« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

参考人同士で罪のなすり合い

 昨日の衆院国土交通委員会の参考人質疑で、姉歯建築士を除く各業者が集まった。結局は責任のなすり合いに過ぎなかった。どうせなら証人喚問にして、偽証について罪が問えるようにした方が良いと思う。姉歯建築士は、「家から出るのが怖い」として、参考人質疑を欠席した。被害者が「家にいるのが怖い」という中で、余りにも無責任な態度だと思う。一番耐震強度の小さいマンションの一階に転居させてはどうだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

視聴率藁おもつかむテジャングム

 NHKは、BS2で放映して視聴率が冬ソナを越えた「宮廷女官チャングムの誓い(原題:大長今(テジャングム))」の地上波の放映を来年からの予定を前倒しして放映を始めている。連ドラも大河ドラマも衰退の一途をたどっているNHKとしては、何とかして巻き返しを図りたいらしいが、自前でドラマを作らないのであれば、スカパーなどと変わらない。NHKは自前でドラマを作れば、制作費をごまかす奴をも飼っているから仕方ないことか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一人二役議員でも無理がある

TVタックル常連の先生が弁護士法違反で逮捕された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天下り強度偽装もノーチェック

 マンションなどの耐震強度に関する構造計画書の偽造を見過ごした民間検査機関イーホームズの審査担当者10人全員が、市役所などで建築確認業務に携わった公務員の天下りであることが判明した。元々官公庁でまともな審査ができないために、民間委託という形になったが、その作業をやっているのが、官公庁でまともな仕事のできなかった天下りにやらせていたとは笑止千万である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人混みよりもテレビに限る京の秋

 テレビ放送で、京都の秋(紅葉)を放送している。この時期の京都の名所は身動きもままならぬ程の人間の渋滞さえ起きる。何と言っても、京都の秋は、拝観できない寺院の紅葉まで見ることのできるテレビで見るに限る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

儲けても金利なんかは上げません

 大手銀行軒並み過去最高益を出した。これも、適正な利息も払わないで、一般庶民から搾取したお金であることを自覚して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強度偽装リフォーム詐欺も逃げてゆく

 早く解決して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

役所は要らぬ住民票も民営化

 政府は22日、役所と民間企業が競争入札で行政サービスの担い手を決める市場化テストに関して、〈1〉外国人登録原票の写し〈2〉納税証明書〈3〉戸籍の付票の写し〈4〉印鑑証明書の証明書類を発行する地方自治体の窓口業務を入札対象とすることを決めた。これはとても良いことであるが、これまで、お役所でこれらの業務をちんたらやっていた公務員の削減をしなければ、意味がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねつ造はこれきりですか建築士

 他にやばいことをしている一級建築士はいませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また失敗宇宙技術の情けなさ

 相次ぐ「はやぶさ」の実験ミス。高い税金使って情けない話である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラフトの指名受けても留年か

 巨人の末次利光スカウト部長らが19日、前日のドラフトで4巡目指名した越智大祐投手(22)にあいさつしたそうである。越智は入団に前向きな姿勢を見せたが、来春の卒業が困難な状況(早い離した留年)であるため、「入団後も学業を優先する」という条件を球団側に示し、了承されたそうである。巨人の甘い体質は、今も続いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原子力空母ぐらいは横須賀に

 在日米軍の約半分を沖縄に駐留させている。今回、横須賀を母港とする空母を原子力空母に代替わりをさせようとしている。これも、アメリカ様のご意向である。沖縄他在日米軍の基地のある都道府県を納得させる上でも、小泉純一郎は、地元横須賀を説得し、神奈川県を説得すべきである。いつもの如く、「これぐらいは大したことはない。」で押しきれば良いはずである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅白をNHKが捨てている

 紅白の司会がみのもんたに決まったそうである。NHKは何がしたいのか分からない。奥様相手のみのもんたの執拗なる同じ言葉のくり返しを紅白で聞かされては堪らない。まあ、我が家は受信料を支払っていないので、どうこう言う権利はないが、今年の紅白の視聴率がこれまた、楽しみになってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キムチを売りにハン尚宮がやってくる

 食品業界向けの博覧会に出展した韓国農水産物流公社によるPRの一環として、韓国ドラマ「チャングムの誓い」でチャングムの師匠のハン尚宮を演じたヤン・ミギョンが来日した。キムチに寄生虫の卵が見つかったことに対するイメージアップのためらしい。それにしてもヤン・ミギョンさんは相当暇らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民放で用事は足りているテレビ

 昨日の結婚式で、NHKは宮内庁の自粛要請を無視してヘリからの中継を行った。飛行禁止区域外からだから良いと思った、という自己中心的な公共放送としての思い上がりが明らかになった。放送法が設立された時には、日本全国に電波を届けるという使命があったが、今では日本国中電波の届かない地域は無いと言っても過言ではない。もう、NHKの使命は終わっているのである。どんどん縮小すべきである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆうパック配達人を泣かせてる

 郵政公社のゆうパックサービスでは、末端の配達人は出来高払いで、¥105/個だそうである。また、配達しても受取人が不在で何度足を運んでも手数料は変わらないそうである。公社化しても末端の弱者に全て皺寄せしているようでは、お先真っ暗である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝てば官軍何時の世も皆同じ

