総理いなくても動くのが組織

首相が不在でも官邸「万全」示す 異例の官房長官会見に迅速なNSC開催…「緩み」批判を警戒も
 政府は29日、北朝鮮による同日朝の弾道ミサイル発射が失敗の可能性が高いと判断したにもかかわらず、菅義偉官房長官が2回も記者会見を行い、国家安全保障会議(NSC)の関係閣僚会合を開くなど、異例の対応を取った。国民の北朝鮮情勢への関心の高まりに加え、閣僚や政務官による相次ぐ不祥事で政府の「気の緩み」が指摘されていることなどから、安倍晋三首相が不在でも危機管理に万全を尽くしていることを国内外に示した形だ。
 北朝鮮が弾道ミサイルを発射したとされる時間は午前5時半。これまでミサイルが短距離だったり、失敗したりしたときは、菅氏は記者会見をしていない。この日は7時半ごろと9時半ごろの2回行い、英国訪問中の安倍首相から国民への的確な情報提供や航空機・船舶の安全確保といった指示があったことなどを説明し、「政府の情報に注意し、落ち着いて行動してほしい」と国民に呼び掛けた。
 特に1回目の記者会見は韓国政府よりも早かった。通常、北朝鮮の核実験や弾道ミサイル発射に関する記者会見は韓国政府が先行するが、日本政府関係者は「日本の警戒・監視態勢がしっかりとしていることを示した」と説明する。
 さらに、8時40分からはNSC会合を官邸で開催。首相臨時代理の麻生太郎副総理兼財務相が陣頭指揮を執ったほか、米ニューヨークの国連本部を訪問中の岸田文雄外相の代わりに武井俊輔外務大臣政務官が出席した。菅氏は記者会見で「麻生氏からしっかりとした指示をいただいた」と強調した。
 菅氏は発射失敗との分析がある中で異例となる一連の対応について「今回は国民の皆さんが非常に関心を持ち、心配しているので、わが国に全く影響はないことを説明した」と語った。(以上(産経ニュース2017.4.29 23:10)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170429/plt1704290033-n1.html

 安倍総理不在でも、北朝鮮のミサイルに対する危機管理は万全だ。それが組織でやる仕事なのだ。
 1回目の記者会見が南朝鮮より早かったということは、南朝鮮の情報など糞の役にも立たず、米軍と自衛隊の情報だけで対処できるということだろう。総理が不在の場合、誰が総理の代役を務めるかというのは予め順序が決まっているのだから、それで動けば良いのだ。国会審議では、全くの平和ボケの4バカ野党から、このような時期に総理の外遊などと言い掛かりを付けられていたが、少なくとも、民主三バカ政権よりもマシだということを示したと言える。
 野田豚内閣では、官房長官の藤村修が官房長官で選挙運動できずに見事に現役官房長官で落選したけどね。(No.5142-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

左翼なら忖度しても良いらしい

安慶田前副知事、シンクタンク設立へ 政府とのパイプ役担う
 教員採用試験への口利き疑惑を巡り1月に辞職した安慶田光男前副知事が、5月にも沖縄の経済政策に関するシンクタンクを立ち上げることが29日までに分かった。関係者によると、翁長雄志知事が名護市辺野古の新基地建設を巡り政府と対立する中、現職時代に政権幹部との交渉役を担った経験から国との「パイプ役」を担い、沖縄振興への影響を食い止めたい考えだ。
 関係者によると、安慶田氏は辞職以降も上京を重ね、政権幹部や内閣府関係者との接触を重ねてきた。政府側にも既にシンクタンク立ち上げの計画を報告し、政府もこれを歓迎する意向を示しているという。シンクタンクは民間の一般財団法人として立ち上げる予定で、経済界や学識経験者に参加を募っている。
 安慶田氏は副知事在職時に、新基地建設問題を巡り、翁長知事の特命を受けて菅義偉官房長官らとの交渉などを担った。関係者によると、立ち上げるシンクタンクは新基地建設問題に関する議論は横に置き、沖縄振興の課題を中心に政府への働き掛けをする計画だ。(以上(琉球新報2017年4月30日07:30)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-487792.html

 教員採用試験で教育委に忖度させて辞任させた安慶田光男が、シンクタンクを立ち上げて政府に忖度して貰うらしい。
 「パイプ役」と言うが、結局は国に忖度して貰うということだろう。まあ、翁長雄志が国とケンカをしているから、忖度などして貰えないから、安慶田光男が必要なのだろう。シンクタンクと言いつつ政府に働きかけと言うのは、政府に忖度して貰うという意味だろ!(No.5142-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

報道が全体主義の朝日です

JR東は運行、西は見合わせ ミサイル対応なぜ違った?
 北朝鮮のミサイル発射情報を受け、東京メトロなど一部の鉄道会社が29日早朝、運転を見合わせた。一方、そのまま運行を続けた社もあり、鉄道各社で判断が分かれた。
 米太平洋軍などによると、北朝鮮がミサイルを発射したのは29日午前5時半ごろ。報道各社は同6時すぎから、次々に速報で伝えた。
 東京メトロは各社の速報を受け、午前6時7分から約10分間、全路線の運転を見合わせた。北朝鮮情勢をめぐる緊張が高まるなか、4月中旬に社内で対応策を協議。全国瞬時警報システム「Jアラート」からの情報やニュース速報があれば、安全確認のため、10分ほど運転を見合わせることを決めた。この対応に、ネット上では「過剰反応だ」といった批判もあったが、担当者は「今回が初めての対応。今後も検討は続ける」と話す。
 JR西日本も午前6時8分ごろから、日本海側を走る北陸新幹線の運転を一時見合わせた。4月から、Jアラートや緊急情報ネットワークシステム「エムネット」の情報を受信した場合、運行を見合わせるようルールを変えた。今回は両システムからの情報はなかったが、ミサイル発射で運転見合わせを決めた。JR西日本金沢支社は「安全を最優先して点検し、影響がないと確認できたため運転を再開した」としている。
 一方、JR東日本、JR東海は新幹線、在来線とも運行を続けた。各社とも、運転を見合わせるのは、Jアラートやエムネットなど行政機関から情報があった場合だけ。報道機関の情報だけで運転を見合わせることはないという。
 JR東日本は今月下旬、情報があれば、駅に停車中の列車はそのまま待機させたり、走行中の列車はすぐに停車させたりするよう社内に周知。ミサイル着弾が予想される地域を走る列車や駅には、特に注意を払うよう求めた。
 JR東海はこの日、運行について安全上の問題はないと判断したという。担当者は「今後も国からの情報に基づいて適切に判断する」と話している。
 西鉄、福岡市営地下鉄も通常通り運行を続けた。いずれもJアラートが作動した場合に電車の運転を止める規定があり、報道だけでは停止しないという。(以上(朝日デジタル2017年4月29日21時54分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASK4Y5SN2K4YUTIL011.html

 北朝鮮のミサイル発射情報に対して、鉄道会社の対応が異なったことで、アカヒ新聞がおかしいとほざいたが、これこそ全体主義と言える。
 国が一定の基準を作らず、鉄道会社に対応を任せているのだから当然のことだが、全体主義者アカヒ新聞には気に入らないようだ。列車を止めなかった鉄道会社は国の警報システムではなく、メディアの報道だけだったということもある。何と言っても、誤報の天下とも言うべきマスメディアの速報だけで、対応すると言うこと自体、馬鹿臭い。
 アカヒ新聞は自社の記事が正しくて、それを質した新聞社に怒鳴り込んだという位、内容はないが気位は高い。(No.5142)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無断録音は証拠にもならぬ

籠池氏と民進、奇妙なタッグ 昭恵夫人に照準「物事素早く動いた」
 学校法人「森友学園」(大阪市)の国有地払い下げ問題に絡み、民進党が28日に実施した籠池泰典前理事長へのヒアリングは、安倍晋三首相の昭恵夫人に関する問題がやり取りの大半を占めた。「昭恵夫人」「昭恵先生」と連呼する籠池氏と、それに呼応して質問を集中させる民進党議員-。目立ったのは、両者の奇妙な「二人三脚」ぶりだ。(松本学)
 「真っ先に小学院の建設構想についてご相談申し上げたのは、尊敬する安倍晋三首相のご夫人、昭恵先生だった」
 「10日くらいに1度は近畿財務局に出向いていた。昭恵夫人には交渉の経緯などを報告申し上げていた」
 籠池氏は会合冒頭、昭恵夫人に関する話をよどみなく語り始めた。国有地払い下げ問題と昭恵夫人の関連を印象づける狙いは明白だが、出席者は籠池氏の“エサ”に次々と食いついた。
 風間直樹参院議員は「昭恵夫人はコンサルタント的な役割を果たしたのではないか」と質問。福島伸享衆院議員は「昭恵夫人とは何回くらい電話したか」…。
 待ってましたとばかりに籠池氏は、「各方面にわたって対応していただいていた」「電話は20回は超えるんじゃないでしょうか」と、思わせぶりな表現を多用して問いかけに答えた。
 さらに、籠池氏は「昭恵ご夫人に名誉校長になっていただいたということが(あったので)、土地についてスピーディーに物事が動いた」とも主張した。
 会合では、籠池氏と妻の諄子氏が、昨年3月に財務省の田村嘉啓国有財産審理室長と面談した際の録音データに関する資料も公開された。ただその中には、籠池氏夫妻が財務省幹部に対し、恫喝(どうかつ)まがいの交渉をしていたともとれる場面も多かった。格好の政権攻撃材料とはいえ、野党第一党がタッグを組む相手にふさわしいかは疑問が残る。
 もっとも、民進党が籠池氏をどう活用しようとしているかは不明瞭だ。
 山井和則国対委員長は27日の記者会見で「森友問題を幕引きさせるわけにはいかない」と強調。安倍首相も出席する5月8日の衆院予算委員会集中審議で、昭恵夫人や田村氏の参考人招致を求める考えも示した。
 民進党は録音データという新証拠にわき立ち、「政権批判ショー」を演出しようと躍起だが、真偽不明瞭の籠池氏夫妻に振り回されているようにも見える。(以上(産経ニュース2017.4.28 21:32)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170428/plt1704280040-n1.html

 民進党が籠池のオッサンが無断録音した音源を元にヒアリングならぬ政治批判ショーを展開した。
 民進党は籠池のオッサンの録音で鬼の首を取った気でいるのだろうが、録音の相手が承諾していない無断録音は、刑事裁判でも証拠として取り上げられないものだという認識が、悪徳弁護士が名を連ねている民進党ですら理解していないようだ。そもそも、森友問題で、いくら安倍総理夫人を責めても、民進党の政党支持率だけが下がっているという事実すら直視できないのだから、好きにすれば良いと思うが、国会の場で税金を垂れ流すのは止めて欲しい。籠池のおっさんよりも、民進党のお仲間の北朝鮮のことの方が問題という認識すらないのだから、民進党に政治を担う資格など無いのだ。
 籠池のオッサンが勝手に昭恵夫人に電話をしていただけのことだろ!(No.5141-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総理やればもれなく付いてくる叙勲

「いただかないつもりでいたが…」森喜朗氏に桐花大綬章
 「波瀾(はらん)万丈ではあったが、公に尽くすことができる機会をいただいたことに、一番感謝している」。今年の春の叙勲で桐花大綬章を受章した森喜朗元首相(79)は、43年の政治家人生をこう振り返った。元首相の叙勲は羽田孜氏以来4年ぶり。「歴代の総理大臣で、わたしの後(の人が)ずっともらっていない。それが申し訳ないなと思った」とも語った。
 石川県根上町(現・能美市)生まれ。1969年に衆院初当選し、文相や通産相などを歴任。小渕恵三首相(当時)が脳梗塞(こうそく)で倒れ、後継として2000年4月に第85代首相に就任した。約1年間の任期中、対ロシア外交などで存在感を発揮した。
 12年衆院選に出馬せず政界を引退してから5年。政治家の功績をたたえる叙勲は、現職の議員でないことが条件だ。森氏は「勲章は生涯いただかないつもりでいた。(これまで打診を)一切お断りしてきた」という。(以上(朝日デジタル2017年4月29日05時05分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASK4X66KGK4XUTFK01Q.html

 サメの脳みそ・森喜朗が、密室談合でなった総理として、叙勲されることになったが、このような悪弊は止めるべきだ。
 サメの脳みそ・森喜朗が総理時代に何をやったかと言えば、失言とゴルフぐらいだろう。このような輩でも総理をやっただけで叙勲されるのだから、叙勲など糞にもならないだけその価値を下げたと言っても過言ではない。森喜朗以降の総理が貰っていないからと森喜朗が自慢しているが、森喜朗以降の総理で叙勲をするとすれば安倍総理ぐらいだろう。しかし、安倍総理は現役だからまだ無理だ。
 同様に考えると、民主三バカ総理にも叙勲をしなければならなくなる。叙勲は業績で判断するべきだ。(No.5141)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軍事機密も報道したいのが朝日

空自戦闘機部隊、米空軍と共同訓練 北朝鮮の牽制狙いか
 航空自衛隊の戦闘機部隊と米空軍のB1B戦略爆撃機が25日に、九州周辺の空域で共同訓練をしていたことが分かった。複数の政府関係者が明らかにした。
 日米両政府は、人民軍創建85周年の25日に北朝鮮が核実験や弾道ミサイルを発射する可能性があるとみて警戒していた。23日からは、西太平洋で米海軍の原子力空母カールビンソンの艦隊と海上自衛隊が日米共同訓練を始めており、洋上に加えて米空軍と空自も共同訓練を実施することで、北朝鮮を強く牽制(けんせい)する狙いがあったとみられる。
 政府関係者によると、訓練には、空自築城基地(福岡県)所属のF2戦闘機が参加。レーダーで探知しにくいステルス性を備えたB1Bを敵機に見立てて緊急発進(スクランブル)を想定した手順を確認したり、F2とB1Bが編隊を組んで飛行したりした。
 防衛省はカールビンソンの艦隊と海自護衛艦の共同訓練については公表しているが、空自と米空軍との共同訓練については公表していない。
 また、空自は28日午前、沖縄県の東方の空域で那覇基地(沖縄県)所属のF15戦闘機と、カールビンソンの艦載機の共同訓練を実施した。空自はこの訓練を26日に実施する予定だったが、悪天候のため2日間延期していた。(土居貴輝)(以上(朝日デジタル2017年4月28日15時25分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASK4W6WKLK4WUTIL070.html

 アカヒ新聞が、空自と米空軍との共同訓練は公表していないとふざけた記事を掲載したが、これも全て朝鮮のための諜報活動だろう。
 軍事機密なのだから、何が悲しくて朝鮮に情報がズダ漏れのアカヒ新聞様にお知らせして共同訓練をする必要があるのだろうか?軍事機密を一々、売国新聞社に伝える必要など皆無だ。それとも、アカヒ新聞は、米軍と自衛隊の動きを逐一報道して、将軍様を説得しようとでも言うのだろうか?(No.5140-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5時間も無駄な時間をまた浪費

集中審議テーマは「安倍内閣の基本姿勢」 8日に5時間
 衆院予算委員会は27日の理事懇談会で、今村雅弘前復興相の失言問題を受け、来月8日に「安倍内閣の基本姿勢」をテーマに安倍晋三首相が出席する5時間の集中審議を行うことを正式に決めた。
 民進党は学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、昨年3月15日に学園の籠池泰典氏と財務省で面談した際の録音テープで、取引が「特例」だったとの認識を示した同省の田村嘉啓・国有財産審理室長や、首相の妻昭恵氏らの参考人招致を要求。長妻昭・筆頭理事によると、与党側は「検討する」と持ち帰ったという。
 一方、自民の松山政司、民進の榛葉賀津也両参院国会対策委員長も国会内で会談し、参院予算委で来月9日午後に5時間の集中審議を行うことを決めた。(以上(朝日デジタル2017年4月27日18時49分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASK4W4210K4WUTFK007.html
 辞任した今村雅弘の失言問題を国会で集中審議をやるそうだが、こいつはもう辞任したのだから、こんな奴に5時間も無駄な時間を浪費するそうだ。
 本当に平和ボケした4バカ野党のやることは、税金の無駄遣い以外の何物でもない。北朝鮮に対してどうするかという集中審議なら国民も納得するだろうが、このような平和ボケした政治屋に政治を任せて良いのかとしか思わない。さらに、森友学園のことを国会で蒸し返すような議題なのか?
 次期衆院選で、4バカ野党の議席をどれだけ減すことが出来るかが、日本の税金の無駄遣いの阻止に繋がる。(No.5140)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理由付け国会サボる4野党

4野党、すべての国会審議拒否 集中審議が再開条件
 民進、共産、自由、社民の4野党の幹事長・書記局長が26日、国会内で会談し、東日本大震災に関する不適切発言で復興相を更迭された今村雅弘氏の問題をめぐり、衆参両院の予算委員会で集中審議を開かない限り、すべての国会審議に応じないことを決めた。
 民進党の野田佳彦幹事長は会談後「安倍晋三首相が国会でおわびし、説明しなければならない」と強調。審議を通じ、首相の任命責任を追及する構えだ。(以上(産経ニュース2017.4.26 16:05)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170426/plt1704260039-n1.html
 とにかく仕事をしたくない4野党の国会議員が、辞任した前復興相のことで予算委員会の集中審議を開かない限り、国会審議に応じないと復興相にかこつけて国会のサボタージュを始めた。
 今村雅弘は更迭されたのだから、それ以上何を国会で追及したいのだろうか?それこそ税金の無駄以外の何物でもない。野党第一党の民進党の前身民主三バカ政権では、失言大臣を更迭せずに、内閣改造で乗り切ったではないか!そら、安倍総理の任命責任はとほざく4バカ野党など政府・与党は相手にせずに、国会審議を進めて、脛に傷のある4バカ野党の嫌っているテロ等準備罪を成立させて、革マル・枝野や福島瑞穂を血祭りにあげるべきだ。
 屁理屈を付けて国会審議をサボる野党の支持率がどうなるか、ここまでやっても分からないバカには、議員辞職を求めるしかあるまい。都合良いことに、テロ等準備罪が成立したら小西洋之が国外亡命をするそうだから、そのようにさせてやれば良い!(No.5139)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日でも沖縄二紙と変わらない

埋め立て強行、辺野古騒然 反対の市民「あきらめない」
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画。埋め立て工事が始まったのは辺野古の米軍キャンプ・シュワブの海辺。その陸側の基地ゲート前には午前7時ごろ、反対する市民らが集まり始めた。工事車両の出入りはなく、工事用ゲートは閉じられたままだった。
 県警の大型車両などが横付けされたゲート前で座り込む人。「埋め立て阻止」「違法工事を中止せよ」と書いたプラカードを掲げる人。県内外から集まった市民らが、抗議の意思を示した。
 「9時20分に1回目が投入されたそうです」。午前9時半過ぎ、電話で連絡を受けた参加者の一人がそう告げると、その場は静まりかえった。1分ほどの後、約90人が基地に向かって立ち上がり「埋め立てを許さんぞ」「新基地建設反対」「我々はあきらめないぞ」と、約7分間にわたってシュプレヒコールを上げ続けた。(以上(朝日デジタル2017年4月25日12時36分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASK4T3W7PK4TTIPE005.html
 アカヒ新聞が、辺野古埋め立て工事の記事でまるで、偏向新聞・沖縄タイムス、琉球新報と同じ論調で、社民党と共産党に雇われた反対派の記事を掲載した。
 沖縄でも、偏向新聞・沖縄タイムス、琉球新報の偏向記事に目覚めた県民が八重山新報に替えるというので、八重山新報の配達に手が回らないといううれしい悲鳴が流れているようだ。それにしても、アカヒ新聞は全国紙だが、偏った意見をあたかも普通の意見のように記事を書き立てることにまだ、懲りないようだ。また、テレビ報道でも、NHKですらニュース7で「この自然を壊して良いのか」と糞ババアがほざいていたが、それなら、辺野古より広い海面を埋め立てた那覇空港第二滑走路はどうなのかと言いたい。偏向新聞・アカヒ新聞もまるで翁長雄志の広報誌のようだが、これで読者が納得していると思っているのか、残業規制でそこまで考える時間が無いのか知らないが、読者が減って、新聞販売店が統合すれば、アカヒ新聞の押し紙営業が明るみに出るのも近いことだろう。
 新聞の命は事実を伝えることであって、アカヒ新聞がどう考えるかなど関係ないのだ!(No.5138)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テロリスト小西亡命するらしい

民進・野田佳彦幹事長、小西洋之氏に「よく指導していきたい」 「国外亡命覚悟」ツイートに苦言
 民進党の野田佳彦幹事長は24日の記者会見で、共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案をめぐり、小西洋之参院議員がツイッターに「成立すると国外亡命を考えなければならなくなる」と投稿したことについて「とかく表現が過激になりがちなので、全体としてこの問題を含めてよく指導していきたい」と述べた。
 小西氏は19日に投稿したツイッターに「正直なところ、安倍内閣の解釈変更が法論理も何もない不正行為であることを暴き、すなわち違憲の絶対証明を行い、今なお信念に基づきこれを追及している私は、共謀罪が成立すると本気で国外亡命を考えなければならなくなると覚悟している」と書き込んでいた。(以上(産経ニュース2017.4.24 18:33)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170424/plt1704240026-n1.html
 民進党の小西洋之が、テロ等準備罪が成立したら国外亡命するとほざいたことに、野田豚が偉そうげに「よく指導していきたい」とほざいたそうだ。
 テロ等準備罪が成立するだけで、国会の諸悪の根源・小西洋之が国会議員を辞職して日本から居なくなるというのだから、これほど目出度いことはない。テロ等準備罪が成立したら赤飯を炊いて祝うべきだ。それを無知無能の権化・野田豚が諭すというのだから、余計なことをし続けた、野田豚内閣を彷彿させる発言だ。共同通信の世論調査でも、民進党は諸悪の根源・小西洋之の大活躍で、政党支持率を6&台と、消費税率よりも低くした立役者だ。やはり、最期まで踏ん張って、歩く国賊・菅直人がほざいていた内閣支持率1%になっても総理を辞めないとほざいていたように、もう少し踏ん張って、民進党に引導をしっかり渡して欲しい!(No.5137)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«悪いことしなけりゃみんな一般人