千葉県警やっと名前を公開す

飲み会に同席の30歳医師もわいせつ容疑で逮捕
 千葉県内に住む20代の女性にわいせつな行為をしたとして、千葉県警は5日、準強制わいせつの疑いで、千葉市中央区院内の医師、藤坂悠司容疑者(30)を逮捕した。また県警は同日、同じ女性にわいせつな行為をした上、けがを負わせたとして、集団強姦致傷の疑いで、いずれも千葉市中央区に住む大学生の吉元将也(23)▽山田兼輔(22)▽増田峰登=みねと=(23)-の3容疑者を11月21日に逮捕したと発表。関係者によると、この3人は千葉大医学部5年生。これまで県警は、事件の発生日時や逮捕者の名前、逮捕容疑などの情報を一切発表していなかった。捜査関係者によると、藤坂容疑者は千葉大病院の研修医で、吉元容疑者らを指導する立場だった。
 県警捜査1課によると、藤坂容疑者は容疑をおおむね認めている。吉元容疑者ら3人は、当初は容疑の一部を否認していたが、現在はおおむね認めている。
 藤坂容疑者の逮捕容疑は、9月20日午後10時ごろから翌21日午前0時半ごろまでの間、吉元、山田両容疑者と共謀し、千葉市内の飲食店で女性にわいせつな行為をしたとしている。
 吉元容疑者ら3人の逮捕容疑は、20日午後7時半ごろから翌21日午前0時半ごろまでの間、千葉市内の飲食店で女性にわいせつな行為をし、さらに同日午前5時ごろまでの間、増田容疑者の自宅で女性にわいせつな行為をしてけがを負わせたとしている。女性は全治5日の軽傷。(以上(産経ニュース2016.12.5 22:34)より引用)
http://www.sankei.com/affairs/news/161205/afr1612050027-n1.html

 千葉大の事件で、容疑者の名前を公表してこなかった千葉県警がやっと容疑者の名前を出した。
 千葉県警は、被害者が特定されるなどという理由で容疑者の名前すら公表しなかったが、その間、ネットでは、容疑者は在日朝鮮人とか近しい人に法曹界の重鎮がいて圧力を掛けているなどという話が出回っていた。今回、名前の公表で、決してマスゴミでは公開されない容疑者の背後関係がネットでは出回ることだろう。以前、京都教育大学で同様の事件があり、その新聞記事をこのブログと同じように引用して載せていたら、ブログの公開からかなり経った時点で、名前の掲載された輩の弁護士を名乗る奴から、ブログの削除を求められた。しかし、新聞記事の引用であり、それを加工することは著作権法に違反するため、掲載記事の新聞社と相談の上、名前だけ消したことがある。今回の事件でも、ほとぼりが冷めたら同じことを要求される可能性があるが、事件の容疑者として名前が出たのだから、時間が経ったからと言ってその事件が無くなる訳でもない。それを人権派弁護士が、個人情報と称して削除してこの世から無かったことにさせるのは如何なものかと私は考える。
 学生の将来など、このような事件を起こした奴が倫理性の高い職業である医師になどなるべきではないと考える。(No.5023)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AIに下書きさせる答弁書

国会答弁、AI下書き実験へ…過去の議事録学習
 政府は、国会答弁の下書きなどの行政事務に人工知能(AI)を活用する方向で具体的な検討に入った。
 国会審議の議事録を基礎データとし、経済産業省で実証実験を近く始める。成果次第では、政府全体でAI導入が可能な行政分野を検討する。政府の成長戦略はAI開発などの「第4次産業革命」が柱で、官の立場から新産業育成の流れを後押しする狙いだ。
 実証実験では、AIに対し、過去5年間の国会審議の議事録を学習させる。実際の活用場面では、職員が国会で質問された政策課題を入力すると、AIが、過去の関連質疑や、政策の論拠、課題などを整理して提示することを想定している。最終的には、職員がAIの示した論点整理や下書きを元に答弁資料を作成する。(以上(読売新聞2016年12月05日09時55分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161204-OYT1T50122.html

 政府が国会答弁の下書きに人工知能(AI)を活用するそうだ。
 国会審議の議事録を基礎データとして、民進党などのくだらない質問に対しては、オウム返しのような答弁を出せば良いのだから、これに越したことはない。また、民進党議員は記憶力が皆無だから、その場その場のことしか頭が回らないので、適当な答弁でも十分有効だろう。また、民進党の有田芳生のようにくだらない質問主意書を連発するバカにも効果があるだろう。どうせ、民進党議員はまともな日本語の理解力も欠如しているから、AIの日本語で十分ではないだろうか?
 野党はAIに負けないだけの質疑をするのが当然だが、民進党のように小学生以下の議員の対応にはAIだけで十分ではないだろうか?(No.5022-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文句を並べ立て歳費だけ貰う

民進・野田氏、カジノ法案審議打ち切りに苦言
 民進党の野田幹事長は4日、カジノなどの統合型リゾート(IR)を推進するための法案(カジノ解禁法案)について、「これだけ論点のある法案をわずか6時間で審議を打ち切るのはあまりにも強引」と語り、審議を急ぐ自民党を批判した。
 石川県羽咋市で記者団に語った。
 民進党は法案への賛否を決めていないが、野田氏は「中身についてどうするかは、今週のどこかで議論する」と述べ、近く意見集約を図る考えを示した。党執行部は法案に否定的な意見が強く、反対で意見集約したい考えだが、党内に推進派も抱えており、難航も予想される。(以上(読売新聞2016年12月04日23時23分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161204-OYT1T50081.html

 野田豚が、カジノ法案で自民党を批判した。
 批判するのは自由だが、「わずか6時間の審議で打ち切る」と正論をほざいたとしても、民進党はその6時間の審議に審議拒否したのだから、そのような正論を野田豚がほざいても、空しく響くだけだ。民進党は、何でも反対していれば済むから、カジノ法でも党内の意見調整すらできていない状態だ。それならば、公明党のように党議拘束を掛けずに、自由投票にすれば済むことだ。とにかく、民進党は党内意見を集約すると党が分裂するから、当たらず障らずの議論しかできないのだ。
 国会議員は審議拒否して仕事をしなくても、歳費他のカネが全額貰えるのだが、国会議員の歳費も時給制にするべきではないか?(No.5022)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

延長分野党が払え国会費

野党は「少数の横暴」=自民・西村総裁特別補佐
 自民党の西村康稔総裁特別補佐は4日のNHK番組で、野党が与党の国会対応を「数のおごり」と批判していることについて「少数政党が出てこなかったりすれば、審議が進まず採決できない。むしろ少数の横暴だ」と反論した。
 カジノを中心とする統合型リゾート(IR)推進法案については「審議拒否しながら時間が足りないと言う資格はない」と野党の姿勢に不快感を示した上で、「1年以内に出る実施法案で(ギャンブル)依存症対策などを議論する」と理解を求めた。(以上(時事ドットコム2016/12/04-12:30)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016120400047&g=pol

 自民党の西村康稔総裁特別補佐が、テレビ番組で野党の「少数の横暴」と表されたが全くその通りだ。
 精一杯審議を尽くして時間が足らないという理由で採決延期してさらに議論を深めるというのなら理解はできるが、審議拒否をしておいて、審議時間が足らないとほざく民進党、共産党の考えは全く理解出来ない。私だけでなく多くの有権者がそのように受け取っているから、民進党、共産党の政党支持率も上がらないのだ。要するに、民進党、共産党の戦術が国民に理解されていないのだが、それすら分からないのが、民共合作だ。国会費は1日数億円という国民の税金が垂れ流しにされている実情を鑑みると、原因を作った民共合作に国会費を負担して貰うことが、一番リーズナブルだ。
 チャンと審議をしていれば、先月末の国会会期末で終わっていたのだから、国民負担を低減するためにも、諸悪の根源の民共合作が国会費を払うべきだ。(No.5021-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

振り上げた拳が降ろせない都連

小池派の自民区議、身上書提出しない方針 都連要求拒む
 7月の東京都知事選で、自民党の方針に反して小池百合子現知事を応援した豊島区議ら7人が、同党都連の下村博文会長と会談した際に提出を求められた「身上書」を、期限までに提出しない方向で最終調整していることが2日、関係者への取材でわかった。
 「身上書」は、区議を除名する方針の都連が、処分を見直す判断材料としていた。下村氏が示した期限は今月5日だが、小池氏周辺や区議らによると文書は出さず、都連側に出向くことも考えていないという。(以上(朝日デジタル2016年12月3日09時38分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASJD301DGJD2UTIL06H.html

 東京都知事選で小池氏を応援した7人の都議に対して都連自民が身上書を出せをしたが出さないことになった。
 下村博文にとっては、バカの権化の石原ノビテルの尻ぬぐいをさされているに過ぎないが、国会議員は厳重注意で、区議を除名勧告にした自民都連の驕りがこの問題を大きくしているのだ。石原ノビテルは、小池氏が出馬表明をしたのも無視するという、石原慎太郎の後ろ盾があるという驕った行為をしたのがそもそもの間違いだ。都知事選で他の候補を一族郎党が応援したら議員を罰するとほざいたのも石原ノビテルだが、石原良純が鳥越俊太郎をテレビで応援したのだから、まず、石原ノビテルが議員辞職をするのが筋だ。その筋論を違えているから、いつまで経っても決着がつかないのだ。石原ノビテルと言えば、都連会長を辞めてからは、もう、自分には関係の無いことだと言わんばかりの態度だ。一番悪い石原ノビテルを処分しない限り、自民党体質も良くなるはずもない。いっそのこと下村博文は、全て石原ノビテルが悪いだけだから、7名は無罪放免すると決めた方が、自民都連の損害は少なくて済むだろう。
 旧態依然とした自民都連に鉄槌を下すために、小池都知事と7人の区議は「小池新党」で利権体質の自民都連に風穴を開けて欲しい。(No.5021-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もち代に消える政党助成金

民進「もち代」支給
衆院解散にらみ異例対応

 民進党が早期の衆院解散・総選挙をにらみ、年末の活動費として所属衆院議員に一律約200万円の「もち代」を支給したことが1日分かった。党幹部は「蓮舫執行部は衆院解散が近いとみて異例の対応に踏み切った」と説明している。
 内部文書によると、党本部は11月30日に各選挙区支部に活動費を入金した。「解散・総選挙が現実的な日程となった場合、改めて資金の交付を検討する」と明記した。
 元議員ら公認内定者にも支給。金額は一律でなく「それぞれの状況や事情によってさまざま」(幹部)という。
 中堅議員は「ありがたい。さっそく地元の活動に役立てる」と述べた。(以上(共同通信2016/12/1 19:54)より引用)
http://this.kiji.is/177010125062438918?c=39546741839462401

 民進党がもち代と称して、政党助成金を所属議員にばらまいたそうだ。
 まあ、民進党はカネをばらまけば政治だと誤解しているらしいから、自分たちのカネは好きにすれば良いのだが、その原資は国民の税金だという認識など皆無で、それこそ、中国様の習近平が国民に施しを与えるのと同じ感覚で、違法ハーフ蓮舫様が施しをしている位だろう。中堅議員が「地元の活動に役立てる」とほざいているが、どのように役立てるのだろうか?妙に気になるコメントだ。
 民進党が解散総選挙と騒いでも、実際には全選挙区に候補を擁立することもできないようだから、蓮舫ならではの言動不一致と言えるだろう。(No.5021)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森喜朗の悪事暴いただけで良し

小池氏「大ネズミいっぱい」=成果なし?に反論-五輪会場見直し
 東京都の小池百合子知事は2日の定例記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場見直しで目立った成果が出ていないとの指摘に対し、会場整備費で400億円を超える新たなコスト削減を生んだと強調。「大山鳴動してネズミ一匹」と例えた記者に「ネズミどころか、大きな黒い頭のネズミがいっぱいいることが分かったじゃないですか」と反論する一幕もあった。
 見直し対象の3会場のうち、ボートとカヌー、水泳の2会場は、11月29日の国際オリンピック委員会(IOC)などとの4者協議で、コスト削減した上で現行案を採用することで決着。バレーボール会場は結論を持ち越したが、小池氏がこだわる既存の横浜アリーナ(横浜市)の活用は難しい情勢だ。
 小池氏が意欲を示していた宮城県でのボート、カヌー競技開催も見送られたため、記者が「大山鳴動してネズミ一匹」のことわざを引用して質問すると、小池氏は「それは失礼なんじゃないですか」と遮り、「指摘は全く当たらない。金額はさらに削っており、その分を見過ごしている」と語気を強めた。
 横浜アリーナ活用をめぐり横浜市が「競技団体やIOCの意向が一致していることが重要」などと、事実上難色を示す文書を都に提出していたことについて、小池氏は「私自身が文書を目にしたのはきのう(1日)だ」と述べ、渡されていなかったと説明した。(以上(時事ドットコム2016/12/02-17:15)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?g=soc&k=2016120200682

 東京五輪の見直しで、小池知事が記者から「大山鳴動してネズミ一匹」と揶揄されたが、実際はコストダウンもサメの脳みそ・森喜朗の無能も炙り出したのだから効果があったのだ。
 そもそも、サメの脳みそ・森喜朗が、猪瀬元都知事、朝鮮禿・舛添前都知事とつるんでいい加減な見積を積み上げて2兆円だとかほざいていたのだ。さらに、警備費等は、実際に見積もりを取ることもしないで、ロンドン五輪の費用をそのまま計上しただけで、東京という地理的な条件も勘案していないのだ。それで、サメの脳みそ・森喜朗は、東京都の監査も拒否して、東京都は森喜朗の言いなりにカネだけ出せとほざくのだから、サッサとサメの脳みそ・森喜朗はどこかに幽閉するべきだとさえ思う。一番酷いことは、横浜市から東京都への「取扱注意」の文書を東京都職員によって小池知事に渡されたのが4者会談の後で、さらになぜか「取扱注意」の文書の内容をサメの脳みそ・森喜朗が知っていたことで、日本の恥を世界に知らしめたのだ。
 サメの脳みそ・森喜朗などにやらせておけば、東京五輪は世紀の大恥になるだろう。(No.5020-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

税金で教師を雇う筋はなし

新潟市教委、いじめ認め謝罪 教諭が「菌」、他の児童から「近くを通るな」
 東京電力福島第1原発事故で、福島県から新潟市に自主避難している小学4年の男子児童が担任の40代教諭から「菌」を付けて呼ばれていた問題で、新潟市教育委員会は2日、会見を開き、学級内にいじめがあったことを認め、謝罪した。
 市教委によると、男子児童は11月17日、他の児童からボールを投げつけられたり「近くを通るな」というそぶりをされたりすると担任に相談。6月にもいじめについて担任に相談していた。担任はいずれもいじめに加わった児童を指導したが、学校には報告しなかったという。(以上(産経ニュース2016.12.2 18:11更新)より引用)
http://www.sankei.com/affairs/news/161202/afr1612020018-n1.html

 新潟市の小学校で、「菌」と呼ばれることを相談した児童に対して、担任が「菌」と愛称で呼んだ事件が発生した。
 確かに、福島第1原発菅災によって自主避難した児童であるが、それを捉えて云々というよりも、この担任が教師としての資質の欠如が一番問題である。横浜市の原発菅災の避難者の児童がいじめを受けて学校が無視したという事件の直後なのだ。児童がいじめを相談したにもかかわらず、それの対応をせずに、自ら「菌」と児童を呼んだ行為は許されるものではない。横浜市の事件でも、同じだが教育委が出てきて謝罪するだけで、担任教師を表に出すことはしないばかりか、ちゃんとした懲戒処分も取っていないのだ。
 横浜市、新潟市の事件の担任は、それぞれ教師の資質が欠如しているのだから、懲戒解雇に処すべきだ。このような教師に資格など無い。(No.5020-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再入国禁止有田芳生もして欲しい

対北、資産凍結を拡大…日本政府が独自制裁決定
 政府は2日午前、核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対する独自制裁の強化を決めた。
 今年2月に実施した独自制裁措置を土台とし、資産凍結対象の団体・個人と北朝鮮を渡航先とした再入国禁止対象をそれぞれ拡大するほか、北朝鮮に寄港した日本籍船舶の入港を禁止する。北朝鮮の核・ミサイル開発に関連する人物の出入国や、資金の流れの遮断を徹底することで、北朝鮮の態度変化を促す狙いがある。
 安倍首相は2日午前、官邸で開催された拉致問題に関する関係閣僚会合で、「米国、韓国とも協調のうえ、さらなる独自の措置を行う」と語った。(以上(読売新聞2016年12月02日11時13分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161202-OYT1T50053.html

 政府が北朝鮮に対する独自制裁の強化を決めたが、その中に再入国禁止対象に有田芳生・アントニオ猪木が入っていなかった。
 北朝鮮の制裁はまだ手緩いとしか言いようがない。再入国禁止対象は、政府関係者以外の全てに適用するべきだ。特に、北朝鮮参りを続ける売国国会議員有田芳生とアントニオ猪木は名指しで再入国禁止対象とするべきだ。
 有田芳生は、何のために北朝鮮に遊びに行っているのかも分からないし、拉致被害者家族を愚弄することは許せない。(No.5020)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スワップで助けることはない日本

日韓通貨協定の再開、「交渉のしようがない」と麻生財務相 朴大統領辞意表明で
 麻生太郎財務相は2日の閣議後の記者会見で、韓国の朴槿恵大統領が条件付きでの任期満了前の辞意を表明したことにより、緊急時に通貨を融通し合う日韓通貨交換協定の再開交渉が停滞するとの見方を示した。麻生氏は「誰が話を決めるか分からない。交渉のしようがない」と述べた。
 日韓両政府は平成13年に通貨協定を締結したが、24年に当時の李明博大統領が竹島(島根県隠岐の島町)に上陸するなど日韓関係が冷え込んだ影響を受け、規模が縮小した。
 協定期限を迎えた昨年2月、韓国側から延長要請がなかったため終了。ただ足元では中国景気の減速が韓国経済に大きな影響を与えかねず、8月に再開に向け議論を始めることで合意していた。(以上(産経ニュース2016.12.2 13:07更新)より引用)
http://www.sankei.com/economy/news/161202/ecn1612020017-n1.html

 麻生太郎財務相が、南朝鮮へのスワップは朴槿恵の糞ババアが死に体になったから交渉しようがないと述べた。
 南朝鮮へのスワップは、相互協定でありながら、実質は一方的に日本が南朝鮮を救済する協定だから、南朝鮮など助ける必要は無いのだ。南朝鮮は、中国様のスワップ枠が5兆円だから、日本もそれを超えるスワップ枠などと好き勝手をほざいていたのだから、確実にハシゴを外してやることが必須だ。これで、もしかすると次の大統領を選ぶまでに、南朝鮮は竪穴式住居の時代に逆戻りするかも知れない。対岸の火事は大きいほど面白いのだ。南朝鮮では、朴槿恵の糞ババアが死に体になったことで、自称慰安婦の日韓合意も無かったことにしようと画策されているぐらいだから、何を約束しても当てにならないのだ。以前にスワップをしてやっても、日本が一番対応が遅かったと「ありがとう」の一言も無く誹謗した前歴があるのだ。
 南朝鮮を救済する日本のスワップも無く、国が国家の体をなしていない南朝鮮など経済破綻すれば良いのだ。ただ難民としてくるな!(No.5019-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«審議せぬなら国会で邪魔するな