 蘇我氏の住居跡と見られる遺跡が発掘された。大化の改新で中大兄皇子と中臣鎌足のクーデターで焼き払われたと見られる焼土も見つかった。先の総選挙でも、小泉をどうのこうのと揶揄していたが、結局は勝てば官軍であることは、大化の時代から同じことを繰り返しているに過ぎない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校生一途が怖い横恋慕

 町田市の事件。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽天も裏を返せば何かある

 大阪市の石けん・日用雑貨販売「生活と科学社」(猪ノ口幹雄社長)が、2000年以降、「石けん百貨」の名称で出店していた。申告によると、当初は月5万円の出店料だけ楽天側に払えば良かったが、02年の規約改定で一方的に楽天が、売上高などに応じた従量課金制度を導入。その後も外部へのリンクを禁じたり、独自のクレジットカード決済システムの利用を強制するなどしたらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

任期後の夢を見ている小泉氏

 小泉首相は都内の日本料理店で、与謝野経済財政相、自民党の中川政調会長らと会食し、来年秋までの党総裁任期の延長を重ねて否定したうえで、「辞めた後のことを考えている。オペラでも何でも自由に楽しませてもらう」とほざいたと言う。辞めなけらば、消費税の増税が出来ないからかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三菱は何をやっても隠し事

 昨年8月に11人の死傷者を出した関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)の蒸気噴出事故で、破裂した配管の交換を請け負った三菱重工業の作業員が配管をつなぎ間違え、気付いた後に配管に刻印されていた製造番号を削り、改ざんしていたことが分かった。関電が正しい配管につなぎ直させたが、経緯を記した報告書に不備があったとのことである。問題を隠すと言う点は、三菱グループ全体に共通して言えるものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏金の残りを失業保険に

 厚生労働省の都道府県労働局による不正経理事件で、同省は8日、会計検査院の今回の検査対象となった25労働局すべてで問題が見つかり、計1083人を処分したと発表した。また、厚生労働省地方課の中野雅之課長は、「今後、不正経理に関与した職員は、懲戒免職にする」とほざいているが、なぜ、今回から懲戒免職にしないのか、国民が納得いく説明をすべきであるが、視点は内部に向いたままである。どうせ省庁には人が余っているから悪いことをするのであって、公務員にスト権を認める変わりに、懲罰は懲戒免職だけにしては、如何なものだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石綿をリフォーム詐欺が狙ってる

 健康被害が問題化しているアスベスト(石綿)に関する相談件数が、今年7月以降、急増していることが7日、国民生活センターのまとめで分かった。アスベストの訪問販売リフォーム業者に関するものもあり、同センターは「不審に思ったら早めに相談を」と呼びかけているそうである。新手のリフォーム詐欺の温床になりそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会長まで伝わっただけまだましか

 石村英二郎副総局長によると、連続不審火のあった5月15日、警察から任意で事情聴取を受けた笠松容疑者は、同日深夜、大津放送局の上司からも事情を聞かれ、「私はやっていません」と否定したが、事情聴取を受けたことは、この日のうちに橋本会長にも報告されていた。しかし、それだけで内部調査などを行わず、新たな放火事件が発生した。海老ジョンイル前会長の時には、会長まで情報が上がらなかったことを思えば、進歩したと言えるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米基地移転は全額思いやり

 政府は五日、在日米軍再編で合意した在沖縄米海兵隊司令部のグアム移転に関し、移転費用やグアムでの施設建設費を日本側が負担するために特別な法的措置を講じる方針を固めた。政府関係者が明らかにし、現在、米側が費用の試算を進めており、数千億円に上る見込みだそうである。至れり尽くせりであるが、本当の有事の時に助けてくれるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宗男氏が悪事をばらす外務省

 外務省が、ワイン8000本を所蔵していることを鈴木宗男氏の答弁書で明白となった。外務省よりも外務省の中が分かっている宗男氏であり、今後も、伏魔殿こと外務省の悪事を全て暴いて欲しいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇はY遺伝子が大事です

 三笠宮寛仁さまが、女性・女系天皇を容認することについて、異議を唱える趣旨の随筆を自ら会長を務める福祉団体「柏朋会」の機関誌に寄稿していたことがわかった。その随筆では「皇統が貴重な理由は、神話の時代から連綿として一度の例外も無く、『男系』で今上陛下まで続いているという厳然たる事実」と指摘している。神武天皇のY遺伝子が今上天皇まで引き継がれており、女系天皇にするとY遺伝子が途絶えると言うことらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情けない後見人が要る議員

 衆院選当選後何かにと物議を醸している杉村太蔵衆院議員の「後見人」が、前首相秘書官の小野次郎衆院議員と飯島勲首相秘書官に決まった。これは全て後見人が要る様な奴まで当選させた選挙民と力量の無かった野党が悪いのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ATS付けても止まぬ隠し事

 JR西日本のATSが設定値がおかしくて、速度超過のままカーブに入りATSが効かない所が多くあると鉄道・航空機事故調査委員会の指摘で判明したが、指摘が有ってから2ヶ月もそのことを公開しなかった。JR西日本の隠蔽体質と縦割り組織は一向に改善されていない。JR西日本に乗らないことが一番の安全対策かも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自衛軍徴兵制が怖ろしい

 我々の次の世代には、徴兵制が復活するかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »