゲーム開発にも乗り出す。同大にはデジタルゲーム学科があり、秋にも数学、ゲーム、アニメーションなどの教授陣が開発チームを作り、1年後の完成を目指す。元場俊雄学長は「市販も視野に入れる。新たな収益源になるかもしれない」と話している。 (以上(朝日新聞2007年08月03日)より引用)

 こういう大学もあるのだと感心しながら、記事を読んだ。いくら子供とはいえ18歳以上である。ゲーム感覚でお勉強して頂くというレベルの集団を大学と称して良いものだろうか。ドイツでは大学のウニベルジテートと職人養成所のギムナジュームがある。今の日本の大学制度は、この二つがごちゃ混ぜになっている。大阪電気通信大学は、本当は中学・高校の内容の補習にも使うのではないかと思う。ゲーム機で入学生を増やそうと考えていること自体、その大学の程度が知れるものである。『ウィキペディア(Wikipedia)』に大学の略称を「電通大」とも表記するようであるが、電通大は東京の電気通信大学の略称で、ゲーム機などを使わなくても勉強のできる大学生が学んでいる大学である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

絶対に信じられないロシア人

 【モスクワ=緒方賢一】北極点付近の深海を調査するロシアの探査船「ミール」が2日、約4200メートルの海底に到達し、チタンで作ったロシア国旗を設置して豊富なエネルギー、鉱物資源の埋蔵が見込まれる海域の「開発権獲得」をアピールした。
 露紙イズベスチヤによると、2隻の探査船には海洋学者やチリンガロフ下院副議長らが乗り込み、海底で約1時間半にわたって土や水を採取した。副議長は海底の様子について、「土の色は黄色っぽく、生物は見あたらない」と説明した。
 プーチン大統領は2日、北極点での海底調査の成功を祝福し、露国内のテレビも大きく伝えた。
 一方、北極海に面するカナダなどは北極進出を目指すロシアの野心的調査に不快感を示している。(以上(2007年8月3日19時11分  読売新聞)より引用)

 まず、北極点付近の海は、200海里経済水域にも入らず、公海のはずである。しかし、意地汚いロシアは北極の海底を全てロシアの物にするという野心がむき出しになっている。南極もそうであるが、北極も所有権を主張しないようにできないものであろうか。最近のロシア、原油のパイプラインの建設後、自国のものと搾取をし、パイプライン建設の見返りとして原油を考えていた日本を含めて複数の国を騙している。騙すと言ってもロシア人の血液の中には「人を騙す」というDNAが多量に含まれている。太平洋戦争終末で「日ソ不可侵条約」を反古にして、当時日本領、満州国に攻め入り、北方領土を今も不法占拠している。それなのに鈴木宗男は、多額の日本国民の税金で、ロシア人の機嫌取りに箱物を作った。しかし何の見返りもない、また、多くの日本人をシベリアに送り極悪な条件で強制労働させるというジュネーブ条約違反も行った。要するに、ロシアを信じれば騙されるというのは、今始まったものではない。ロシア人が今の領域に蝿のように発生してからの世界に誇れる伝統である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セクハラで処分されても一ヶ月

 東京芸術大(東京都台東区)は2日、音楽学部の50代男性教授が20代の女子学生にセクハラ行為をしたなどとして、停職1カ月の懲戒処分にした。同大によると、男性教授は今年4月、女子学生を呼び出し、飲食店内で胸を触るなどした。女子学生が6月上旬に相談員に訴えて発覚。調査したところ、別の学生にもセクハラ行為を繰り返していた。男性教授は行為を認めているという。(以上(毎日新聞2007年8月2日19時14分(最終更新時間8月2日19時30分)

 大学では、教授という立場が絶対的なものになることが多い。それは教授になればその上で管理する役が学長であり、実質的に研究室の独裁者である。そのため、例えば車を運転しても人の迷惑を顧みず、道路は我が物という運転をする。いわゆる「教授運転」と言われるものである。それが、自分のゼミに所属する学生までが、自分の所有物と誤解するのであろう。それにしても停職1カ月とは軽い処分である。刑事事件として告発して大学の処分だけでなく、刑事犯としての刑罰も受けて欲しいものである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

逃げ回る総理の耳はロバの耳

 塩崎官房長官は1日の記者会見で、毎年8月6日の広島市の平和記念式典後に開かれる「被爆者代表から要望を聞く会」への安倍首相の出席について「日程の都合上、現段階では出席はできないということをお伝えしている」と述べ、欠席することを明らかにした。 会には、かつては歴代首相が出席してきたが、小泉首相が出席しなかった02年以降、欠席が続いている。安倍首相に対しては、久間章生前防衛相が原爆投下を「しょうがない」と発言したのを受け、秋葉忠利・広島市長や地元の被爆者団体などからも出席するよう求める声が出ていた。(以上(朝日新聞2007年08月01日18時21分)より引用)

 安倍晋三のバカたれは、原爆忌に参列せずにどんな日程が詰まっているのか、明確に述べるべきである。外交以外であれば、原爆忌を最優先にし、「被爆者代表から要望を聞く会」にも出て、久間のアホタレが原爆投下を「しょうがない」と言ったことに対して被爆者がどう感じているか、自分の耳で良く聞いてみることである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

党内の空気も読めぬ安倍総理

 自民党が参院選で大敗したにもかかわらず、安倍首相が続投を決めたことをめぐり、31日午前の自民党総務会でベテラン議員を中心に首相の責任を問う発言が相次いだ。
 野田毅元自治相は「参院選で政権選択を迫ったので、その結果、道は一つしかない。決断した方がいい」と発言。石破茂元防衛庁長官も「総理は『私か、小沢代表の選択だ』と何度も訴えた。これを有権者にどう説明するのか。挙党一致は答えにならない」と首相の退陣を促した。
 深谷隆司元通産相は「選挙前の様々な問題で泥縄式の対応を国民はちゃんとみている。赤城さんは(大臣の)資格がない。即刻辞任してもらいたい」と首相の対応を批判しつつ、赤城農水相の辞任を要求した。
 一方、惨敗の原因を明確にすべきだとの意見も相次いだ。加藤紘一元幹事長は「『首相続投で挙党一致』はいいが、敗因を分析なしで進めば、自民党はずたずたになる。今回の結末は自民党の基盤の崩壊だ」と述べた。谷垣禎一・前財務相も「なぜ国民から厳しい批判を浴びたのか整理しないといけない」と執行部に求めた。
 これを受け、中川秀直幹事長は「(参院選敗北の)総括は8月中に結論を出したい」と述べた。丹羽雄哉総務会長は、総務会での意見を首相官邸にも近く伝える方針だ。(以上(朝日新聞2007年07月31日16時25分)より引用)

 自民党は、安倍続投を早くも決めたが、党内に反対勢力が少なくない情勢である。それもベテラン議員から不満が噴出しているのだから、穏やかではない。赤城の阿呆に大臣の資格がないとおっしゃる大臣経験者もいるが、赤城本人は、農水相続投として、アメリカ訪問の準備をしている。また、下痢にならないように正露丸でも持参するのではないかと思っているが、ダメなら早く辞めさすべきである。国民は、安倍のマニフェストにノーを突きつけたのである。続投してマニフェストを継続して貰っては困るのである。党内だけでなく国民の空気も感じない、超鈍感な奴に日本の舵を任せてはおけない。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »